【話題】 作家、村上春樹氏(61)がノーベル賞を受賞できない理由 - 2ちゃんで盛り上がってる炎上ニュースを探すブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【話題】 作家、村上春樹氏(61)がノーベル賞を受賞できない理由

作家、村上春樹さん(61)がノーベル文学賞の有力候補と目されながらも、またもや選ばれず、結果的には、ペルーの小説家マリオ・バルガスリョサ氏(74)に決定した。では、なぜ受賞できないのだろうか?

 理由は2つあると関係者の間では見られている。まず一つは「年功序列」? 確かに50歳代の授賞も時々あるものの、70代はザラで、中にはドリス・レッシング氏(2007)は87歳で受賞するなど高齢化している。今回のバルガスリョサ氏は村上氏よりも13歳も年上だ。

 もうひとつは受賞理由として「民族」「対抗」などのキーワードが出てくる。確かに村上氏は世界での知名度も高く、作品の評価も高いが、スウェーデン・アカデミーの選考方針とは少し違うようだ。村上氏は近年は、海外での受賞歴も増えてきてはいるが、もう少し時間がかかるのだろうか。

 12月には映画「ノルウェイの森」も公開される予定。11月の受賞発表を前宣伝に、しかも12月はノーベル賞の授賞式も行われ、タイミングを計ったかのようでもある。もしも受賞していれば、村上春樹ブームが一気に到来していただろう。が、それも皮算用に終わるのか?
応援クリックをお願いします! 1 名前:影の軍団ρ ★[] 投稿日:2010/10/11(月) 08:29:01 ID:???0
作家、村上春樹さん(61)がノーベル文学賞の有力候補と目されながらも、またもや選ばれず、
結果的には、ペルーの小説家マリオ・バルガスリョサ氏(74)に決定した。では、なぜ受賞できないのだろうか?

理由は2つあると関係者の間では見られている。まず一つは「年功序列」? 
確かに50歳代の授賞も時々あるものの、70代はザラで、中にはドリス・レッシング氏(2007)は87歳で受賞するなど
高齢化している。今回のバルガスリョサ氏は村上氏よりも13歳も年上だ。

もうひとつは受賞理由として「民族」「対抗」などのキーワードが出てくる。
確かに村上氏は世界での知名度も高く、作品の評価も高いが、スウェーデン・アカデミーの選考方針とは
少し違うようだ。村上氏は近年は、海外での受賞歴も増えてきてはいるが、もう少し時間がかかるのだろうか。

12月には映画「ノルウェイの森」も公開される予定。11月の受賞発表を前宣伝に、しかも12月はノーベル賞の授賞式も行われ、
タイミングを計ったかのようでもある。もしも受賞していれば、村上春樹ブームが一気に到来していただろう。

が、それも皮算用に終わるのか?
http://news.ameba.jp/yucasee/2010/10/83947.html

2 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 08:29:47 ID:ekCzi6Lx0
3get

>>2はうんこ

3 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 08:30:09 ID:bjRKARS50 [1/26]
中身が無いから。それに小説より詩の方が受賞率が高い。
まだ、馬場あき子とかの方が受賞可能性高いんじゃないの?

4 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 08:30:36 ID:CQqtZB4q0
単に価値がねぇからだよ。

5 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 08:30:54 ID:rSSzgfp60
>>3
雑巾の詩乙

6 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 08:31:13 ID:7aysLiPZ0
>1

ハリーポッターが先に受賞だな

「民族」「対抗」などのキーワード、入ってる

7 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 08:31:28 ID:1ynyZCij0
影の軍団ρ ★が立てたスレに書き込むのをやめませんか?
みんなで無視すれば糞スレ立てられなくなります。
協力してくれ。

8 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 08:32:07 ID:8dMy2Gwv0
ただの流行作家だろw
世界には掃いて捨てるほどいるレベル。

9 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 08:32:16 ID:nlslXloE0
マジレスすると
イスラエルに行って、
イスラエルを批判したようなことを言ったので、もうもらえないよ

10 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 08:32:36 ID:UURuLV/P0
村上春樹 原作『神の子どもたちはみな踊る』アメリカ映画
http://vivadudley.at.webry.info/201009/article_5.html
30日よりシネマート六本木ほか全国にて順次ロードショー公開される。


11 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 08:32:37 ID:Inrbyl+cO
小沢が総理になれない事と同じようなもんかな?

12 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 08:32:57 ID:UT03u0K2O
小説読めば受賞出来ない理由は分かるだろ

13 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 08:32:59 ID:/IgwW92YO
正直、一冊も読んだことはない

14 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 08:33:59 ID:geDZedEgO
村上はノーベル賞を受賞する理由もないし、別にノーベル賞とらなくたっていい作家だろ。

15 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 08:34:07 ID:1sE5/OBjP
受賞者は生きてる人間に限るのでね。
死にそうな人間に廻るのはしかたがないのさ

16 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 08:34:25 ID:Zy4L6k+30
ねじまき鳥読んだら出てくる女がどれもラノベ並の電波女だった

17 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 08:34:31 ID:Y7q9ovJmO
文学賞の受賞は作家としては終了を意味したりするしw
欲しがってるのは枯れて、もう書けない奴くらいでしょ

18 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 08:34:41 ID:mM2Nzi4m0
むしろ、どうして受賞できると思うのか・・・

19 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 08:35:15 ID:819LJEeAO
【話題】=影の軍団
だからな
【話題】ってスレタイだけで見る価値なし

20 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 08:35:28 ID:EkdBfntE0
不細工だから

21 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 08:35:32 ID:ZAMvSoDv0
>>7
イジメの扇動者みたいな事すんなや

22 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 08:35:34 ID:IABs36qh0
ポルノ小説だからだろ

23 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 08:35:42 ID:HcBQGV3f0
私は文学に詳しいわけではないが、村上作品を読んで
森鴎外、夏目漱石、芥川龍之介、谷崎潤一郎の時のような
充実感に満ちた読後感を覚えない。
あと、村上のはセックスシーンが多いと思う。

ノーベル文学賞を受賞した川端&大江と村上とでは
超えられない壁があるように感じる。
マスコミは村上を絶対に批判しないけどさ

24 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 08:35:59 ID:IY0ExkAO0
>>1
年功序列、各国めぐり。
信じゃうともらえない。
長生きは受賞の必須条件。

乗るウエーの森は読んだ。
若い女向けの得ろ小説だとおもた。

25 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 08:36:24 ID:k1zqRRsXO
大江健三郎が受賞できた条件から考えてみた。

それはノーベル文学賞の選考委員が文学がわからん人間だから。
村上春樹が自分の祖国を口汚く罵っていないから。
あと、基地外ではなく、まともな常識人だから。

以上が村上春樹がノーベル文学賞取れない理由。


26 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 08:36:48 ID:jIyPtN+W0
『ノルウェイの森』あらすじ

85 名前: 三十代(東京都) [sage] 投稿日: 2008/09/04(木) 12:28:47.43 ID:VfmZXKUL0
親友が突然自殺したお。
そいつの彼女(直子)が残ったので、ノリでオマンコしておいたお。
でも直子はメンヘルで施設に入ったお。
よく分からないけど、直子は大事な女性だお。
とりあえず大学に入ったので、ナンパしてオマンコしまくったお。
好きでもない女とオマンコするのってむなしいお。
大学で、ミドリって言うへんな女と知り合ったお。
俺には直子がいるし、ミドリにも彼氏がいるのでオマンコはしないお。
時々、直子の施設に行って手コキとかフェラしてもらってるから満足お。
そしたら、突然に直子が自殺したお。悲しいから旅に出るお。
帰ってきたら、直子の世話係の既知外ババアが俺んちに来たお。とりあえず、オマンコしたお。
そーしたら、何もかもふっきれたお。もう、必死にミドリとオマンコしにいくお。
ミドリ「落ち着け猿」
終わりwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

27 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 08:36:57 ID:QNtRrwwN0
官能小説家がもらえるわけないw

28 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 08:37:10 ID:Zy4L6k+30
下ネタが多いから

29 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 08:37:23 ID:Rn+ygc8p0
順番待ちみたいな状態なんだから、村上以外にもいるんじゃないの??

30 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 08:37:25 ID:JxsDXC5g0
時々文庫本を買ってみるが、必ず途中で読むのが嫌になり結局
捨ててしまう

俺には何が面白いのかさっぱり理解できない

31 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 08:37:27 ID:1xVqxWHY0
10年位まではよく読んだが、今は飽きちゃったというか・・・

32 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 08:37:40 ID:yKAjcaMXO
直木賞・芥川賞にも引っかかってなかったんやったけ?

33 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 08:37:55 ID:geDZedEgO
>>23
多分、充実を描くモダンの作家と喪失を描くポストモダンの作家の違いではないか?

34 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 08:37:57 ID:lCYLFjDR0
まあ、高銀氏の詩のほうがまだ格調高いからな。
いや、釣りじゃなくて。

春樹はちょっと大衆的過ぎる。漫画読んでる感じ。
春樹が受賞するならハリポタの作者が受賞してもおかしくない。

35 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 08:38:33 ID:bgW2tA6H0
電通系の本だから
電通じゃ無理だろ

36 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 08:38:42 ID:lZc3AYtY0
>>14
ノーベル賞獲ったとしてもクズラノベ作家だろ
村上なんかが獲ったらノーベル賞の権威もガタ落ち

37 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 08:39:13 ID:wXVCcvEo0
村上が貰う前に、宇野鴻一郎先生が貰うべき。

38 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 08:39:13 ID:ILHXdug4O
やれやれ

39 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 08:39:31 ID:8apTX81nO
>>26
なんだこれ題名関係ない上
恋空の男版かよ

40 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 08:39:36 ID:x7C0oT7Z0
ノーベル委員会は映画を作ったりテレビに頻繁にでたりする商業主義と思われる
ことを嫌う傾向にある。
それと前評判があまり高過ぎる候補者も嫌われる。

41 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 08:39:43 ID:z6zU7Lsd0
>>9

>もうひとつは受賞理由として「民族」「対抗」などのキーワードが出てくる。

逆に、イスラエルでの講演の内容はこれをクリアする内容だったと思うのにな。
イスラエルを批判する内容だったからダメってことか。

42 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 08:40:19 ID:X7Fs3oTdO
私は読んだことないが、知り合いの男性は「ヤラセてくれる女がたくさん出てきてちょっと有り得ない」と言ってた。

43 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 08:40:33 ID:QJ/tzaB10
>>26
なんだケータイ小説か

44 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 08:41:28 ID:EV7Hb5GQ0
ノーベル「文学」賞なわけで。
掃いて捨てるほどいる流行作家ごときが受賞出来るわけねぇだろ。
まずは文学作品を一つでも書いてから話題にしろよ。

たぶん、本人もかすりもしないことは十分承知してんだろ。
日本と海外の出版社が販促に使ってるだけでさ。

45 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 08:41:28 ID:5vO7Vn8a0
むしろ何でそこまで評価されてるか理解できない。
文学的表現を駆使してデコレーションしたラノベに近い。

46 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 08:42:25 ID:OGqRQ/6D0
鬼平犯科帳のほうがいいだろ・・・

47 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 08:42:43 ID:6WBSr+5c0
>>1
日ごろからニュースをぜんぜん読んでいない記者に記事を書かせないように。

http://www.afpbb.com/article/life-culture/culture-arts/2572390/3808317

48 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 08:43:10 ID:PRHqKkkg0
>>1
先週、村上春樹さんの傑作といわれるノルウェイの森㊤㊦を完読いたしました
amazonのカスタマーレビューでも評価高かったのですが
個人的には「あ~ぁ」って感じでハッキリ言って詰まらなかったです
なにか昭和のエロ小説って感じがしました
もしかしたらミステリー好きの方には村上文学は合わないかもしれませんね
もちろん個人的な見解です

49 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 08:43:16 ID:wyHk9oW30
>>26
読む気がなかったのだけど、このレスみてそれは正解だと思った

50 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 08:43:26 ID:8dMy2Gwv0
>>25
三島が自決したから、が抜けているw

51 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 08:43:47 ID:t7Cc4v7dO
裏で圧力かけて遠藤周作から奪った大江くらいの根性がないと

52 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 08:44:07 ID:CFmI3qO00
>>26
すばらしい。

53 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 08:44:18 ID:uq/IpdkH0
>>26
ノルウェイと森はどこに出てくるの?

54 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 08:44:39 ID:BlBCQgFeO
あはは、ノーベル賞の選考委員が村上春樹なんか読む訳ないだべ。
村上春樹なんか読んでると、ノーベル賞の選考委員にはなれないだべ。誰が選考委員か知らないけれど!

55 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 08:45:02 ID:7141Jdld0

大江は反日だから賞をもらえた

 村上はイスラエルに恥をかかせたからもらえない




56 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 08:45:28 ID:V0Js2S4Z0
>>26
ひどい内容だな。知らなかった。

57 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 08:46:15 ID:OGqRQ/6D0
政治的でお金払えば取れるんじゃないの?

58 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 08:46:28 ID:rHeXdbtQ0
受賞できるほどの作品を書いたことがないから?
というのは理由に入りますか?

59 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 08:46:29 ID:5vO7Vn8a0
ラノベをちゃんとした文学風に味付けしたような感じで、
なぜそんなちやほやされてるのか、全く理解できない。
皆読んでるから読む、とかその手の人が多いんじゃないか?

60 名前:カンブリアドラゴン[] 投稿日:2010/10/11(月) 08:47:18 ID:dV4wZVTFO
>>48
そんな貴方には同じ村上でも私がオススメ。

てかなんで俺には話もこねーのよ?



61 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 08:47:32 ID:Tg1qvKAb0
大抵の小説だって大雑把なあらすじ書けばそんなもんだろw
しかも悪意が多少ある人が書けば

62 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 08:48:14 ID:da8z5l/r0
確かにノルウェイの森は手コキしか記憶にない

63 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 08:48:45 ID:geDZedEgO
>>26
あらすじはそうだけど、そこから喪失と喪失を埋めようとする逃避衝動、そして諦観への心の動きが繊細に描かれてるのが評価されてるのでは、と思う。
まあ、正直よくわからんが。

64 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 08:48:56 ID:iPN+Vjl/0
筆力が全然ノーベル賞レベルじゃあない

たとえばガルシア・マルケスみたいな、
一発で世界中の人々が中南米に対するイメージを変えていくというような力や
驚愕の想像力がまったくない

65 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 08:49:04 ID:6Y0ri/Xc0
>>33
オレもそう思う。
谷崎とか川端とかは、異様に粘性でエロかったが、
ポストモダンの村上は性描写が乾燥している。

66 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 08:49:17 ID:InX6tWLA0
より話題になるようにW村上で受賞の予定なんだよ。
もう一方が受賞レベルの作品書けるまで待機中。


67 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 08:49:19 ID:olHIRCF/0
こういう文章は、朝鮮人に書かせておきゃいいんだよ。

68 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 08:49:29 ID:lqOVIafFP
>>60
ただ世界をグチャグチャにしてるだけの趣味の悪い話ばっか書いてるからじゃね。

69 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 08:49:30 ID:OGqRQ/6D0
大衆文化に乗っかるような文学なんかないだろ・・・

70 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 08:49:32 ID:5vO7Vn8a0
>>61
それは他の小説家に対する侮辱だろw
セックスシーンなんてない小説だって一杯ある。


71 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 08:49:53 ID:5YtNmP8K0
駄作しか作れない癖に、勘違いのマスターベーションぶりは、

寒いギャグの北野タケシとの双璧だな

72 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 08:50:07 ID:HvV3sgRqP
龍か

73 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 08:50:13 ID:LY9TbEJDO
ノルウェーの森読んで俺も大学時代オマンコしちゃった

18歳と22歳は出会い系

もちろん、38ババァともオマンコしちゃった
38は金払ってしたけど

74 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 08:50:13 ID:G4ptX1B00
ヴォネガットもアーヴィングも受賞してないのに村上春樹が受賞って、世界中の文学者が「え?」ってなると思う

75 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 08:50:22 ID:CAXtr8RjP



文学は学問ではない


昔から文楽!と言う!




76 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 08:50:30 ID:bBopb+Iq0
基本的にユダヤ人偏重のノーベル賞。壁に卵をぶつけているのはユダヤ人
だから卵の村上さんは受賞しちゃいかん。

受賞していいときはイスラエルの入植問題が解決するとき。
あと二十年は必要。

77 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 08:50:56 ID:B/5ffQXn0
>>2


78 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 08:51:08 ID:QJ/tzaB10
あらすじ見ても見ようという気にすらならないんだけど
なにが受けてるのかよくわからない
ワンピースでもよもーと

79 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 08:51:12 ID:S1dtL06N0
ポルノ小説になんの賞くれるってんだ

80 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 08:51:14 ID:Du8QcP990
ノーベル賞もらった「白い闇」って小説読んだけど
あれで貰えるなら吉本ばななでも貰えそうだけどな

81 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 08:52:04 ID:5vO7Vn8a0
まあ好みの人もいるだろうってのは、わかるよ。
特に非常に繊細で内向的な人なら、ああいうのを読んで
共感しちゃう人もいるのかもしれないと思ったことがある。


82 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 08:52:09 ID:qrtbD6qo0
>>26
これは読まざるをえない

83 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 08:52:21 ID:5qUuGc2V0
文学賞とかいらないだろ

84 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 08:52:27 ID:lqOVIafFP
>>61
2ちゃんで書かれる「あらすじ」は書いた人の悪意を楽しむエンターテイメントなんだよ

85 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 08:52:52 ID:EUB1wsiR0
そりゃだって、
ユダヤ民族帰還の地・イスラエルでユダヤ批判を
ブチ上げたからね。

だからユダヤのノーベル賞はもう完全に死ぬまで無くなった。
本来なら「法則」がはたらいて世界規模で完全に干されるレベルだけど、
別に村上自身は間違ったことを言ったわけでも無いから、
逆にノーベル賞なんてものが単なるユダヤの政治的ショーだと
いうことを周知されればいい。
むずかしいが・・・・



86 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 08:53:02 ID:4/K6PR5AO
>>60
五分後の世界は好きだった

87 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 08:53:10 ID:SJFUprAV0
大学ん時に課題で読まされたがほとんど記憶にのこってない…
唯一残ってる記憶が何故これが売れてるんだ?って感想だけだったな

88 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 08:53:27 ID:Wk0k2rkkP
内田樹の研究室 http://uchida-tatsuru.blogspot.com/ 2010-10-08 ヴァーチャル奉祝記事

今年も書きました、ノーベル文学賞予定稿。そして、今年も使われませんでした(泣)。来年こそは使って欲しいですね。

村上春樹さんのノーベル文学賞受賞を祝う
・・・
受賞奉祝記事には毎年ほぼ同じことを書いている。それは村上春樹の「世界性」を構成するのは何かという問いである。
・・・
村上文学の世界性をかたちづくっている要素は何か。私はそれをある種の「神話性」だと思っている。
・・・すでに物語的に分節された世界に産み落とされた私たち人間は
「分節される以前の世界」には遡ることができないのである。
けれども、ある種の人々は世界が分節され、有意化され、
今あるようなものになったその生成の瞬間に切迫したいという法外な野心をもつことがある。
根源的に思考する自然科学者や哲学者たちがそうだ。

・・・同じように、作家たちの中にも物語がいかなる作為も予断もなしに純粋状態で流出してくるその瞬間に-
つまり世界が意味をもって顕現してくるその瞬間に-立ち会うことを切望する人々がいる。
そのマインドセットは最先端で仕事をしている自然科学者とほとんど変わらないと私は思う。
村上春樹はそのような作家の一人である。
・・・彼はまっすぐ人間の想像力の根源にある「暗い場所」に垂鉛を下ろしてゆく。
それが人間にとってのたいせつな仕事、「類的使命」の一つだということを確信しているからである。・・・

89 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 08:53:28 ID:+b7M+bjM0
2ちゃんで春樹村上の小説に初めて触れた

>>33
うまいこと言うね

90 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 08:53:34 ID:bjRKARS50
>>81
源氏の宇治十帖なら非情に繊細ってわかるけど、
村上春樹に繊細さって感じないな。

91 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 08:53:38 ID:IABs36qh0
エロ小説だからじゃないの?

92 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 08:53:39 ID:DCtaga9U0
>>10
てことはヲタ芸師はみな神の子どもたちってことですねw

93 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 08:53:51 ID:8dMy2Gwv0
>>64
たしかに、ガルシアマルケスなんかと比べちゃうと卑小さが際立つなw

94 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 08:53:57 ID:qLqHNBxk0
>>26
初期の作品にはなかったセックスシーンが増えたのは
無駄にサヨクに叩かれないようにするためだ
サヨクは、セックスシーン=反体制と脊髄反射するからね

「海辺のカフカ」では、図書館に因縁をつけに来る”フェミニスト”が憎々しげに描かれている
村上春樹は、
”誰も文句のつけようのない正義を楯に、立場の弱いものに権力をふるう存在”
ってのが死ぬほど嫌いなんだろう

エッセーでは、締め切り破りで立場の弱いものを苦しめて平然としている作家
(故井上ひさし)を批判してたし

もし、村上春樹が本気でノーベル賞を捕りにいくとしたら
9条信者の大江健三郎に対抗するためだろうね

95 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 08:54:16 ID:geDZedEgO
>>67
こう言っちゃなんだが、世界で一番始めにポストモダンに入ったこの国の作家にしか描けない中身ではあると思う。
韓国や中国でも受けてるのは、何でも右肩上がり志向のモダンへの疑問を持つ都市の若年層だし。

96 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 08:54:39 ID:sRlYwiRF0
>>63
おまえさては関西人だなw

97 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 08:55:06 ID:qnG+P9QDO
>>26
ありがとう
だいたい分かった

98 名前:C[^з^]Э[] 投稿日:2010/10/11(月) 08:55:34 ID:eRiZ0AQt0
選考理由二つが年功序列と民族、対抗などのキーワードだと言うが、
50代が受賞してるなら既にそれは無いし、民族的な傾向などは誰でも
疑う要素であり身贔屓的な要素はぬぐえない。対抗とは何を意味してるのか
わからないが、二元対抗的な要素を言うなら様々な次元での対抗、対立が
必要なこともあるだろう。結局売り上げ部数で決めるような明確な基準が
無いから誰が受賞しても誰が候補だと噂されようとさほどこの賞に大きな
意味は無さそうだ。平和賞と並んで文学賞もノーベルには必要ない賞だ。


99 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 08:55:49 ID:kyv3zlSIP
ただのオモシロい大衆向け小説だからだろ。
新しい価値観の提示もなく、文化的創造という意味では何の役目も果たしていない。

100 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 08:55:58 ID:SClTS211O
ノミネートだけされて落選が続くと、ノーベル文学賞まで批判しだすんじゃね。

自分が受賞できない賞は悪い賞。

101 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 08:56:02 ID:dakFWZju0
おれにはよくわからんかった
人死にが多い小説だったな

102 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 08:56:07 ID:Bro1bJUS0
あらすじだけにすればほとんどの小説がクソに見える
あとはいかにして読ませるような文体やらを作るかが重要

でも村上春樹は生理的にダメだな
年食ってからは特に読みたいとも思わん
60すぎてもあんな登場人物かけるのはある意味才能だろうけど

103 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 08:56:28 ID:Kr6yPiwf0
セックスとかオナニー描写書いてれば高尚に見えると思ってるから。
海辺のカフカとか姉とセックスセックス。熟女とセックスセックス。
熟女のロリ時代か~いよ~。で意味不明だったよ。文学は嫌いじゃない。
日本文学中心に英米文学も読むけど村上作品は純粋に意味が解らない。

あれだけ売れてるけどみんな意味解ってるなら日本人すごいと思う。

104 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 08:56:38 ID:lqOVIafFP
喪失喪失って
なんも喪失しないで気楽に生きてたガキのころのオレには一切の共感もないのが当然だったのか
じゃあ今ならちょっとばかり喪失してるかもしれんからやっと春樹が読めるかも

105 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 08:56:47 ID:IABs36qh0
>>26
すごいなこれ。

106 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 08:57:17 ID:PeLnZsTnO


107 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 08:58:39 ID:qLqHNBxk0
>>103
>>94を読め
村上春樹は、セックスシーンで
サヨクから叩かれないように結界を張ってるんだ

108 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 08:58:42 ID:S1dtL06N0
ノーベル賞でも文学賞なんて何の価値もないカス賞だから無くしていい

109 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 08:59:10 ID:5KNYF6aD0
ランナー増えたのコイツのせいってマジか?
マナー小説書けよ

110 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 08:59:42 ID:hryuO6OT0


  _ノ乙(、ン、)_ >>3 能とかって外人さんが好きそうだもんね
            あと、馬場あき子さんの「鬼の研究」は名著よね

111 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 08:59:43 ID:aFc7+NYO0
簡単だよ。いつまでたっても「スェーデンの森」を書かないからだよ。
三歳児でもわかるだろう?

112 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:00:09 ID:bjRKARS50
>>108
デクラーク、金、アナン、カーター、ゴア、オバマが受賞した
ノーベル某賞も年度によっては該当なしで十分だと思う。

113 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:00:34 ID:Z6uX2/6nO
あらすじだけなら舞姫とかロクなもんじゃねーって話になる

114 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:00:49 ID:NsDQFMaVO
最近の作品は読んで無いけど、村上春樹の作品は大衆受けするような
内容じゃないと思うんだが
海外で有名になったから、みんな買ってるんじゃないのか?

俺は村上春樹の作品が好きだけど

115 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:01:35 ID:5vO7Vn8a0
>>104
いや、むしろ現実味の無い喪失感を感じる思春期世代に
こそ受ける小説だと思う。


本当の喪失感、それを克服する過程、
そういうものを通過したことのある大人にとっては、
ナイーブ過ぎて逆に非常に薄っぺらく感じてしまうかと。


116 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:01:36 ID:KERPZPG7O
あの羽田元首相のような間の抜けた不細工顔がよくない。
羽田の息子のFラン卒バカ世襲民主党議員より間違いなく頭はいいけど

117 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:01:38 ID:Kr6yPiwf0
>>107
結界を張るのは良いが、その結界がシナリオ的に何の意味があるんだ?
叩かれない予防線の為に読者セックスシーン読まないといけないって事??

118 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:01:47 ID:KdR/RFWP0
>>26
こんな文体のケータイ小説出したらノーベル文学賞とれるよ

119 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:02:02 ID:fsNeoRmE0
村上ってどんなのか読んだことないけど>>26見て把握した

受賞できるわけがない

120 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:02:04 ID:jFUy9g6yO
読んだあと何にも残らないからだと思う

121 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:02:40 ID:l3umIWH9O
こういうのは発表前に言わないと説得力ない

122 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:03:08 ID:geDZedEgO
>>104
村上は学生運動が盛り上がって、それが運動そのものが目的になって、そしてついには何も世の中を変えられなかったっていう虚脱感だけが残って終わった一部始終を目撃してるからな。


123 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:03:35 ID:OJ6/RigQO
デスブログに書かれたから

124 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:03:48 ID:WxeAJQZhO
ライ麦の翻訳は野崎版がどうしても苦手だっただけど
春樹版はサクサク読めた。原作との相性がピッタリだったな
病んでる人間を書かせると天才だな

125 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:03:48 ID:SClTS211O
>>113
ミステリーで例えるなら、ハサミ男は?Dと書いて、くだらねーって叩くようなものだよな。

126 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:03:50 ID:ZAMvSoDv0
>>53
出てこないから受賞できないんじゃないの? ノーベル賞って、ノルウェイの人が選んでるんでしょ。

127 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:03:53 ID:LtNRxi+o0
海外では、反体制(日本へのね)が評価されてるんだが

●THE AGE 村上春樹インタビュー

「私は自分の国を心配している。小説家として何かしなければと感じている。」

村上は、特に人気のある東京都知事で、小説家でもある石原慎太郎の
ことを心配している。

「石原はとても危険な男だ。彼はアジテーターだ。彼は中国を憎んでいる」

村上は、石原に反対す公式声明を作るための計画を練っている。
そしてこの反ナショナリズムは、彼の次回作にも織り込まれる。

東京の知識人たちは、村上を「政治的な問題に無関心なポップアーティストだ」
とバカにしてきたが、それを言うのは難しくなるだろう。

http://www.theage.com.au/news/books/the-lone-wolf/2006/06/21/1150845234882.html?page=fullpage

●ウォールストリートジャーナル 2006/12/9

なぜ日本の人々の特定の人々が村上氏を警戒しているのか、いくつか理由がある。

氏は日本人が踏み込まれる事を恐れる場所にあえて踏み込んだ。
日本の悪名高い第二次世界大戦におけるアジアでの不幸などだ。

この話題は日本ではタブーであり、中国や韓国との関係ではいつまでも
抜けない棘になっている。村上氏の「ねじまき鳥クロニクル」
は、日本の過去についての長く、背筋の凍るような比喩を含んでいる。

http://www.opinionjournal.com/editorial/feature.html?id=110009368


128 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:04:16 ID:PRLdnfnyP
1Q84も無駄にセックスシーンが多くて、異性のいるところではおおっぴらに語りにくい。
そういうのをふっきるのがかっこいいと思ってるやつらにはちょうどいいのだろうが。

129 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:04:24 ID:F3MDyEsFO
田舎くさいよねこの人の話
お上りさんぽくて恥ずかしい

130 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:04:46 ID:qLqHNBxk0
>>117
うん
しょうがないよ
セックスシーンもあるけど、登場人物がトイレに入るシーンだってあるし

主義主張も大事だろうけど、人間の生理だって大事にしようよ
ってメッセージだと受け止めている

131 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:04:55 ID:4B2fUZ+GO
村上龍の方が面白い

132 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:05:24 ID:vW/OjxNG0
日本人が他のノーベル賞取ってるから文学賞でもらえるのは当分先だろ。

133 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:05:29 ID:/N3azyy30
まぁ、次の次ぐらいもらえるだろ。

134 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:05:36 ID:ZeRzNwQc0
そもそもいまの日本人作家で受賞できそうな人っているの?


135 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:05:44 ID:DzPfVZXf0
マジレスすると
ズッコケ三人組シリーズのほうが面白い

136 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:06:00 ID:i1nChTa7P
この人回りくどすぎて読むのが疲れる

137 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:06:00 ID:/VguGYe40
いい歳してセックスしか快感表現がないというのがイタ過ぎなんだろw

138 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:06:11 ID:CPFGwAIt0
簡単に言えば、総合小説を書こうとしてるのがスタイルなわけでしょ。
ノーベル賞はあくまで「文学」賞。主に文学的価値の高さを求められる、だからじゃないの。

読み手が限定されたフィールドからしか読めないようなら、価値は見出せないだろう。
それに気付いた人は皮肉を言いつつ隠れて読んでたりする。

139 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:06:20 ID:ZLU5KYxo0
大江がもらったようなもん欲しくないだろ

140 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:06:37 ID:hj3i9E9N0
文学賞より金儲賞にむいている。

141 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:07:28 ID:qLqHNBxk0
>>127
そりゃないな
村上春樹は中国嫌いで、モンゴルに行っても中国には行ってない
だいたい、神戸育ちなのに中華が嫌いで、ラーメンも食べないくらいだもの

142 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:08:22 ID:WvCmHFZv0

ノーベル漫画賞なら、日本人の独占だな
諸星大二郎、水木しげる、手塚治虫、永井豪、.....
( ちなみに、アニメとかコミックって言葉はキモイ、チャライ、から使用禁止ね )



143 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:08:55 ID:V4LpoeHlO
片岡義男でさえ、取ってないのに無理

144 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:08:57 ID:jWTXI1hv0
生きてる人しか受賞できないだろ

145 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:09:06 ID:WxeAJQZhO
思想信条は抜きにしても大江のしみったれた文体よりは
エロ春樹のほうがよほどマシだけだね

146 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:09:26 ID:geDZedEgO
>>141
多分、モダンの体現であるイデオロギーや国家に固執する連中が嫌いなんだろうな。
石原なんかはそのあたりの体現だから、特に嫌いなんだろ。

147 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:09:30 ID:iF6/7mGc0
器じゃないから

148 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:09:41 ID:bjRKARS50
>>139
1973年のピンボールって、
大江の万延元年のフットボールのパロディなんだろ。

大江は光ネタが多いよな。

149 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:09:50 ID:XhklWrrt0
>>26
これが取れない理由だろw

150 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:09:55 ID:NsDQFMaVO
>>126
ノルウェーの森はビートルズの曲で、作品中にも出てくるよ

151 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:10:13 ID:5vO7Vn8a0
個人的感想で言えば、
私は生きることで悩んでます
何かわからない日々の喪失感で悩んでます系の人、
あるいは思春期世代に受ける小説だと思う。

申し訳ないが、個人的にはナイーブ過ぎて受け付けなかった。

152 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:10:22 ID:LA6vXQkE0
「村上春樹」が好きな人は
漫画では「わたせせいぞう」が好きだったりする



153 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:10:34 ID:ZAMvSoDv0
>>141
横浜と違って、神戸の中華街に行けば、あまりのショボさに中華が嫌いになるよw

154 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:10:44 ID:AK3etEy60
池波正太郎でさえ、取ってないのに無理

155 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:11:11 ID:S1rxqc+90
村上はともかく、なんで大江が受賞したんだろ
通はたまらなく好きだったりするの?

156 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:11:30 ID:UMAsAE1H0
>>138
ノーベル文学賞は政治賞の面もある。

過去にもソ連の反体制作家を選んだりしてる。

最近も、中国人初の文学賞は、フランス亡命中の反体制作家。
中国ではこのことをまったく報じていない。

一昨年は、初のトルコ人が受賞。
「トルコ政府は、アルメニア人100万人虐殺を認めよ」と主張する人物。
トルコでは、文学賞はヨーロッパによるいやがらせと受け取っている。
来日して、NHKで大江健三郎と対談。
「私がトルコ国民から売国奴のように批判された時、大江さんのことが浮かびました」
と語っていた。

そんな文学賞に決まったのに、受賞拒否したのが、サルトル。
「ノーベル文学賞は、西洋の価値観を押し付けるものだ」と述べた。

157 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:12:06 ID:geDZedEgO
漫画なんかで言えば、初代のガンダムやイデオンあたりは村上と同根な気がする。
前者は最後にわずかな救いがあるあたり特に。

158 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:12:11 ID:aiRwmf7TO
昔から基本的に男と女が出会いセックスする話だけ。

159 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:13:05 ID:Z6uX2/6nO
>>155
大江さんは海外では珍獣としてそこそこ人気があります

160 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:13:11 ID:ZAMvSoDv0
>>150
それ、作品の主題になりうるの?

161 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:13:19 ID:oT9BuHRE0
エロいから

162 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:13:58 ID:Oa3emZd80
>>151
>何かわからない日々の喪失感で悩んでます系の人、

同意。主人公たちが何に悩んでるのかさっぱり共感できん話ばかり。

163 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:14:37 ID:AK3etEy60
マジレスすると、春樹の小説は「民族」「対抗」なんかより既に上の次元に
踏み込んでいるから、もし上の二つのキーワードが重視されているのなら
受賞は難しいんだろうね

164 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:14:53 ID:F3MDyEsFO
ノルウェー製家具の誤訳が痛い

165 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:14:53 ID:WxeAJQZhO
大江も偏屈でジメっとした悪い意味でのエロはあった気がする

166 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:15:08 ID:tYAXA81m0

東京大学出じゃないから。




167 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:15:11 ID:geDZedEgO
>>160
歌詞に出てくる幻想的な女性が直子そのものだったからでは?

168 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:15:24 ID:tyDmBlnE0
>もしも受賞していれば、村上春樹ブームが一気に到来していただろう。

もう、すでに十分ブームになってない? ああいう面白いと思えない本が売れまくってる時点でブームじゃないと言われても説得力がないw

169 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:15:58 ID:qLqHNBxk0
>>153
いやいや
村上春樹は、戦争中の中国兵がいかに残虐だったかを体験者から聞いている
しかし、それをもろに書くと、いかにサヨクからめった叩きにされるかを知っているからね

170 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:16:10 ID:EzroQ8klO
>>141
中国行きのスローボードって短編があるのに

171 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:16:20 ID:jWTXI1hv0
村上が受賞できる、できない理由は別として
村上自身は確実にノーベル賞を意識して書いてる

172 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:16:23 ID:vW/OjxNG0
>>134
受賞できそうな人間がいなくても無理矢理受賞させるのがノーベル賞。
なもんで、オバマ大統領がノーベル平和賞貰ってズッコケたりする事がある。

173 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:16:25 ID:IgdvlD9s0
単純に、バルガス=リョサの密度の濃い文章と比較したらどうしても負けるよ。
今回は対抗馬が悪かった。

174 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:16:29 ID:wvTWbREj0
やれやれ

175 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:16:31 ID:Lr9K8j6A0
やれやれ

176 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:16:45 ID:HcBQGV3f0
学生の頃、ゼミでチャーチルの大著、『第二次世界大戦回想録』を原典で
読んだが、受験英語しか英語の素養のない俺にも、文体の素晴らしさ
視点の卓越さ、未来社会を考える枠組みが伝わってきた。

村上作品は作品内で完結するというか、作品外在的な考えるべき問題が
見えてこないんだよね

177 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:16:46 ID:UtiB6PzZ0
すくなくとも現日本人作家の中では間違いなく頂点だろ
コイツをバカにできる作家なんていないよ
世界ではどうかは知らんが

178 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:17:50 ID:IpCNWWIl0
>>177
いっぱいいるじゃん
批判してるやつ

179 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:18:24 ID:so6KEalMO
まったく面白くもないし、内容もぺらぺらだから

180 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:18:28 ID:sufYSdnE0
ただのエロ小説だからだろ

181 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:18:30 ID:MZOsJkeZ0
>>1



情報弱者の習性を利用したリサーチ会社の「経費節減」型マーケティングスレ兼、
情報並びにメディアリテラシーに疎い情報弱者の扇動を目的とする典型的「記事広告」或いは「提灯記事」スレ

ジャーナリズムの中立性を無視し、ニュースと自称して、
アドバタイジングを目論む「記事広告」について、知りたい方は
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A8%98%E4%BA%8B%E5%BA%83%E5%91%8A

「ステルス・マーケティング」について、知りたい方は
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0

「Consumer Generated Media(コンシューマー・ジェネレイテッド・メディア、略称:CGM)」について、知りたい方は
http://ja.wikipedia.org/wiki/Consumer_Generated_Media

「バズ・チューニング」について、知りたい方は
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%82%BA%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0




182 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:18:42 ID:Z6uX2/6nO
>>160
そこに突っ込むのは野暮ってもんだ

んな事言ったらボリス・ビアンの「北京の秋」なんかどうなるんだよ

183 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:18:47 ID:5aySfVtJ0
韓国のウンコさんは本当に受賞候補者なの?

184 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:18:49 ID:qEiEnMHo0
文学って話の内容大事なのか?

185 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:18:59 ID:eodsS+1s0
カズオ・イシグロのほうが
先に取ったりしてな

186 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:19:46 ID:En2rNXUw0
>>26
9月にこの文読んだけど、
こいつにノーベル賞やりたい。

187 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:20:03 ID:wiFFzrD40
井上靖も結局、とれなかったよね

188 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:20:06 ID:qLqHNBxk0
>>170
中国は大嫌いだが、中国人個人を嫌うとか偏見をもつとか言うのじゃないよ
っていうメッセージだろう

中国と韓国に足を踏み入れないのは、彼らが村上春樹を利用するために
何をするか何を言うか、見当がつくからだろうね

189 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:20:23 ID:jkVo3A9Z0
>>177
え?
わりとバカにされてますが。

190 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:20:24 ID:jWTXI1hv0
>>178
バカにするのと批判するのは違うだろ

191 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:21:08 ID:hqgTsPRz0
この人の小説はつまらないからなぁ
そりゃノーベル賞はきついでしょ

192 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:21:11 ID:sRlYwiRF0
>>186
すげぇよなぁ
まるで魔法のような文章だと思った
あれをちゃんと訳せるやつなんかいるのかな?

193 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:21:15 ID:H8bqvBfu0
南朝鮮人の朴頓巣溜は今年も駄目だったの?

194 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:21:16 ID:geDZedEgO
>>188
中国、韓国はモダンの権化みたいな社会だからな。

195 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:21:20 ID:nA5f9tiF0
ノーベル文学賞をとる作家には記事で指摘してるような傾向はあるわな
ただ、これからもずっと同じ傾向で選びつづけるかどうかはわからない

196 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:21:21 ID:hmWJMp580
「スウェーデンの森」だったら受賞

197 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:21:25 ID:camnDuJ90
エルサレム賞であんな発言しちゃってユダヤを敵に回してしまったからもう無理。


198 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:21:40 ID:5MM3mfKk0
まあ、でも日本の九条気違いが受賞した時点で
ノーベル文学賞は無価値だと判明したからなあ

199 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:21:47 ID:xAsGKIiWO
ただの官能小説じゃん
なんでこんなありがたがってるの?

200 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:22:01 ID:5Y9ntyff0
自分が賞になれば第一受賞者じゃん!?

201 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:22:10 ID:6I8Z3JFP0
商業作家だからだろ
ハルキに出す位なら文学を拡大解釈して映像も文学だと言ってスティーブンスピルバーグに文学賞出してもいい

202 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:22:33 ID:YyE0EARu0
ただの流行作家にノーベル文学賞を出すなら
ノーベル漫画賞を作ってもいいんじゃね

203 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:23:03 ID:fXYZAWTn0
大江から30年たてば、もらえるよ。
それまで生きることだ。

204 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:23:39 ID:tyDmBlnE0
戦争と平和
ゴリオ爺さん
怒りの葡萄
百年の孤独

今まで自分が読み終わった後でため息漏らすくらい凄いなと思った作品たち
春樹のは読んだあと別の意味のため息が漏れるんだよねw
源氏物語だって元皇族がいろんな女性と恋をしてセックルする話しだけど実は凄い業が詰まった世界観だって事がわかる
あれくらい深みがある作品だったらわかるんだけどね・・・

205 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:23:54 ID:wiFFzrD40
>>126
wwwwww
その発想はなかった

>>150
曲はいいけど、詩が難解だよね

206 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:24:14 ID:Cdt0//Je0
>>202
流行で候補になってるんじゃないから


207 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:25:04 ID:y6GYHyqB0
大江様に比べれば小物臭が漂う文学賞。
もう、先進国で持ちまわるんだったら辞めろよw

208 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:25:10 ID:ZAMvSoDv0
>>202
初代受賞作家・作品は鳥山明のドラゴンボールだな。

209 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:25:29 ID:RgipAmFfO
>172あれは政治的なシバリじゃね?
あの受賞で30年は核をはじめ大量破壊兵器使えなくしたろ
大統領がノーベル平和賞もらったアメリカが核使ってんぞおい、
って世界中からバッシングくらうよな。
オバマや今回の中華は政治色が強いと思う。ファインプレーだ。

210 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:26:01 ID:prZ/DMnrO
この人が文学賞だと日本のレベル低いと思われそう

211 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:26:02 ID:WxeAJQZhO
過去の名作と言われる本も何だかなあってのが多いけどね
グレートギャツビーとか

212 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:26:03 ID:rW1xC2X/0
>>7
よしわかった!書き込みしなければいいんだな!

213 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:26:06 ID:JQcBaJEYP
村上春樹は、別にノーベル賞どうでもいいと思っているだろう。
芥川賞だってとっていないんだから。

売れているのは小説として優れているからだ。インチキ広告とか抜きでね。

ラノベと言っているやつもいるが、日本は源氏物語からラノベ。むしろ伝統。

>>152
いや、俺わたせせいぞう嫌いだが、、

214 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:26:45 ID:2pcd2mH70
中身の無い娯楽小説で貰うのは難しいかと。

215 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:26:45 ID:wiFFzrD40
>>209
PLOがとったことあったよね
あとで、平和賞返してwwwと思ったよ

216 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:28:08 ID:y/CJSVz50
審査員にお中元・お歳暮をちゃんと贈ってないからだと思う。
あと枕営業してないとか。

217 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:28:56 ID:qLqHNBxk0
>>204
「怒りの葡萄」は、文学っていうよりプロパガンダだな
「蟹工船」のアメリカ版だ

ついでに「レ・ミゼラブル」も読んでみてくれ
今読むと、パリの地下水道の描写とか、無駄に長くて、
当時の読書人が、どんなに活字とパリの情報に飢えていたかがわかる

せっかく今という時代を生きているなら、
同時代の作家を作品を面白がれるってのは、すごく贅沢なことだと思う

218 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:28:56 ID:o2zyMXK80
20年くらい前にノルウェイ読んで面白さが全然わからなかった
同じころ友達のお母さんがもっていた白い巨塔読んだけど、それより20年くらい前の作品なのに、すげー面白かった


219 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:29:11 ID:EgwFrbjn0
>>1
文学ってほどのものを書いてないからだと思います。

で、この人はすでにノーベル賞候補ってのは毎回ネタでしょ?

220 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:29:22 ID:iY+m3k+LO
文学自体終わってる

221 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:29:35 ID:bvJuzudjP
村上春樹氏関連のイベントをこの施設で行えば、
村上春樹氏・新潮社などはウマーになる罠。
http://www.youtube.com/watch?v=XT9SJZ9SmXw
http://www.youtube.com/watch?v=dGaifFWRSGI
http://www.youtube.com/watch?v=8zzKZFJffwU
http://www.youtube.com/watch?v=o1mHKLH9lTE
http://www.youtube.com/watch?v=sJNjZ1s6_Z8
http://www.youtube.com/watch?v=emyFU0RJHmE

222 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:29:57 ID:x2PAyVmv0
そもそも文学賞には存在意義が感じられない。

223 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:30:07 ID:AHj17cxa0
村上春樹は典型的なエセ文学だからな
ノーベル賞の選者ともなるとそのくらいのことはわかってるだろ

224 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:30:10 ID:ZCJcNqRu0
>>26
ノーベル文学賞を辞退した偉大なる哲学家ジャン・ポール・サルトルの『自由への道』

30代の教師マチウは誤って恋人を孕ませた。
開口一番「堕ろそうか?」とは言ったが、
しかし金が無いので友達から借りようとしたり盗もうとしたりするが上手くいかない。
兄のところへ行ったら「結婚するならそのための金かしてやるよwww」と正論が
ありえねーと思いつつそれしかないのか・・・
と諦めて結婚を申し込むが金を借りようとした友達に寝取られた。
マチウは自由だった。
一部完

225 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:30:40 ID:3/39M40D0
>>26
これまじなの?
随分底が浅いんだな

226 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:30:51 ID:SH5uh8l50
海辺のカフカこないだ読んだが
読み終わった瞬間、これはひどいと思った
抽象的すぎて全然面白くない

他の作品もこんな感じなのかと思うと
ノーベル賞なんて無理だろ
作品以外での功労があるんならわからんけど

文章力も構成力もあるのに、読んだ結果
「は?で?」ってなる

227 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:30:55 ID:RbpxN9XGO
やっぱ顔だろ
今年の受賞者を見てみろ
じじいだけど、いい顔してるだろ
村上?ただのチンチクリン(笑)じゃねーか
あと文章力の無さだろ、エロ小説でも谷崎ぐらい凄けりゃ別だがな
村上(笑)とかあるかよ
バカしか読んでねーだろw

228 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:30:55 ID:g/q1V8O20
とりあえず、影が剥奪されない理由を誰か教えてくれ

229 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:31:09 ID:z78v+Ev60
文学じゃないから

230 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:31:26 ID:DJGoMzXjO
村上春樹が海外で評価されるのはアメリカ文学みたいな文体と優秀な英訳だろ

231 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:31:29 ID:UtiB6PzZ0
>>213
いや、芥川くれずにコケにされたことは未だに相当恨んでるぞ
とんがり焼き!とんがり焼き!とんがり焼き!だw
だからノーベルとって見返してやろうって野望は絶対あるはず

あとラノベとは全く格が違うね
あれを同レベルって言ってたら見る目がなさすぎるとラノベオタの自分がそう思う

232 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:31:37 ID:xYm3J17C0
ノルウェイの森三中

233 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:32:04 ID:Di2xN7HS0
ノーベル賞はそもそも、流行作家に与えられる賞ではないだろ。
たしかに海外で翻訳されている作品の数は多いけど、それでも村上春樹は
単に流行作家であるにすぎないわけで…

234 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:32:14 ID:5vO7Vn8a0
>>217
レ・ミゼラブルは小学生のころ最初に読んだけれども、
非常に深い印象を受けた覚えがあります。

あれは若い頃読んでも面白い小説ですよね。

235 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:33:06 ID:m6F5jNW30
週刊実話がノーベル賞もらうようなもんだろ。

236 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:33:15 ID:ksw3iJdh0
反体制、反権力の社会派でなければ。
フェラ○オやら中学生のセックスなんて話しに出てくるようじゃ、
恥ずかしくて。

237 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:33:19 ID:geDZedEgO
>>222
世の中を表現する方法は、今や文学だけじゃないからね。

238 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:33:20 ID:TroE1d080
>>3
ノーベル自身が詩を好んだからな

239 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:33:43 ID:/wgZyC1d0
だって面白くないんですもの。
どこをどう見たらあれが面白いのやら。
横読み?

240 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:34:33 ID:InX6tWLA0
川端康成よりフィクションの完成度がより高い
佐藤栄作こそ文学賞をもらうべきだったな。


241 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:35:33 ID:WxeAJQZhO
春樹にやるならブラッドベリにあげてくれよ
あの幻想科学ロマン系は二度と出てこないぞ

242 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:35:39 ID:52HnsTl70
童貞の私にとっては、セックスシーンはむしろ現実感の伴わない空虚なものに感じられる
これでもかとファンタジーであることを思い知らされ、むしろ物語への没入を阻む
セックスやオナニーは主観的に解釈されるものじゃないのか?
村上氏は物語に内包されない個別的感情を揺さぶり、むしろ読者を醒ますことを意図してる?
それとも童貞の私は村上氏に存在を糾弾されているのだろうか
小学生が読書感想文としてこれを選んだ時の女教師のリアクションは
村上氏的にはセックスに雪崩れ込むのだろうか

243 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:35:58 ID:7wo4g3vWO
やみくろとは何かをきちんと描写しなければ受賞はムリとおもいました

あと外国人には近藤正臣を登場させても理解できないから


244 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:36:36 ID:bjRKARS50
今年も瀬戸内寂聴はノーベル文学賞はもらえなかったか・・・

とはずがたりの現代語訳だけでも、十分に受賞に値するんじゃないの?いろんな人が訳しているけど。
まだまだ若過ぎて選考の対象外なの?
寂庵先生は何歳まで生きたら、ノーベル文学賞がもらえるんだよ。

245 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:36:40 ID:x/fxlTTv0
反日リベラル「沖縄ノート」の大江健三郎がノーベル賞を取れたのはなぜ?
彼はなぜにそんなに評価されているのか。

246 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:37:50 ID:JQcBaJEYP
>>231
芥川賞に関しては、初期はある程度複雑な思いもあったと思う。
だって、本の売れ行きとかで生活が変わってくるろうし。

売れ始めてからは、ふっ切れていると思う。ノーベル賞にしても同じく。
賞をもらわなくても、海外にファンが沢山いるというのは、それだけで嬉しいことだと思う。

>>219
ネタなのに、なんでブックメーカーがオッヅ出すんだよ?

247 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:38:02 ID:UujHcSZ70
子守唄

あの遥か 虚空の慟哭の真っ只中

一方から放たれた矢が

もう一方から射られた矢とぶち当たり

うわーッ?

ともに落ちて

千里の下

ぼくの足の前にばさッ!と落ちてきた

坊や

よい子だ ねんねしな


春樹はノーベル賞候補になった韓国のコウン氏の詩とどっこいどっこい。

248 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:38:57 ID:qLqHNBxk0
>>233
いやいや
本来ノーベル賞は、国の壁を破って世界中で読まれている
流行作家のための賞だった
アメリカのパール・バック、イギリスのサマセット・モーム、フランスのロマン・ロラン
など

そもそも、19世紀に大流行した愛国主義小説に対するアンチとしての賞なんだよ
だから、初期の受賞者は、今では誰も知らない当時の流行作家だ

249 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:39:03 ID:6Y0ri/Xc0
ノーベル文学賞の変なところは、
ウィンストン・チャーチルの「第二次世界大戦」に与えたところだろう。
かなり面白い本ではあるが…

250 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:39:19 ID:0EkowCh90
村上春樹がノーベル賞を受賞出来るわけがねーだろw
イスラエルでやらかしたんだから、ユダが許すはずがねぇw

まさか、ユダがそこまで寛容とは、村上春樹自身も思っちゃいねーだろーし
世の中を誰が牛耳っているのかを考えりゃ判る事

しかし、こんなスレが立つってことは、村上春樹自身が
ノーベル賞を欲しがっているのか???

作家のくせに、まさかね┐(´-`)┌



251 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:39:44 ID:8F2Rd1kdO
子供が読む本だろ 人間を描けてない、万が一、受賞されるとしたら 僕が電話をかけている場所。だろ

252 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:41:23 ID:qLqHNBxk0
>>249
おそらく、もう世界大戦が起こりませんようにっていう
祈りの気持ちで選ばれたんだろうな
それ以外に理解できない

253 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:41:26 ID:1K8+pHRN0
2ちゃんは今日も悪意と嫉妬に満ちているな
これで愚衆のガス抜きになるなら規制する必要もないか

254 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:41:38 ID:JQcBaJEYP
>>244
瀬戸内寂聴こそハッタリ野郎だ。

255 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:42:19 ID:owsyPIpe0
ドラえもんのほうが特別賞あげてもいいくらい。
ていうか賞も不要

256 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:42:23 ID:VryaTUT+0
受賞できないのは糞小説だからだろ

257 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:43:04 ID:vaJ+lu0T0
三島由紀夫なんて長生きしていたら
ノーベル賞候補だったんだろうなあ。

258 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:43:08 ID:5vO7Vn8a0
思春期~大学生
あたりの年齢層に一番受ける小説だと思います。

社会で生きる現実感も薄く、不自由の無い日々だけど何か喪失感が、
みたいな人には特に。

社会に出て、人生の荒波を体験してくると、
ちょっと物足りなく感じる人が多いかと。

259 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:43:39 ID:Abu5z2Dm0
そもそもノーベル賞がそんな価値あるものなのか?
選考基準もあいまいだし

260 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:44:25 ID:8jfmIl4E0
>>250
お前、きもちワルイ

261 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:44:28 ID:7aysLiPZ0

受賞すれば確実に儲かる人がたくさんいるからね
ゴリ押ししてくるのは当然

無償で批判してる人こそなんで批判するのよ

262 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:45:38 ID:geDZedEgO
>>258
企業社会とかはモダンそのものだから、ポストモダンが幻想に見えてくるんだよな。
だから、村上作品はそういうのに関係ない文化人やアンチモダンな人々に受ける。

263 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:45:40 ID:cGP1aVQ80
>>225
大江の小説も要約するとそんな感じから問題ない

264 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:46:32 ID:uVXdpbcTO
文学って感じがしない

265 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:46:44 ID:+2c+laukO
ってか村上春樹の本で面白いのある?読み終わった後得るものがなにもない。

266 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:47:15 ID:4/K6PR5AO
村上の本ほとんど読んだことない。
本屋で少し見てみたけど、つまらなそうな感じで、いまいち読む気がおきんかった。
でも、読まないと評価も批判もできないから今度読んでみようかな。

ノンフィクションや歴史ものが好きな自分にも読めるのがあったら教えて。

267 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:48:28 ID:3/jNBuJmO
紫式部に特別賞授与しろよ。
紫式部がノーベル賞もらってないのに他の日本人がノーベル賞貰えるわけないだ9

268 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:49:21 ID:geDZedEgO
>>265
おそらく、それが狙いなんだろうと思われ。喪失の過程を読者に追体験させようとしてる節があるから、後の作品になるほど読後感がなくなるっていう不思議。

269 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:49:31 ID:UtiB6PzZ0
>>266
アンダーグラウンド、約束された場所で  地下鉄サリンの被害者とオウム信者へのインタビュー
ねじまき鳥クロニクル             第二次大戦が絡んでくる

あんたは間違ってもノルウェイの森なんかを読んじゃいけない

270 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:49:36 ID:qpi71a91O
村上春樹ってマンガみたいだよな
よしもとばななとかと同系

271 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:50:04 ID:AqwN7zYO0
ほっといてやれよ。次期ノーベル文学賞か否か?って揶揄されるのは嫌だろうに。

272 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:50:15 ID:QeU9ktaU0
村上春樹の小説って、ほぼラノベだよな

273 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:50:31 ID:RgipAmFfO
エロエロ言ってる人いるけど、
映画や文章のエロシーンは作り手の個性ががっつり出る。らしぃ。。
いや、もちろん俺はそんな理解してるわけじゃないが。
ってわけでエロシーンを下ネタと捉えないで読めばワンステップ上の
次元で文学を楽しめるんではなかろうか。と思う。
いや、俺はその次元ではないけれども。

274 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:50:35 ID:w+zYiD+W0
商業作家は金稼いでれば十分だろ
文才より商才あるよ

275 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:50:46 ID:EgwFrbjn0
>>246
それこそネタ扱いでしょ?wオッズってw

276 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:50:47 ID:bjRKARS50
>>266
歴史ってフィクションじゃねーかよ。
一次資料を漁って解読しているわけじゃないんだろ。
どうせ、誰かの論を読んで満足しているだけだろ。

277 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:50:48 ID:m67Dx+HdO
別に自分はハルキストでもないけど、たとえば
鼠→“僕”が現実と関わる影で、徐々に追いつめられていく思春期の自分の暗喩
羊男→心の奥底に眠る本能的な本心の暗喩
とか推察しながら読んでいけば、少なくともラノベと一緒とかの簡単な切り捨て評価は出てこないと思う。

278 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:50:57 ID:qLqHNBxk0
そもそも、帝国主義、愛国主義、弱肉強食が正義の時代へのアンチだったノーベル文学賞が
平和主義、弱者愛護が正義の時代になると、アンチどころか、権威そのものになってしまった

だから、誰が受賞するかよりも、
それによって、ノーベル文学賞の中の人たちが何を考えてるか知る方が面白い

279 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:51:14 ID:2Ota6rog0
村上龍と同じく流行小説であって
文学ではないから。
中身がない、空っぽであるということから
読者が想像力を創造に昇華でき得ず
残るのは乾いたメルヘンチックな感傷とその語り口だけだから。

280 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:51:15 ID:iQm7RTa70
好きな人は好きなんだろうけど、俺は好みじゃないなあ

たぶん、選考員も好みじゃなかったんだろう

281 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:51:21 ID:ILHXdug4P
読んだことないけどノーベル賞に文学賞なんか必要なのか?
別に世界に貢献してるわけじゃないだろ

282 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:51:33 ID:Jm4iERYAO
森見登見彦の書く女子大生がストライクすぎるのでノーベル賞あげてください。

283 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:51:53 ID:0LA7cdy4P
馬鹿には村上春樹の高い芸術性を理解できないだけですね
ピカソの絵画を子供の落書きだと言うように
視点があるレベルにまで到達しなければ
それはタダのエロ小説だと思ってしまうのは無理からぬことかもしれない
だがしかし、己が馬鹿なのを責任転嫁して至高の作品を貶す行為は如何なものか
大人であるならもう少し冷静になって考えて欲しい
無知は罪ですからね

284 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:51:54 ID:LEyQeSNv0
>>269
第二次世界大戦はからまんよ。
からむのはノモンハン事件。

285 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:52:24 ID:zEv0O+tE0
ノーベル文学賞をとると、賞金5000万円くらいだったかね。
国内で、文化勲章受賞(文化功労者としての350万円の終身年金付き)だ。
金銭的には、今の春樹が欲しがるようなもんじゃないな。本が売れるっつっても、
もう充分に売れているから、上乗せはあってもおまけ程度のもんだろう。

しかし、それでも銭ゲバ的行動をやる文学者を書くと、評価されるぞ。誰か書いてみろ。

286 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:52:50 ID:aiRwmf7TO
見た目が良くないから

287 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:52:51 ID:/HDg8lew0
読者も多くて世界的によく知られてる作家なんだろうが
ノーベル賞もらう種類の小説なのかな。

288 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:53:06 ID:RbpxN9XGO
やっぱ学歴かな
早稲田の文学部(笑)だっけ
自分より明らかに低学歴の奴の文章なんて読む気しねーしな

289 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:53:26 ID:geDZedEgO
>>276
歴史やらは思想を表現する為の舞台装置に過ぎない文学にそういうのを期待すべきでないと思う。

290 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:53:32 ID:5vO7Vn8a0
>>262
うーん、確かにその通りかも。

実社会に出て、小心さゆえに性格がゆがみきった人と合った時のむなしさと怒り、
私利私欲に溺れず、公のためにすばらしい仕事をする人と出合った時の深い感動。
どうしようもない失敗をした時に、損をしてでも庇ってくれた得意先の人。
そういう出会いを経験してくると、
読んでもちょっと浅い人間描写だなと思えてきてしまう。
ある意味自分はモダンに染まりきった人間なのかもしれません。


291 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:54:02 ID:N3lKM+m50
春樹が受賞できない本当の理由。


ノルウェーの森が一番有名なのに、レベルが低すぎるから。
あれを買い集めて焚書して、調査対象から外せばノーベル賞もらえるよ。

292 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:54:07 ID:bJ1Jn5TTO
なんで大江健三郎なんかがノーベル賞取れたんだ?

293 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:54:11 ID:UtiB6PzZ0
>>284
中国人バットで処刑するところとか
シベリア抑留とか
一応第二次でしょ

294 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:54:16 ID:yN+3KOwW0
1Q84の商業主義的な売り方は自らのノーベル賞受賞を否定しているから
できる売り方であろう。

295 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:54:18 ID:w+zYiD+W0
商業作家は金稼いでれば十分だろ
文才より商才の方があるよ

296 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:54:19 ID:JqHf1OGc0
羊と世界の終りまでは良かった気がする

297 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:54:58 ID:bjRKARS50
西鶴もエロ小説だけど、
好色一代女とかは読み応えがあったな。
因果応報が背景にあるからわかりやすい。

298 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:55:36 ID:RbpxN9XGO
>>257
川端の受賞はショックだったみたいだね
まぁ、それは谷崎もだけど

299 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:56:21 ID:ZlSPEYOd0
映画の宣伝にノーベル賞使うとか最悪だな

300 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:56:27 ID:lZc3AYtY0
村上がノーベル賞候補なら、ポールオースターなんかも候補に挙がっていいよな
川端康成が、私がノーベル賞を受賞できたのは翻訳家のおかげ
って言ってたけど、村上のような低俗小説を
ノーベル賞候補に挙がっちゃうようにな作品に仕上げた翻訳家はご立派


301 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:56:33 ID:geDZedEgO
>>290
ほとんどの人間が持つ上昇志向はモダンとこそ相性がいいし、そもそもモダンは上昇志向から生まれたからね。
上昇志向の薄い人間の描写は、モダンな社会にいるとにわかに信じがたい。

302 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:56:39 ID:Nf7NQc/G0
もともとこいつが候補になること自体おかしい

303 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:56:40 ID:cKFf9oSe0
村上春樹「いちばん過大評価された海外の作家」の1位


http://sankei.jp.msn.com/world/korea/090920/kor0909201300001-n1.htm


2006年に実施された韓国の30代の作家らを対象にしたアンケートによると、
「いちばん過大評価された海外の作家」の1位にも村上春樹が選ばれるなど、
マイナスの評価もある。

304 名前:名無しさん@十一周年[ ] 投稿日:2010/10/11(月) 09:57:42 ID:EuIOkk240
>>26
代表作のあらすじがそれじゃあ
ノーベル賞無理ぽ

305 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:57:48 ID:IgdvlD9s0
>>292
デビューから70年代位までの大江の小説はほんとうにすごかったよ
あの難渋な文体に内容が負けてなくてすごく充実感があった

306 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:57:58 ID:2Zv9o+2h0
よしもとバナナの短編をクソ長くしただけじゃん。
無意味にセックルした、無意味に死んだ、無意味に生きてる。
書いてる本人が、カッコい~ と 思ってるのが伝わって来てウザイお。

307 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:58:15 ID:2Ota6rog0
でも文学賞や平和賞って川端や佐藤のようなレベル
なので、いいかげん低い。
きっと村上は受賞の演説の文章を既に練り上げているに違いない。

308 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:58:22 ID:fsqhwOLL0
村上は果たして文学なのか?
ただの小説じゃないのか?

309 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:58:53 ID:iZzgvqSi0
ノーベル文学賞って流行の作家が取れるものなの?

310 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:59:08 ID:qpi71a91O
>>277
逆にその暗喩の仕方がラノベっぽい要因だと思うが

311 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:59:21 ID:ZuLdweGJ0
角川春樹と間違いやすいから。

312 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 09:59:34 ID:RgipAmFfO
>288人間性がよく出ててよろしい。
子供作るなよ。

313 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:00:06 ID:LEyQeSNv0
>>293
ごめん。確かにそのへんは第二次だ。

314 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:00:09 ID:Regc5FodO
筒井康隆が世界的に評価されないのはなんかくやしい


315 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:00:15 ID:cKFf9oSe0
ドイツのテレビ番組「文学四重奏団」は、4人の文学評論家が、会場にいる聴衆とともに、
新刊の文学書を紹介・査定するものだそうです。
そこで、「太陽の西 国境の南」が取り上げられたとき、賛否両論が渦?を巻いたのですが、
どういう非難が表明されたかというと・・・・。

「村上の本は、この番組で取り上げる価値などない、文学的なファースト・フード、マクドナルドである」
「表現力を欠いた、覇気のない、つっかえがちなつぶやきにすぎない」

おおおおおっ。たしかにラジカル! 論争は、
この番組としてはいつになく過激で、やがて作品をそっちのけにした個人攻撃に発展したそうで。

そういうの、ディベート・インポの日本人の専売特許かと思っていたけれど、ドイツ人も、そうなんだ?
そして、新聞書評のほうは・・・・。

「会話のように流れるだけの底の浅い文体」
「内容は緊密に構成されているが、文章の質は映画の脚本の水準を出ていない」
「比喩や対比は、まるでわざと読者を挑発するかのような安っぽさ」

あのヨーロッパの知性ともいうべき「フランクフルターアルゲマイネ」紙に、
そんな批評をされてしまうと、ファンとしても、もう頓死するしかないですよねえ。

http://www.across.or.jp/necizen/essay/e2000/e00122901.html


>>新聞書評のほうは・・・・。

「会話のように流れるだけの底の浅い文体」
「内容は緊密に構成されているが、文章の質は映画の脚本の水準を出ていない」
「比喩や対比は、まるでわざと読者を挑発するかのような安っぽさ」

316 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:00:17 ID:kPeYKyRQO
>>292

大江が常にアメリカの意図を汲んだ言動をしていたから。
【憲法九条マンセー!非核三原則万歳!ピースメーカーエノラゲイは神様です!】

村上春樹もこれくらい反日忠米でなければ難しいよね。

317 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:01:35 ID:UtiB6PzZ0
>>310
アンタの言うラノベってたとえば何
ブギーポップ?
ハルヒ?
それともエロゲとかか

エロゲラノベが大好きな俺でもそれと春樹は完全別物ってことくらい分かるぞ

318 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:01:45 ID:geDZedEgO
>>310
ラノベと一緒というレスをよくみるけど、やっぱり決定的に違うと思う。
ラノベには読者のメンタルを破壊する目論見はないし。

319 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:01:58 ID:YPEiRJTL0
俺が未だに一冊も読んでない作家がノーベル賞もらえるわけないじゃん

320 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:02:14 ID:fsqhwOLL0
>文章の質は映画の脚本の水準を出ていない

これだ!これ!
おらが言いたかった事だww

321 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:02:24 ID:cKFf9oSe0
村上春樹はあらゆる世界の言語で過大評価された作家。私も翻訳者が悪いのかと
思っていた。しかし、結局彼が何も言うことを持っていないのだと気がついた。

http://howtojaponese.com/2009/05/27/q-teen-eighty-four-early-release/
Jahana Noboru Says:
May 31st, 2009 at 5:18 am

Murakami Haruki: Most overrated novelist in any language. I used to think it was just
bad English-language translations, but I’ve finally realized that he has nothing to say.
\Underground\ was his best book, probably because it comprised interviews
he conducted with those involved with the attack at the Kasumigaseki station and
therefore there was no room for him to name check pop tunes, pop brands, pop
celebs. Let me make a suggestion to his handlers and marketing geniuses
who have guided this odd career as consciously as any \idol\ or genetically modified
crop: Sell his books exclusively at \combini\ like 7-Eleven, Lawson’s, Hot Spar, and
the like. As a courtesy, the clerks can ask if you want it heated up in the microwave
before you consume it like a postmodern o-bento. His spoken English also is iffy
considering he lived in the US for quite a while. Maybe he should have gone out into
the streets and talked to living, breathing people. Really, if you want to know
the location of the \otaku\ phenomenon any cultural GPS will give you
the coordinates of one, Murakami Haruki.


322 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:02:27 ID:bbhmFgorO
>>283
残念ながら、ピカソは若い時代の風景画とか作品に至るまでの
デッサンを見たら誰もがケチ付けられないほどなので。

文学に関して言えば、そういった目に見える技量の基準と
言うのがあまりに曖昧過ぎるからケチつけられるのです。

323 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:02:27 ID:t/bXXN9FO
つまらないから、と書こうとしたが、
一冊も読んだことないんでやめとこう、うん。

324 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:02:27 ID:RFkD6y/AO
>>26
なんかそんな感じの話だったな
注目される意味がわからん

325 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:03:29 ID:RbpxN9XGO
>>304
内容だけ言うなら谷崎あたりも相当酷いでしょ
ただ読めば谷崎の凄さは分かるけどな
そう、読めば分かる
この人が取れてないんだから、村上(笑)なんかが取れるわけがない

326 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:04:40 ID:DTPp/AOI0
こういうのってお堅い純文学じゃなきゃダメなんじゃないの?
猫も杓子も読んでる本なんてイロモノだろ

327 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:04:53 ID:cKFf9oSe0
絲山秋子 日記より 感想

海辺のカフカ」(村上春樹)新潮文庫

読書にもいろいろな種類があって、喜読、嘆読、耐読、苦読などと私は名付けているが、
このHPで最も多くの方が票を投じて下さった「海辺のカフカ」は、
残念ながら私にとって「苦読」作品だった。まあ、相性が悪かったということです。
常に感じたことは「『海辺のカフカ』に書かれているこいつらは人間じゃない」ということだった。
テーマパークとしてはよくできていると思う。
それにしても「メタファー」ってコトバ、一体何回使ってあるんだろう。
せっかく選んで下さったのに、こんなことですみません。やっぱり無理な企画だったのかなあ、
でも嘘つくのはまずいし。ちょっと反省しています。

328 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:04:54 ID:LEyQeSNv0
>>315
確かにその作品は駄作。
結構春樹駄作も多いんだよね。アフターダークとかスプートニクの恋人とか。
やっぱ世界の終りだね。

329 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:04:59 ID:Zsqt2oGz0
それほどの作家か?

330 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:05:33 ID:Ze83F3d7O
本当に過大評価の作家だよなぁ
こいつに取らせるなら赤川二郎が取っても驚かないわ

331 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:06:16 ID:zmPBwllnP
>>290
ただ、恐らく、たとえ社会に出ていて色々な人に出会っていたとしても、
自分の殻に閉じこもっちゃう人達も多いんだと思うよ、現代では。
とにかく二十四時間コンビニが開いてて、一人でも何不自由なく暮らして
いけるのが現代なんだから。精神的な引き篭もりになっちゃう人達は
沢山いる。村上春樹は日本で始めてそこに焦点を当てた作家で、
はっきり言えば、ライノベの父だよな。

332 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:06:32 ID:kPeYKyRQO
村上春樹よりは司馬遼太郎だろ。
もう死んだけど。

333 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:06:49 ID:J4W65j0o0
ノーベル賞受賞者発表前にこの記事出せばいいのに、後からだったら何とでもいえるな

334 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:06:50 ID:SXjfEYb60
ノーベル財団って、ユダヤ人に支配されてるの?

335 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:06:54 ID:WxeAJQZhO
俺にとっては文系の村上春樹に理系の森博嗣ってイメージ

336 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:07:02 ID:cKFf9oSe0
http://dianying.at.webry.info/200810/article_2.html

フォーラム初日午前の基調講演は
韓国が評論家の柳宗鎬氏。論客です。少し迷ったのですが
と前置きしつつも、かなり辛辣な村上春樹批判を。
間もなく発表になるノーベル文学賞の有力候補と目されて
いることを念頭に置いての発表か。
私も『ノルウェーの森』以降の村上春樹作品は全然評価して
いないので、ほぼ同感。

337 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:07:13 ID:kDnZU77P0
>>1
チョン臭い記事だな。

338 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:07:34 ID:7wo4g3vWO
>>315

×ファースト・フード
○ファスト・フード

339 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:07:38 ID:2Ota6rog0
空っぽな流行作家を装いながら
生や死や性を
絡ませる語り口の技術だけなので薄っぺら。

340 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:07:55 ID:LEyQeSNv0
>>325
谷崎はひどいね。変態の中の変態。しょんべん飲んだり足で踏まれたりw
ただ文章が日本人歴代トップ3に入るぐらいにうまい。
変態も文章がうまいと芸術にまでなるということで。

341 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:08:04 ID:v/hziDykO
かきふらい、かきふらいがもらうべき
1Q84だって漫画だろ

342 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:08:42 ID:sRlYwiRF0
おまえら・・・・文学を自分の価値観でしかも面白い面白くないで判断するよな・・・

モナリザ見て面白くないからたいしたもんじゃねーって言ってるのに近い

世の中には自分では理解できない凄さというものがあるってことを知っておけ

343 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:08:49 ID:qpi71a91O
>>317-318
すまん俺の勝手なイメージでは
ラノベってエンターテイメントの中に作者の中二っぽい空想や萌えが織り込まれてる作品のことだと思ってる
春樹の暗喩も中二や特に大二くらいに誰もが陥る空想や萌えに依ってると思う
だから二つに類似性を感じる

問題なのは、それが思想でなく空想というところ

344 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:09:04 ID:LOZ7mymyP
審査員が石原都知事やズンイチだから。

345 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:09:13 ID:a0xfhwjE0
>>277
そんな高級テクは成立してない
ラノベと一緒

春樹にテクニックらしきものがあるとしたら、結論をみせない、とか予定調和を乱すという部類のもの
しかしその目的もないまま
だから何ものこらない
残らないことであらゆる批判から逃げている
ただのキャッチコピーの羅列

広告小説だな

346 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:09:21 ID:bjRKARS50
>>340
川端康成も変態だからなぁ。

347 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:09:41 ID:Ze83F3d7O
>>335
森に失礼だw

348 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:09:45 ID:cKFf9oSe0
「男流文学論」(ちくま文庫)より(上野千鶴子・小倉千加子・富岡多恵子)

村上春樹「ノルウェイの森」について

 小倉「この人は、いろんなことに関心がない、関心がないっていうのね。ところが、すぐ後の
    ページで、本当はめちゃくちゃ関心があることが暴露されてしまう(笑)」

    「このひと、他の人の言葉を借りて自分自身を褒めるのね。〈「この寮で少しでもまともな
    のは俺とお前だけだぞ。あとはみんな紙屑みたいなもんだ」/「どうしてそんなことがわか
    るんですか?」と僕はあきれて質問した。〉
    嘘付け。あきれてないじゃない。自分もそうおもってるくせに、厚顔無恥。」

上野「自分についての描写をみんな他人の口から言わせてる。「あなたってこうみたいな人ね」
    他人の口から言わせたことに対して、すべて肯定的なのよ。叙述の内容に責任をとらない
    というスタンスをいつも取っている」

富岡「全部翻訳文体なんだね〈午後が深まり〉、午後が深まりなんていうのも、翻訳文体ですね」

上野「やれやれ」というのは、その事態に対する距離と同時に。その事態を自分から変更する
   意思が何一つないことを示しています。村上の世界の恐るべき受動性を象徴しています。」
   
富岡「やたら人が死ぬ。簡単に。小説の書き手のほうからいうと、非常に安易なのね」

上野「失敗した私小説でしょう」

上野・小倉・富岡「つまらん」

349 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:10:41 ID:IFG8uE5T0
>>217
アレは脱線ぶりがすごいよなwww
しばらく自分が何を読んでたのかすら忘れる
女子修道院の生活とかワーテルロー会戦とか下水道とか、
メインストーリーにあんまり関係ない描写のほうが長いwww

350 名前:名無しさん@十一周年[ ] 投稿日:2010/10/11(月) 10:11:02 ID:EuIOkk240
http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/101009/acd1010091202003-n2.htm

村上春樹ノーベル賞のソースって
2006年3月、チェコの「フランツ・カフカ賞」と
イギリスのブックメーカーのオッズだけだって

実際にノーベル委員会の候補になっているかどうか怪しいんだと

351 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:11:03 ID:7sYbbRtxO
村上龍みたいなドブ臭い作家のが好き
限りなく透明に近いブルーとかコインロッカーベイビーとか

352 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:11:26 ID:a0xfhwjE0
村上春樹のあの作品が好き、っていうのと
あのCM大好き、っていうのとあまり変わららない

353 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:11:33 ID:1K8+pHRN0
やたらキムチ臭のするスレだな
あと、ベストセラーに釣られて「ノルウェーの森」だけ読んで村上春樹を知ったつもりのバカが多すぎ

354 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:12:02 ID:cKFf9oSe0
「男流文学論」(ちくま文庫)より(上野千鶴子・小倉千加子・富岡多恵子)

村上春樹「ノルウェイの森」について

上野「わたなべくんには能動的なアクションが全然ない。彼にとってアクションはすべてまわり
    から起こってくる。彼にとっての幸運は、周囲の人間が、それほどおせっかいにも彼に
    手を出してくれているということ。」

富岡「この子は何もしない。学校へ出たり、アルバイトしたり、図書館へ行って本を読んだり
   しているだけ」

小倉「こういう文章が気に食わないんですよ〈僕自身は知らない女の子と寝るのはそれほど
   好きではなかった〉正直に書けば〈僕自身は知らない女の子と寝るのはまったく嫌いという
   わけではなかった〉(笑)
   なんでこんなええかっこうして書くの?

上野「この文体ってテレビ的というか、漫画的なのかしら」
小倉「漫画の噴出しのせりふで」
上野「全体に、シナリオみたいな書き方でしょう」

小倉「私は、村上春樹がほんとうにまともに、どういう人生観をもってるか見えないですよ」

上野「ごく簡単よ。他人と関係を持ちたくない。他人との距離をつめたくない。僕はこういう
  人間なんだ。「やれやれ」といってるだけ」

上野「この半端さが彼の限界でありとりえであり、この気の利いたショートセンテンスと、ダイアローグ
   の組み合わせが初期からあり、もしモノローグだけ、ダイアローグだけならダイナミズム
   を生み出すのに、どちらも途絶するしかないというのが彼の小説作法です。
   何もおきないことのエクスキューズが気の利いたショートセンテンスです」

355 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:12:35 ID:oPrBK3CS0
村上は別に悪くは無いけど
やっぱ世界を見ると次元が違うって思うほどいい小説を書く人がたくさんいるし
普通のそこらの文学賞ならあげればいいけど、ノーベル賞ってタイプじゃないわ

356 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:12:36 ID:JkP+zGYw0
なにがミステリーだよSFだよ。馬鹿か。確かに面白いかもしれんがそんなものは二流。
日本のどこに行ったって売れるのはそういう二流の本。哲学者ドゥルーズの著作もぜんぜん日本語にならないし、
ポストモダン文学の首領たるドン・デリーロが絶版とか、目を覆いたくなる教養の低さ。
 純文学は構成も重要だが、そこに思想、哲学が落とし込まれていることが必要で、
ここが純文学とその他ラノベなどを分ける境界となる(と個人的には思う)。
専門外だしあんまり読んでないので細かくは言えないが、恐らく村上氏の場合、自我がキーワードになっていて、
それこそ初期はフロイトのエロスとタナトスについて言及してるのかと思えるくらい。
最近はそれに対してだんだん社会的要素が出始めているような気がする。
 まあ、それに対する意見は色々あろうが別にかまわない。
だが、性的な描写が多数出てきているが、それは我々の生の原動力で非常に重要な概念じゃないか。
なんでそれを「えろい」という浅はかな意見で片づけられるのかわからん。
村上春樹を大衆向けというのならば、恐らく彼の哲学はずぶの素人でも感知できる(ように小説化されている)からで、
そこに村上氏のすばらしさがあるのではないか。

357 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:13:16 ID:pM5aLAhs0
村上春樹って読んだ事がないんだが
おもしろいのか

358 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:13:45 ID:7IWxVUsJ0
>>351
男は全て消耗品である、とか。

359 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:14:05 ID:RbpxN9XGO
みんな大江嫌いみたいだけど「セブンティーン」あたりは優れた作品だと思うよ
右翼が抗議して未完だけど
文章力は凄えよな大江は
馬鹿では読めないからな
対する春樹は馬鹿しか読めないからなw

360 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:14:14 ID:Txtf75Ld0
やれやれ、僕は夢精した

361 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:15:00 ID:nCC5GmZXO
春樹作品が何らかの賞をとるのはかまわないが、それがノーベル文学賞であると
期待されるのがわからない。
別に決定的に何かを訴えるわけでもないし、同じような記号を毎回繰り返してい
るだけのような……。
そこに魅力を感じる人はいるのだろうけど。

362 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:15:32 ID:TqC5I0Al0
春樹にあげるくらいなら、鳥山明にあげてください。
グラフィックノベルで「民族」「対抗」と言えば、山野車輪もいいんじゃね?

363 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:15:48 ID:jkhVCUaj0
この人だと風のうたとトルコの旅日記のやつが好き。

364 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:15:52 ID:6NeQnRfG0
>>357
若うちに読むとおもしろいと思う

365 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:15:53 ID:AATFXA8d0
ノーベルアニメ・コミック賞

366 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:16:06 ID:cKFf9oSe0
世界で笑いものになる村上春樹
世界で人気のfacebook(笑)では春樹の過大評価をめぐって語り合ってるよ。参加しよう(笑)
http://bs-ba.facebook.com/topic.php?uid=2659210195&topic=6692
Haruki Murakami: writer of classics or completely over-rated?(春樹は完全な過大評価?)

Andy I just finished reading "Kafka on the shore",my second and I
believe last experience of Murakami.As when reading "After Dark"
,I kept thinking to myself,this just can't be as bad as it seems.
There is something naive about his charaters and their dialogues
,that can only be a reflexion of the author's own mind.There is
so much meaningless name dropping throught his work,that
pretentious and contrived,is my overall conclusion of his writing.
(海辺のカフカを読み終わった。春樹体験は2度目でこれが最後になると信じる。ずっと
これはそこまでひどくないぞと自分にいいきかせた。著者自身の内省にちがいない
性格や対話にはナイーブななにかがある。彼の作品には無意味な名前がちりばめられすぎだ。
もったいぶった偽者のね。これが彼の仕事に対する私の結論だ)


Tarnya I say over rated. I bought 'the wind up bird chronicle' after readin reviews on here and amazon
and was really dissapointed. It was boring and childlike and nothing really happened, which for a book
which was as thick as a brick was rather annoying! I much prefer Ryu Murakami..but maybe thats
because i like things that shock me(過大評価です。ここやアマゾンの書評をみてねじ巻き鳥クロニクルを
買ったががっかり。退屈で子供っぽく、本当に何も起こらない。レンガのように厚くうんざり。村上龍の方が好き。)


367 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:16:30 ID:Z6uX2/6nO
>>353
ノルウェーは一番売れたってだけで代表作じゃねーよな
代表作はピンボールか世界の終わりだろうな

368 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:16:31 ID:geDZedEgO
>>343
ラノベは読者の期待に応えるけど、村上は応えないっていうところが違うかと。
妄想とかっていうのは舞台装置や大道具の違いに過ぎないと思う。

369 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:16:36 ID:zmPBwllnP
村上春樹は、ものすごく現代的で、現代人一人一人が直接抱えてる問題についての
小説を書いてるから、面白いし売れるんだよ。なんか、アラブだとか南アメリカ
だとかの抵抗運動がどうちゃらこうちゃらの小説なんて、ぶっちゃけ関係ねぇー
って話なんだよね。

ただ、村上春樹について不満なのは、ずーーと、同じ問題の中で、何の解決方法を
示さずにウロウロしてること。「世界の終わり・・」から、一歩も前に進んでない
ように見える。作家として現代の問題から逃げずに引き受けたのは良いけど、
解決の糸口さえ示さないのは、ある種の怠慢にしか思えない。

370 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:16:57 ID:IBBESl7E0
昔は嫌いだったけど「ある経験」をしてから突然好きになった。

371 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:17:55 ID:WxeAJQZhO
春樹は馬鹿でも天才でも読めてしまうところに悲劇がある
もっとも当を得た評論をしてる人って誰になるのかね?
福田あたりか

372 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:18:04 ID:7sYbbRtxO
>>353
一通りよんだがノルウェー読んだらだいたいのこいつの本質分かるだろ
こういうガキの頃の普遍的な葛藤や悩みなんかわかりやすいからバカなガキが支持するのは分かるがいい年した大人が読む作品なんかないよ
近い作品だとカミュの異邦人やカフカの変身などのフランス文学のがよっぽど面白い

373 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:18:14 ID:w9a1Wbp30
村上もウンコさんみたいになってきたな・・・

374 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:18:24 ID:FVSH/QmU0
>>70
村上春樹だってむしろセックスシーンの無い小説の方がほとんどなのに
セックスのことばっかいわれてる

ノルウェイの森かあとは国境の南くらいじゃね
みんなノルウェイの森だけ読んでるのかね

375 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:18:56 ID:8gsLpFnJ0
信者が気持ち悪いからじゃね?

本は面白いけど、関西だと龍谷大クラスで真面目ぶって燻ってるやつが愛読書としてあげるレベルだし。

376 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:19:23 ID:8OEivkY70
エロゲ作家でさえ直木賞狙ってるんだから余裕だろ

377 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:19:27 ID:zKrNDhx40
村上春樹の本、何冊も読んだが面白いと思ったのは1冊もないな。
村上龍のほうが数段いい。

378 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:19:42 ID:pO+TW8sY0
あんなペラペラな後に何も残らない内容で
どうして獲れると思うのかが不思議でならない。

いや、商業としては読みやすくて万人受けする
良い作品を書く人だとは思うけどね。

379 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:20:08 ID:UtiB6PzZ0
>>367
この人の作品2タイプあるよね
ノルウェイの森のような喪失感がらみのと
ねじまき鳥のような暗黒小説っぽいの

俺もノルウェイはあんまり好きじゃなく
ねじまき鳥、加納マルタ、沈黙、TVピープ、踊る小人、UFOが釧路に舞い降りる、のようなグループが好き

380 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:20:21 ID:oRrz1VgA0
パクリ元のフィッツジェラルドやヴォネガットが受賞してないのに図々しいな

381 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:20:41 ID:FVSH/QmU0
>>90
源氏はロリロリいわれるけど
むしろレイプばっかり



382 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:20:49 ID:CPFGwAIt0
村上スレで思うのがアンチでも人それぞれなんだよね
見事に内容のないfacebookの発言をコピペしちゃう連中とか論外

383 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:21:12 ID:XlgpkP1I0
矢作俊彦って同世代ぐらいだっけ?

384 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:21:16 ID:V5WDUe1X0
こんな左翼思想のバカはいらない

385 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:21:24 ID:qpi71a91O
>>368
少なくとも大学二年生くらいの期待には応えてると思う
実際俺がそのくらいの歳の時には熱狂的に好きだった過去があるんだぜ…

386 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:22:11 ID:vWsg85DI0
>>332
司馬の作品は海外にほとんど翻訳されてないんだって。
一方村上は何カ国にも翻訳されている。なんでだろうね?
ちなみに俺は村上も司馬も嫌い。

387 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:22:39 ID:sc0g1n5rO
僕は昨日のことが気になりながらも気が付いたら眠っていた

388 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:22:51 ID:0omDtn8eO
ノーベルアニメ・コミック賞
アキラ
ドラゴンボール
ドラえもん
マクロス
ガンダム
マジンガーZシリーズ
ヤマト
こち亀
ゴルゴ13
日本独占じゃんw


389 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:23:02 ID:FVSH/QmU0
>>386
司馬遼太郎は韓国人だか中国人だかに人気あるって話聞いたけどな
みんな国を思って行動するところがすばらしいらしい

390 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:23:47 ID:bjRKARS50
>>386
司馬の作品って海外の奴にとっては全く興味湧かないだろ。
まだ、井上靖の方が興味もたれる。

391 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:24:00 ID:xJDXN2AP0
>>388
そういう賞ができるとしたら、ノーベル文化賞だとおもう。


392 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:24:17 ID:VOW7jwm00
純文作家としては文章力はないし、
流行作家としては物語りがつまらないからじゃないの。

393 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:24:27 ID:FYFJahrq0
>>377
なんでその二人で比較するんだ。

394 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:25:06 ID:zmPBwllnP
>>377
面白いと思わないのに、何冊も読んでるんだろう?
俺も春樹の小説はそんなに好きじゃないけど、でも、まぁ、
四冊くらい読んでるし。それって凄いことだと思うけどなぁ、やっぱ。
嫌いだし好きじゃないけど、新作が出たら読まずには
いられない。そういう作家っていうのは、本当に力がある証拠。

395 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:25:06 ID:VAj6n4+10
エロシーンがやたら出てくるけど、その場面の描写は全然エロくないっていう
要は抜けない官能小説

396 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:25:16 ID:K4wiXZnsO
読んだことないが、おまいらの評論をみるに
所謂「厨二病」モノか

397 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:25:21 ID:EgwFrbjn0
源氏物語ってよく考えたらビッチと、ヤリチンの話だよね

398 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:25:23 ID:sc0g1n5rO
代表作はダンスダンスダンス

399 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:25:54 ID:vaJ+lu0T0
村上春樹は俺も好きなんだが、
文学賞みたいな権威ある賞の対象としては
ちょっと違和感あるかな。
たとえるなら国立美術館に村上隆のアートを飾るような印象。

400 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:25:56 ID:f8plmvOl0
マジレスすると、「人権」とか「抑圧からの解放(西側の価値観から見ての)」とかの
社会的にアピールできるできるポイントががないとノーベル文学賞受賞は難しい。
被差別部落出身の中上健次が生きていれば、可能性あったと思うけど春樹じゃダメだろう。

春樹がオウム真理教関係のことを書くのは、「俺も単なる流行作家ではなくて
こういう深刻なテーマも扱うんですよ」という「ノーベル賞欲しいよアピール」なんだけど
それじゃ通用しないんだろうなあ。

401 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:26:30 ID:a0xfhwjE0
>>366
過大評価っていうけど、どこの誰が評価してんだろう
日本でも大方の評論家はダメ出ししてるっしょ

たぶん過大評価してる犯人って広告屋だと思うぞ
広告屋が春樹を高級作家であるかのように売り込んでるだけじゃないのか?
日本で成功した手口を海外でも活用していて、それが反感を買っている図式だと思われる

で、村上春樹問題はその手の込んだ広告屋の手法、魔の手がノーベル賞にまで及んでいることなんじゃねえかな
日本人としてすげえ恥ずかしいし、世界の文学ファンに申し訳ないと思う

402 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:26:42 ID:FVSH/QmU0
>>397
ビッチなんて朧月夜の君くらいじゃん


403 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:27:00 ID:LNfSPkpR0
「人類に貢献しているかどうか」ってポイントを忘れてないかい?

404 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:27:03 ID:1K8+pHRN0
>>372
嫌いだけどひと通り読んだんだ、ふーん

405 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:27:10 ID:ktl3IeyxO
村上春樹は、旅行記とかエッセイが好きだ。

406 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:27:17 ID:geDZedEgO
>>369
解決策はないっていうのが村上の見解だと思う。
ある種の問題を解決して前に進むっていうのはモダンだし。

407 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:27:39 ID:AATFXA8d0
民族、抵抗がキーワードならはだしのゲンにもくれよ

408 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:27:39 ID:olD8QYaAO
>>386
司馬より池波の方が海外の日本オタに受けそうだ
構成もストーリーも巧みだし

個人的には山田の評判が気になるw

409 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:27:49 ID:bjRKARS50
井上靖が常にノーベル平和賞の候補に上がっていたのは納得だけど、
村上についてはよくわからないな。本当に候補に挙がっているの?

410 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:27:52 ID:EgwFrbjn0
>>402
そうか?
あの時代、女は奥で大人しくしてたわけじゃないんだよ
恋愛に関しちゃ、どっちも非常にオープンだったわけで

411 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:28:03 ID:Z6uX2/6nO
エロだのセックスだのポルノだの言われてるが
そんなに濡れ場無いだろこの人の作品
ノルウェーどころか>>23しか読んでないのバレバレだぜ?

412 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:28:33 ID:T+bo6jrK0
気持ち悪い変態エロ小説屋を受賞させるなアホ!
村上みたいなやつが受賞したら日本の恥じゃ!

村上みたいなやつは無視せーよ!

413 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:28:57 ID:dV4wZVTFO
>>254
寂聴は野郎ではない。

414 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:29:03 ID:XXUjcp4P0
20年くらい前からファンだけど単なる流行作家としか思ってなかったな
ノーベル賞候補とか言われだして?って感じになった
大体、平和とか平等とかそういうテーマと関係ないし獲れると思えない

415 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:29:55 ID:lfzpxHhuO
そろそろ綿矢りさがノーベル賞候補になるお(`ω´)

416 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:29:58 ID:bjRKARS50
>>402
源典侍を除くとは失礼な奴だな。年齢でOUTなのか?

417 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:30:51 ID:EgwFrbjn0
>>416
夕顔も娘いるのに簡単に股開いたしな~

418 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:30:58 ID:YxUlowM60
やれやれ。
僕は加納マルタの三三七拍子に合わせて激しく射精した。
ペニスは二分ほど茹ですぎたパスタのように脱力し
猫が「かっこう」と鳴いた。

419 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:31:55 ID:ey6T8N/J0
ノーベル賞か…

何度読んでも、村上春樹は、「異常に文章力のあるライトノベル」にしか思えない。

420 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:32:04 ID:Kv/8qGGl0
>>7
自分も書き込みしないよ!

421 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:32:14 ID:kPeYKyRQO
村上春樹は綿谷理沙がヴェテランになったに過ぎないww

422 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:32:22 ID:naCrvslu0
深い小説家ではないわな
ただ考え方が英語だから外国語に訳しやすいだけ
大した小説家じゃねーよ

423 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:32:32 ID:66GM5dZP0
民族や対抗、そのような政治性の強い小説は、
基本的に、その国の中で、同じ宗教の信者の中でしか読まれません。

彼の小説は、だから世界に受けるのです。
彼が階級や民主化や革命を語ったら、僕は読まないね。



424 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:32:55 ID:T+bo6jrK0
>>23
>マスコミは村上を絶対に批判しないけどさ

村上人気なんてマスゴミが自分らの身内なんで盛り上げてるだけ

なんでかわかるか?

それはマスゴミがエタヒニン産業だから

同胞の神戸芦屋のエタヒニンの村上を持ち上げてるだけ

425 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:32:56 ID:7sYbbRtxO
>>404
嫌いなんか一言も書いてないだろw
お前シナかどっかの留学生か?

426 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:32:57 ID:Z6uX2/6nO
つーか源氏物語って
イケメンならレイプも許されるって話じゃね

畜生

427 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:33:12 ID:Z9Y1aX600
エロ小説で取れるかっつーの

428 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:33:23 ID:E+U+KNaO0
韓国のニュース?

429 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:33:35 ID:a0xfhwjE0
>>408
池波正太郎は浅い気がした
水戸黄門みたい

430 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:33:36 ID:f8plmvOl0
日本が中国に侵略されて、「中国共産党支配への抵抗」を描く作家が現れれば
ノーベル賞をもらえるよ(w。

大江がもらえたのは「広島に原爆落とされて可哀想だから上げようか」だし
川端がもらえたのは「獰猛な軍国主義日本人じゃなくて雪国のうらぶらた売春婦のようにひっそりと生きてね」だし。

高度経済成長以降の日本は平和で豊か過ぎて葛藤がないからノーベル文学賞には無縁。
乱世になれば可能性が出てくる。



431 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:33:37 ID:mfR/3rJ/0
エロゲーみたいなのしか書いてないからだろ

432 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:34:16 ID:6/QaPyfs0
オリンピックみたいに地域で回ってくるからアジアの作家を選ぶ番になれば選ばれるんじゃないの

433 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:34:18 ID:1K8+pHRN0
>>425
アメリカ人だけどなにか

434 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:34:43 ID:R70/tB9L0
読ませる作家だね
読み始めると、止まらない。そして最後まで一気に読み中だるみが少ない。
でもそれだけ。
中身が無いのは、ここで多く語られているのと同意。
あと文章が下手。
こんなのがノーベル賞候補だなんて、日本のマスコミは頭どうかしてるんじゃないか。

435 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:34:45 ID:GHYOFsvN0
入院した時
病院の売店にあるのが、赤川次郎内田康夫村上春樹だったんで仕方なく・・・

売店はもう少し品揃えよく!

436 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:34:45 ID:FVSH/QmU0
>>416
あとで気付いた
…あの60の婆がいたか
旦那がいるのに光源氏と頭中将と両方やった
あと女房クラスでもうひとりいたな
でも基本的に出てくる貴女はみんな固い女じゃないか

いや軒端荻とかもいたかぁ


437 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:34:53 ID:bjRKARS50
>>426
朝顔の姫君を賛美する物語だよ。

438 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:35:39 ID:QD+Kt84z0
渡辺淳一とレベル的に変わらないんじゃないか。
どちらかというと渡辺の方が上かも。

それにしても三島の早逝が惜しまれる。

439 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:36:14 ID:w6j4McBCO
媚びた駄文だから

440 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:36:54 ID:2wnfWUoJO
小説なんかいい年こいてチマチマ呼んで
女にももてない
性欲とエロ妄想だけは満ち溢れたキモい俺だが
そんな俺が何にも大したことしなくてもなぜか色んな女にモテモテで
次から次へとヤりまくれる!という願望を村上春樹は毎回叶えて疑似体験させてくれるから大好きだ

俺にとっちゃ単なる便利な中2病的エロ小説家だから

ノーベル賞とか言われたら笑い転げる

441 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:37:54 ID:qLqHNBxk0
>>400
逆に、抑圧のない社会で
自分個人のモラルを守りつつ、どうやってモチベーションを上げて日々を生きていくか
ってのが、文学のテーマたりうる
だから村上春樹は読まれている

ノーベル賞の中の人も、そろそろ
ノーベル賞が権威として、国家という権威の抑圧と戦うってのは不毛だって
思い始めてると思うんだ

442 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:38:12 ID:ZbaWPoue0
何冊か読んだことはあるが、ノーベル賞ってレベルはさすがにな・・・

443 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:38:24 ID:7sYbbRtxO
>>433
なんだやっぱり外人かw
日本語が不自由なはずだわ
まあ文脈から勝手に都合よく解釈するバカはお前だけじゃないからしっかり日本語の勉強頑張れよw

444 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:38:31 ID:Uw9qNZCA0
>>430
大江はスウェーデン大使館への営業が熱心だったから

445 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:39:38 ID:uZvDU6xc0
くだらないニュースだな
シナ、チョンに汚染されすぎだろ
もっと相応しい作家たくさんいるぞ

446 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:39:40 ID:Q2zsMwY00
よし、電撃大賞をやろう

447 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:40:01 ID:qI+EeQab0
>>94
>村上春樹は、
>”誰も文句のつけようのない正義を楯に、立場の弱いものに権力をふるう存在”
>ってのが死ぬほど嫌いなんだろう
だとするとちょっとだけ春樹の事好きになったわ。
アグネス氏ね

448 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:40:03 ID:EgwFrbjn0
>>426
イケメンならマザコンでヤリチンでも許されるって話だな
あ、金持ちってのもポイント

身持ちが堅いっつーても、イケメンならホイホイやってる
女ばかりじゃないかねぇw

449 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:40:08 ID:FVSH/QmU0
>>441
でもやっぱノーベル賞は難しい気がするねぇ
やっぱ政治的な姿勢が求められるんじゃね

450 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:41:05 ID:CPFGwAIt0
おまえらノーベル賞に関するスレにいるってことは
どういう作家がその賞に値するかは言えるんだよな?

451 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:41:10 ID:RbpxN9XGO
やっぱ、女子供には読めないものを書かないとな
女子供が読んでる時点で駄目

452 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:41:38 ID:jvn2Oaak0
薄っぺらいポルノ小説

453 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:42:18 ID:UtiB6PzZ0
>>448
作者女ってのがまた説得力あるよなw

あと春樹をラノベだエロゲだっていうヤツは
最低そのタイトルを上げてここが似てるって指摘してくれ

454 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:42:33 ID:FVSH/QmU0
>>448
別にイケメンだからホイホイやってるわけじゃないだろ
レイプされたら付き合うしかないんだよ

玉鬘は隙をついて髭黒大将にやられちゃったから
奪われちゃったじゃないか

455 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:42:38 ID:mJCB2VivO
村上朝日堂シリーズは面白いよな

456 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:43:00 ID:zfNMCKXYO
安部公房こそ取って欲しかったね

457 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:43:47 ID:+DoI2Ym20
>>26
こんな感じで『1Q84』もあらすじ頼む

458 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:43:51 ID:1K8+pHRN0
おまえらが否定したい気持ちも分かるけど
この小説が売れない時代に新作を出せば必ず売れる村上春樹はやはり別格だよ
もちろんそれとノーベル賞とは違う次元の話だけど、コピペまで貼って
必死で叩いてるやつはチョンにしか見えない

459 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:44:15 ID:lhkY1a9C0
芥川賞をとってないけど、
べつに芥川賞の批判はしていないと思うが

460 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:45:05 ID:CPFGwAIt0
こういうスレで「ただ○○だけは面白い」っていう意見はよく出るんだが
挙げられる作品がいつもバラバラなのはなんで?w

つまり全作読むような必要はないってだけじゃん

461 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:45:22 ID:JNsznc7f0
大江と同じくらいどーでもE

462 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:45:51 ID:EgwFrbjn0
>>453
そうそうw女だってところがねw

>>454
その玉蔓も最初イケメンヤリチンおっさんにヨロヨロしてたよな~wwww
さっすがビッチの娘。

463 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:45:57 ID:ey6T8N/J0
>>453
ライトノベルの例?

つ「1Q84」

464 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:46:01 ID:jJLziyMF0
昔読んだ、1973年のピンボールとかいうやつが
超絶クソだった。
ちょっと長めの文章かける学生が文才ひけらかすために書いたような、
全く中身のない、読者に何の感動も与えない駄文だった。
ポパイとホットドッグプレスしか本読んでない学生が長めの文章書いたら
こうなるんだろうな、という。
それ以来こいつの本は表紙見るだけで虫唾が走る。

465 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:46:15 ID:RbpxN9XGO
>>456
すごいよな
東大医学部だっけ
何回読んでも、何書いてるか、さっぱり分からんもんな(笑)
凡人の俺らには
生きてりゃ、間違いなくノーベル賞候補だろな

466 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:46:27 ID:Q+GpYXsg0
作家にとって最高の賞は多数の読者がいることさ。
ノーベル賞の権威なんかどうでもいいじゃん。

467 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:46:28 ID:TKOcJUIt0
>>126
ノーベル賞はスウェーデンで決めてる。
だから、ノルウェイの森じゃ受賞できない。スウェーデンの森にすれば受賞できた

468 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:46:31 ID:XDDC4LJk0
三島由紀夫がノーベル文学賞候補に何度もあがりながら受賞できなかったのは、
日本国内の左翼文化人達と欧州選考委員が三島由紀夫の
ナショナリズムを恐れ妨害したのが原因だったことは有名だ。

469 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:46:41 ID:IFG8uE5T0
>>444
安部公房の代理受賞じゃないの?
どう見ても大江じゃあ川端安部と比べて1ランク落ちるよね
逆に大江でもいいなら春樹でもアリとなってしまうが

470 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:46:42 ID:Xl7iz1vu0
村上春樹なんて全然読んだ事ないけどセーラー服と機関銃だっけ?
萌え小説っていうか少女もの印象しかないんだが全くの自分はド素人

471 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:46:52 ID:2Ota6rog0
じゃあ聞くけど
ヒトラーを叩けないか

472 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:47:14 ID:hc6PcWVs0
国内マスコミが異様に盛り上げすぎなんだよ。
どこの出版社や新聞社でも
「取って欲しいねえ。初の私大出身受賞者ですもんねえ。」って。
アホかと。

473 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:47:24 ID:U7P0+yZyO
ここまで意地で読まなかったので、読んだら負けかなと思っている>>1

474 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:47:42 ID:fl4IIzpI0
1973年のピンボールが最高傑作で、それ以外はほとんどゴミ

475 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:48:43 ID:2+kyluzcP
ナメクジ飲んだ先輩と、だしまき卵のフライパンのために
毎日ブラを手洗いする女子高生。
短編にもなった「蛍」の部分はまだいいと思うんだけどね。

476 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:48:43 ID:TKOcJUIt0
>>128
90年代のトレンディドラマ(w)のセリフ「わたし、彼と寝たわよ」とかいうようなことを平気でいえる人にはピッタリなのかも

477 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:49:01 ID:OuN96Fkv0
日本の古典からラノベから村上春樹から海外の古典までまんべんなく楽しめる俺が勝ち組
好きなの読んでおけばいいじゃない

478 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:49:17 ID:FVSH/QmU0
>>462
玉蔓は源氏が親代わりと言いながらスキンシップするから
困惑してたし、自分の身を嘆いてたじゃないか

479 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:49:37 ID:n6Vebt6U0
通勤電車とか歯医者の待合室で読むにはいいんだよ村上は
途中から読み始めてもすぐにストーリーの中に入っていけるし
途中で読むの止めることになっても名残惜しいなんて気持ちもなく本を閉じられる
この人の作品はBGMみたいなもんだと思うよ

480 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:50:00 ID:bjRKARS50
>>453
源氏物語は弘徽殿大后が中心となっている物語だよ。
たぶん、写本されているうちに柔らかい内容に改作されていったと思うけど、
あの部分が一番書きたかったんじゃないの?

481 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:50:16 ID:woKwPiqI0
ノルウェイの森はつまらん。
彼の傑作は、世界の終わりとハードボイルドワンダーランドだ。


482 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:50:51 ID:CLt86lgLO
二人の女に経済的理由で中絶させといて
平気で無職を続けてるおっさんが
純粋でいい人扱いされてまた別の若い女達に
ちやほやされるねじまき鳥は
ラノベというよりもはやダメ男の願望

483 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:50:55 ID:n+UsKBFx0
話題って…

484 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:51:06 ID:21KaMCeMO
何となくだけど、ミステリー好きの人間はこの人の本苦手そう

485 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:51:18 ID:IFG8uE5T0
>>474
万延元年のラグビー見て万延元年のフットボールと1973年のピンボールが書かれたんだっけ

486 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:51:20 ID:VmS1fMH10
受賞しないからこそブーム続けれるんだろw


487 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:52:06 ID:j+HXh+rT0
そもそも売れてる作家が取るものなのこれ

488 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:52:11 ID:CPFGwAIt0
これだけはいい、あれだけはいい
そんな感じで挙げる作品がみんなバラバラなのはなんでよ
そこ説明できないで、駄作だのなんだの言ってるってことには気づいてんだろ?

誰が正しく読めてんの?

489 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:52:32 ID:AjDPusMi0
2ちゃんねるだと春樹ぼこぼこなのになんで売れるんだ

490 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:52:37 ID:wiFFzrD40
>>218
あの作家の本はどれも、
長編を一気に読ませるよね。
私も父が持ってたのを全部読んだ。

491 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:52:48 ID:D/rDZoE5O
村上なんてライトノベルだもの。
内容も相変わらずみな同じの大衆小説だからウケるよね。
比べ物にならん文豪が世界にはまだまだたくさんいるよ。
村上が受賞出来ると思っている人達はリョサの作品を読んでみたのかな。
無理だと思ってるけど万が一受賞したらちょっと恥ずかしい。

492 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:52:52 ID:EgwFrbjn0
>>477
えー。もさいオッサンに処女奪われて茫然自失で
後になってなんで身を預けなかったかと嘆いてたじゃんw

最初はレイプか知らんけど三宮もたいがいだしな~。
身持ち堅いのなんてヤリチンの妻に納まった人たちくらいじゃん。

493 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:53:01 ID:jRZ5tYwa0
シーシェパードの太地町へのイルカ漁のネガキャン
支援よろ
http://www.youtube.com/watch?v=PpZjM3ZSzOY

494 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:53:09 ID:1K8+pHRN0
>>443
おまえ何がそんなに嬉しいの?

495 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:53:19 ID:UtiB6PzZ0
>>488
そんなもんどの作家だって好きな作品は意見割れるだろ

496 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:53:22 ID:gbxnyHjD0
たぶん、つまらないからでは

497 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:53:29 ID:oV91TWkC0
吉本ばななの方が獲れそうだけど?
村上はつまらないのは分かるんだけど、この賞って劇作家とか詩人も対象だけど、
そういう人で対象になってる日本人いないの?
あと映画の脚本家は対象にならないの?

498 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:54:03 ID:IIjxHvfy0
村上春樹は英訳版でも村上春樹の文だとわかる
その個性が認められるはず

499 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:54:04 ID:+5PLCmzx0
春樹が受賞したところで彼の小説の価値が再発見されるわけでもなし
受賞しようがしまいがどうでもいいこっちゃな

500 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:54:41 ID:gsRRCMaC0
マリオ・バルガスリョサって「緑の家」の作家だっけ?


501 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:55:03 ID:wiFFzrD40
>>231
芥川だって
賞がほしい、批評が気になる
って人だったしね。

批評が気にならないような人は
そもそも、作品を商業的に発表しないと思う。


502 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:55:05 ID:CPFGwAIt0
>>491
あなたにとっての次のノーベル賞候補は誰?
読んでみたいんで教えてくれよ

503 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:55:09 ID:hbDuJJTJ0
読みやすいけど、中身がない。
酒飲んで、洋楽聞いて、パスタ茹でて、射精してるだけ。

504 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:56:17 ID:EgwFrbjn0
あ、レス番ミスった。478宛だ。

まぁどうでもいい。
源氏物語じゃなく村上春樹が何故ノーベル賞を
受賞できないかだよなw

505 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:56:20 ID:R70/tB9L0
大江で取れなきゃ現存する作家では誰一人ノーベル賞取れなかっただろ
きちんと全集読んだのか?
確かに安部公房はすばらしいが、国際的な賞に値するほど普遍のテーマを扱っていないと思う
どちらかというと、偏りすぎて万人に受け入れられるのは難しい
両者ともに村上など足元にも及ばないのは当然だが

506 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:56:27 ID:OuN96Fkv0
>>495
ノーベル賞の自然科学部門に関しては「誰がもっとも取るべきか」という意見に関しては割れるけど
誰かが取ったとき、「この人が取るに値する業績を残したか」かという点ではあんまり割れない。
だけど文学に関しては後者でさえ割れてる印象がある。

507 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:56:30 ID:2Ota6rog0
ここで村上をぼこぼこにしている人たちは
いい加減彼の流行ぶりが全世界に波及している
その異常さ、異様さに早くから気付いて
いらだっている人たち。
ぼくもそうだけど

508 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:58:11 ID:JsM3quAU0
文学って表現使われるとよくわからんな
話が面白いか面白くないかで振分けてる俺みたいな文盲としては
で、ノーベル文学賞ってのはすごいのか?
すごいとして、そのすごさの中身は何?
例えば化学賞なら100万年かけてその中身を説明してもらえば理解できるかもしれないが
文学賞だと無理だろう
感性が決定的に違うとそれより先には進めない

509 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:59:02 ID:y91xO8sVO
シドニーシェルダンやサリンジャーはノーベル賞を取ったの?

ただの小説家にノーベル賞は意味が分からない。

これならスティーブンキングにあげた方が良いと思うわ

510 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:59:18 ID:1K8+pHRN0
>>507
売れてる作家を叩いてりゃ、なんとなく俺ってカッコイイ

511 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:59:35 ID:CPFGwAIt0
>>507
なにそれw 早くから気づいてる俺(キリッかよw

それはさすがに恥ずかしい

512 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 10:59:59 ID:SZzOE9oI0
ノーベル賞か欲しいな。何か書いてみるか

513 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 11:00:44 ID:UtiB6PzZ0
>>506
そもそも小説の評価基準なんて何もないんだ
批評家の本読んでも、どいつもこいつも好き勝手な尺度で決めてる
物理でたとえるなら、勝手にそれぞれが単位や公式を決めてそれで判断してるって感じ

だから結局、小説の評価なんて多数決で決めるしかない
それも数十年単位の
たとえ流行作家だって、それだけ残れれば本物なのは間違いない

514 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 11:00:46 ID:woKwPiqI0
>>506
芸術部門と、自然科学部門では基準が絶対的・普遍的な条件であるかどうかで全くことなるからな。
その点、平和賞や経済学賞も同じかも。


515 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 11:01:06 ID:R70/tB9L0
ノルウェーの森は確かに読ませるが、サリンジャーとドストエフスキー読んだ人にすると腹が立つレベル
先人の作家に敬意を払い、それを昇華させた作品と言うなら別だが、俺に言わせるとただのパクリだもんな

516 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 11:01:32 ID:cMMXDs9f0
>>1
残念ながらノーベル賞を取れる程ではないからだろう。

517 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 11:02:19 ID:TKOcJUIt0
>>512
酒飲んで、洋楽聞いて、パスタ茹でて、射精してる話以外のことを書けばノーベル賞もらえるかも

518 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 11:03:01 ID:CPFGwAIt0
ちなみに来年のノーベル文学賞候補は誰よ、おまいら

519 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 11:03:14 ID:zmPBwllnP
>>491
たださー、爆笑問題の太田もそうだけど、村上春樹を批判するときに、
「人間が描けていない」「薄っぺらい」「リアルじゃない」とか言っても、
何か的外れに感じちゃうんだよなー。

だって、そういうことがテーマの小説なんだもんっていう。
春樹を批判するときに「自分の殻に閉じこもってないで、外に出ろ。
世界を知れ」なんていうのは簡単なんだけど、それじゃ春樹作品の
テーマを捨てちゃうことになるんだよな。非常に大きなジレンマがある。
で、読者が春樹に期待してるのは、「外へ出ろ」なんていうありきたりじゃない、
革新的な解決方法なんだよ。まぁ、難しいわな。
正直、春樹じゃ無理な気がするよ。
それはもっと新しい世代の仕事じゃないかと。

520 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 11:03:15 ID:oVZimIX0O
これも80年代文化の流れだけど
外国人は日本の80年代が潜在的に嫌いなんだろうし
ノーベル賞とかとは兎角相性が悪そう

それに村上春樹自身は80年代的な日本文化とは距離を持ってるつもり
多分、アニメとかは嫌いで外国を巡る旅に出てる

だからノーベル賞はちょっと欲しいはず

521 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 11:05:01 ID:u76DutizO
大江とか中学生のときに少し読んだけど、ただひたすらにエロくてグロくて意味が解らなかったなぁ。

あの頃は猿だったからノルウェイの森でもオナニーしていた。


30過ぎた今でもできる自信はある(キリッ

522 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 11:05:07 ID:VmS1fMH10
>>518
かまちー

523 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 11:05:18 ID:UUpQncES0
>374
セックス描写の無いのが殆どとか、読んでねーだろw
こいつの小説って意味不明なところでファックシーンが執拗に書かれててうんざりする

524 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 11:06:00 ID:7sCDRdMj0
>>505 >確かに安部公房はすばらしいが、国際的な賞に値するほど普遍のテーマを扱っていないと思う
普遍的だろう。
わざわざ主人公を任意の人間に還元してしまったような作品が多い。
だから逆に一部で非難されてたのが、東洋性や日本的といったオリエンタリズムの無さであった。
安部は晩年に文学は嫌いだといって創作を余りしなかった。受賞しなかったのはそこらも関係してるのでは。


525 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 11:06:05 ID:bjRKARS50
>>518
石牟礼道子

526 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 11:06:21 ID:CPFGwAIt0
カフカ賞、ノーベル文学賞ともに取った作家が2年続いた
その影響もあって村上春樹も候補になってるのか?教えてえらい人

527 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 11:06:31 ID:SZzOE9oI0
>>517
金正恩の生活について書いてみることにしたよ
題名は秘密、何もかも秘密。面白そうだろ?

528 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 11:07:53 ID:woKwPiqI0
ノーベル賞って生きている人じゃないと授与できないんだっけ?


529 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 11:08:18 ID:1zygMjez0
>>366
おい、ナイーブはちゃんと日本語にしないと駄目だろ
英語のナイーブは「世間知らず」「甘ちゃん」の意味なんだから

530 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 11:08:54 ID:Fdm66lm10
ノルウェイの森が流行ったときにちょっと読んでみたが、正直言って文学ってよくわかんね
女性に人気なのかな

531 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 11:09:43 ID:R70/tB9L0
大昔、庄司薫がサリンジャーのパクリ疑惑持たれて断筆したが、
彼の文章を読めば、語り口が多少似てようと、パクリ疑惑など作品を読んでない連中の難癖だと分かる。
それに比べれて村上は・・
いろんな作家のコラージュ作品として、ある意味新鮮だったのか?

532 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 11:11:36 ID:4u57kFcz0
顔じゃないよ!

533 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 11:13:56 ID:qLqHNBxk0
>>525
共産党シンパじゃんか
サヨクは平気で嘘をつくって典型的な奴だな

いいかい
水俣病は、魚の内臓を大量に食べた人たちしか発症しなかった
食生活の問題だ

なのに、石牟礼道子は、それを重々知りながら
サヨクの政府批判に利用させるために
大ウソを書いて、水俣の人々に風評被害で死ぬ思いをさせた

慰安婦問題と同じだけど、当時、水俣出身者が嫁ぎ先で言われのない中傷されたりとかした分
はるかに罪が重い

534 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 11:14:13 ID:CPFGwAIt0
>>531
庄司薫もサリンジャーも春樹もヴォネガットもなんでも好きだぞ

535 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 11:15:41 ID:D/rDZoE5O
>>388
サイボーグ009もお忘れなく

536 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 11:18:47 ID:a0xfhwjE0
>>507
その通りだな、日本のマーケティング手法を活用した文学詐欺が世界にばら蒔かれていることに対する危惧

537 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 11:19:34 ID:8OA7H5dl0
「受賞できない理由」ってw

バルガス=リョサのほうが大物で年も上だからだろ?

538 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 11:19:56 ID:WzGAJWkg0
村上春樹というのは、アメリカの小洒落た小説を日本版にリライトしている
ような感じだろ。だから、日本人にとっては少しお洒落で読みやすい。
海外に持って行けば外国人にとっても分かりやすい。
しかし、だからこそ、海外に持って行くと、普通の小説ってことになる。
むしろ、日本に駐留してる黒人海兵隊員とエロいことしまくる日本人女の
話の方が、エキゾチックで海外では受けやすい。
だから、ノーベル賞に近いのは、むしろ山田詠美。    分からんけど。


539 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 11:21:05 ID:XOjykv1A0
村上春樹の小説は
所詮大衆小説だからね・・・

540 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 11:22:08 ID:WNkU7oJ60
>>536 そんなのやれるんだったら、第二第三と養成して出せばいいじゃないか。
ジャンプの漫画家養成法みたいにやって。
それが出てないという事は売り出し手法としては確立はしてないんだろうと思うよ。


541 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 11:23:05 ID:QyRh7MaE0
村上春樹の小説を大層な感じで持ち上げる輩とは会話しないことにしている

542 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 11:23:08 ID:LbKIR0jtO
>>531
デビュー当時に言われたのはヴォネガットだっけ?

543 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 11:24:00 ID:zmPBwllnP
忘れちゃいけないのは、村上春樹はノーベル賞とってないけど、
ノーベル賞候補には毎年なってるってことだろ。それだけでもはや、
重要な文学作品として認められてるってことだろ。
そこに疑問の余地はないよ。

544 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 11:24:25 ID:qLqHNBxk0
>>507
だったらなんで、サリンジャーが世界中で読まれた異常さと異様さにいらだたないんだ?

”自分のカバンと同じブランドのカバンを持っているかどうか”が
人とつきあう判断基準になってることが、嫌すぎるんだけどしょうがなくて
荒れてしまうしかない青年の話が、世界中で読まれるなんて変だろう?

545 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 11:24:58 ID:AZNulCCQ0
部分部分の言い回しは面白いし強く印象に残る。
だが作品全体になるとあまり印象が残らない。

546 名前:名無しさん@十一周年[ ] 投稿日:2010/10/11(月) 11:25:18 ID:EuIOkk240
芥川賞取れなかった理由は軽いから?

547 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 11:25:39 ID:f+0sdhchO
大江健三郎みたいに裏工作しないとね


548 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 11:26:13 ID:lIA54kJy0
>>546
アメリカっぽいから

549 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 11:26:39 ID:D/rDZoE5O
>>345
テクニックなのか、毎度お馴染みあのさらさらした隠喩がもうだめ…
自慰行為みたいで。

550 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 11:26:58 ID:bjRKARS50
>>533
まぁ、受賞する要素が一番整っている人だからなぁ。個人的な感情はともかく。
でも、猫とか読む限り、そろそろやばそうだから、早めに受賞させてあげればいいのに。
十六夜橋あたりを代表作として、苦海浄土あたりを付帯理由として。

551 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 11:27:17 ID:9vLyKkRd0
澁澤龍彦のほうがリアル

552 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 11:27:21 ID:WNkU7oJ60
>>546 当時の選考委員が大江だったからじゃないのか。反対されたそうだぞ。マジで。


553 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 11:27:51 ID:oVZimIX0O
ハハ、小沢一郎と同じくらい叩かれてるなw

554 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 11:28:15 ID:SFizqmOfO
なんかぼんやりしてるんだよな

555 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 11:28:48 ID:tchq6gdo0
大江健三郎、、、左翼のおっさんでしょ?www
天罰は息子の池沼www

556 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 11:29:16 ID:2MRSd7C2O
大江みたいに、内容は無くとも翻訳し易い文章じゃないと。


557 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 11:29:22 ID:qLqHNBxk0
>>550
他人の不幸をネタにして賞をとるってのがサヨクだからねえ
江川笙子とか

サヨクなんか、死ねばいいのに

558 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 11:29:38 ID:lIA54kJy0
>>552
2回目にノミネートされたときは支持にまわってるんじゃなかった?

559 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 11:29:48 ID:Ze83F3d7O
>>543
> ノーベル賞候補には毎年なってるってことだろ。

これが本当かどうかって何処でわかるの
各賞野の候補リストって発表されてるの?

560 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 11:30:58 ID:PNmjqc9gO
コイツの小説って中身無いんだよな。
好きな奴がいるのもわかるが俺は苦手だ。

561 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 11:31:40 ID:CPFGwAIt0
で、来年ノーベル賞候補になりそうな作家挙げられる人いないの?
ぜひ読んでみたいんだが。

562 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 11:32:35 ID:a0xfhwjE0
>>540
それを目指す作家がいないからだろ
ラノベともまた違う文学「詐欺」なんだから
文学を志す人間はそれほど馬鹿じゃないということだろうな

歌謡曲の世界では90年代後半にコムロ方式というのが確立した
いわく
・サビを頭にもってくる
・カン高い女性ボーカルで脳天を刺激する
・ファッション
カン高い女性ボーカルでCMや街頭店舗でサビを流しまくるという手法で数々のアーティストが世に出た
安室ナミエ、矢井田瞳、椎名林檎
その後男性ボーカルにもこれを応用
河村隆一、ゆず、コブクロ

歌の世界は流行が速いし量産できたがそろそろ飽きられてきた
文学の世界では騙される人間は少ないんだから、よほど手の込んだ詐欺じゃないと成立しない
だから同じ手口は使えない
それだけのことだ

563 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 11:33:08 ID:9RGku/2s0
>>559
同意


564 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 11:33:36 ID:1i5oUkTp0
>>48
俺も読んだがエロ小説というより、エロゲという印象で読み終わってしまった

565 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 11:33:55 ID:clxol1r60
>560


本筋とは関係無い説明とか描写の部分が長すぎるんだよな

566 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 11:34:34 ID:NvTMClKp0
おまいら大江が何でノーベル賞もらったか知ってるか?
息子が知的障害者なのに、隠さずに育てたからだぞ。
大江の文学なんか何にも関係ねえ。


567 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 11:34:44 ID:SZzOE9oI0
売れ過ぎちゃってノーベル賞あげるにあげられないって事じゃね?

568 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 11:34:45 ID:y6uKmi8k0
>>562 新人賞応募作品は、かなりの長期間ハルキ文体ばっかりになってしまって
往生してたと言われてるぞ。そんなもんだろう。


569 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 11:34:55 ID:1K8+pHRN0
>>562
あんた誰に頼まれてそんなに頑張ってるの?

570 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 11:35:10 ID:cKFf9oSe0
文章なら本多勝一「日本語の作文技術」だな


いま僕自身が野間宏の仕事に、喚起力のこもった契機をあたえられつつ考えることは、
作家みなが全体小説の企画によってかれの仕事の現場にもちこみうるところの、この
現実世界を、その全体において経験しよう、とする態度をとることなしには、かれの職業
の、外部からあたえられたぬるま湯のなかでの特殊性を克服することはできぬであろう、
ということにほかならないが、あらためていうまでもなくそれは、いったん外部からの恩賜
的な枠組みが壊れ、いかなる特恵的な条件もなしに、作家が現実生活に鼻をつきつけね
ばならぬ時のことを考えるまでもなく、本当に作家という職業は、自立しうるものか、を
自省する時、すべての作家がみずからに課すべき問いかけであるように思われるので
ある。

ー大江健三郎「職業としての作家」

悪文の代表として挙げられているが本当にひどい
文章だな

571 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 11:35:22 ID:qLqHNBxk0
>>560
だったら、橋田寿賀子先生脚本のドラマを見ればいいよ

先生は、
「役者の演技で書いてないことが伝わるとは思わないから、
伝えたいことは全部、セリフにかいてあるの」
とおっしゃってる

ものすごく中身が詰まったドラマだよ、皮肉じゃなく
行間を読むとか、心を遊ばせるとかいう無駄を、視聴者に一切させないドラマだ

572 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 11:36:10 ID:DKNLxiZR0
>>47につきるよな!
テレビ映像見たら、会場でユダヤ人たちがビックリしてたぜ!
あれをもし米国の作家が同じこと言ったら、完全に干される。
春樹文学読んだことないけど、骨のある男であることは認めた。

米国の大学では最前列にユダヤ系の学生が陣取って、教授の一言一句をチェックしてるらしいよ。
ユダヤ批判、イスラエル批判、ドイツ擁護すrば、干されるってよ。
ある意味、上朝鮮よりこわいことだわな?。



573 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 11:36:19 ID:RWf/lgWQ0 ?2BP(10)
売れる作品と文学として価値のある作品とは別ってことだろ。
村上氏のは紛れもなく前者。それ以外の何者でもない。

574 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 11:37:07 ID:a0xfhwjE0
>>569
広告屋が芸術を汚すのが我慢ならねえだけだよ

575 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 11:37:36 ID:y6uKmi8k0
>>564 その当時エロゲはまだ殆んどなかったのではないか。
あったとしてもストーリー性重視の凝ったエロゲではなかったと思う。
内容エロゲだとしても先にやったのは凄いな。
ハルキは遅れて生まれてきてたら、文学などせずにヘビーなエロゲユーザーか
エロゲ製作者になってたのかもね。


576 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 11:38:34 ID:E2Ajc1zV0
青色LEDを発明したやつと一緒の理由だろ
がめつい内はだめ

577 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 11:38:53 ID:r4+rNcfU0
ライトノベル作家だよこの人は

578 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 11:40:25 ID:oVZimIX0O
要するに、あの連中に目をつけられたわけか

579 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 11:40:31 ID:RbpxN9XGO
主人公がモテすぎるのがなぁ…
ファンタジー小説家なんだろ?
醜男のくせに醜男が主人公なのは書かないわけ?
リアルとはいえんな

580 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 11:40:40 ID:L1fuJJ4r0
バルガスリョサも30年くらい前から候補に挙がってて
忘れられた頃になってようやく受賞した。
村上春樹もあと15年くらいしたら、順番が回ってくるんじゃないの。

581 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 11:41:21 ID:1K8+pHRN0
>>574
純粋な芸術が存在するとでも?
仮ににあったとしても営利団体なくして一般に広めることはできない

582 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 11:42:36 ID:R70/tB9L0
まぁ本人も東京奇譚で読ませるための小手先のテクニックに言及してるし
内容がどうあれ、読者を惹きつける小技には腐心しているようだ
そういうネタばらしは中身の伴う作家なら興味深いが、村上の場合やっぱりね・・と思ってしまう

583 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 11:42:45 ID:KBysYr7yO
>>570
まじで日本語でお願い

584 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 11:42:49 ID:CPFGwAIt0
エロゲ・ラノベが好きなやつが春樹を読んで似てるって感じるのは
制作者が春樹に影響を受けた人が多いかららしいよ セカイ系とかってやつか。
ストーリー重視の人はラノベ読んでりゃいいと思う。

585 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 11:43:54 ID:y6uKmi8k0
>>570 それ大江の文章?
ハスミが大江を長く嫌ってたが、読点付けずにどこまで書けるかの日本記録を
両者で争うという競争で密かにライバル視してたからではないのか。


586 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 11:44:06 ID:AGKbjcdj0
普遍的なメッセージ性という点では社会派松本清張なんかどうよ? もう逝ってもうたけど

緑の家って日本人が黒幕悪役っしょ?

ハルキも中国の横暴と人権抑圧をあの文体で描いたら いけるんじゃないか?

587 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 11:44:08 ID:bjRKARS50
津島佑子がノーベル文学賞を取れるとは思えないからな。
まだ、村上の方が可能性は高いよな。

588 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 11:45:20 ID:R70/tB9L0
>>566
で、お前は大江の何を読んだんた?
やつの文筆生活は長いから、初期、中期、後期とまったく別ものだが、各々の代表作くらいは読んだのか?
また多くのエッセイや寄稿もあるがそれらは?
お前に大江の何が分かる?

589 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 11:45:40 ID:bqB6dsFwP
>>7
よし解った今後は>>7を監視することにする

590 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 11:45:50 ID:a0xfhwjE0
>>581
極論馬鹿Z

音楽ももう少しマトモになるといいね
みんなが詐欺師の手口を知って賢くなることも、大事だと思うよ

591 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 11:46:35 ID:w+rJjWIU0
うん、村上の小説がノーベル賞向きとは思えないんだな。
ノーベル賞は人類平和に貢献っていうテーマがあって、
平和に貢献したり、少数民族の言語で文学を書いて、その言語の
価値を高めた作家とかが高く評価される。

大江健三郎は小説よりも政治的発言が評価されたんだろうし、
村上はああやって大声で外で叫ぶのではなく、作品の中に
わりとひっそりとメッセージが込められていることが多い。
それも分かる奴にしか分からないような。
一部の批評家だって分からないようなレベルだ。
あんまりノーベル賞向きの作家じゃないと思う。
まあ順番で日本から誰か受賞させたいって意向があれば、
可能性はあるだろうが。

592 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 11:46:44 ID:dEQcb4yL0
>>584
エロゲラノベ死ぬほどもってるけど、全く似てねえよ
KEYとか上辺は真似使用としても紛い物以下
正直あれらと一緒と思うなら自分の読書眼を疑ったほうがいい

593 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 11:46:45 ID:p5CmuhXEO
春樹がノーベル賞?

ハルキスト必死すぎ

594 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 11:46:48 ID:N4qAj3ww0
村上春樹がノーベル賞もらえないのは当然。平凡なストーリーテラー。
もし村上がもらえるんなら司馬遼太郎が先にもらうべきだった。

大江健三郎がノーベル賞を貰ったのは異常。選考員に見る目がない。
大江は「ノーベル賞を貰うためにあらゆる努力をする」と宣言してから
「日本語は不完全な言語だ」とか「日本の文化は西洋のような格調高さがない」など
日本の悪口を言い続け、選考員にひたすらゴマをすったおかげで賞を貰った。
また作品の内容、文体、ストーリー構成は20代の頃とまったく変わっておらず、
ただ主人公が性格や性別を変えただけの金太郎飴のような作品群。どれでもいいから
適当に一冊抜き出して読めばあとは読まなくてもいい。ぜんぶ同じだから。

おれが選考員ならノーベル文学賞にえらぶのはダントツで開高健。
初期の作品は平凡な作家だったが、ベトナム戦争の従軍作家として最前線に突っ込んでいって
その部隊がほぼ全滅し、奇跡的生還をした後の作品「輝ける闇」から作風、文体がまったく変わった。
作品の数は少ないが、「夏の闇」は各国で翻訳され高い評価を今も受け、世界文学最高峰とまで
言われている。
もし彼が、喉頭がんで死んでいなければ大江などは足元にも及ばず、間違いなくノーベル賞を取っていた
ことは間違いないだろう。あまりにも早い死が悔やまれる。


595 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 11:47:06 ID:wpba1+b40
>>571
必要最小限ものを提示して、読者に想像させるのが「行間を読む」じゃないの?
修飾過多な文章から、読者に必要な部分を探させるのとはちょっと違う。

596 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 11:47:46 ID:vWsg85DI0
>>47
「どんなに壁が正しくても、どんなに卵が間違っていても、わたしは卵の側に立つ。」
これは問題発言だろ。
全部読んでないけど文脈関係なしに、この発言はおかしいだろ。

こんな言葉に関心してるやつはバカ。

597 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 11:48:12 ID:oVZimIX0O
ノーベル賞が詐欺だという可能性は?

598 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 11:48:17 ID:1K8+pHRN0
>>590
馬鹿ときた時点でお里が知れるな
所詮、他人の受け売りの知ったか自慢か

599 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 11:48:49 ID:AGKbjcdj0
大江の安部公房代替受賞は有名な話

おいらは安部と大江を読んでみたが 安部のほうがふさわしいと思った
安部の講演はなんちゃあ言うことのできぬ異様さがあったが

600 名前:C[^⊥^] b [] 投稿日:2010/10/11(月) 11:49:44 ID:eRiZ0AQt0
やっぱり「ライ麦畑でつかまえて」の影響と言うかすっかり染まっているのかも・・

で、サリンジャーは受賞はしてないだろ?

はてさてノーベル賞の方向性は違うと見たが如何に・・・


601 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 11:50:17 ID:qpi71a91O
何気にこのスレは勉強になるな
次読みたい本がスレ見てるだけでどんどん出てくるわ

602 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 11:51:08 ID:jMnDjEvyO
>>7
+では昔から話題雑談系のスレが必ずある
そういうの無くなったら政治工作員とウヨサヨキチガイだらけで一般人ますますいなくなるよ

603 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 11:51:18 ID:R70/tB9L0
>>594
司馬遼ってあんた・・・村上の対抗に名前出すにしても、あんたの底の浅さがが知れるよ
あと開高も良い作家なだけに名前出して欲しくないね
ノーベル賞と絡めて語られる作家じゃないだろ

604 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 11:51:39 ID:G5buKRAB0
>>1

選考委員に新鮮な驚きを与えることができなくなった作家に受賞はない。

605 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 11:51:49 ID:P3xqmJqL0
>>1
これのどこがニュースですか?>影の軍団ρ ★ = ヨハネスブルグ恋物語φ ★ =名無しさんφ ★


606 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 11:52:10 ID:CPFGwAIt0
>>596
どこまで読んでおかしいって言ってるの?kwsk

607 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 11:52:21 ID:HtZABXQi0
>>457
174 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2010/10/07(木) 17:26:55 ID:qXoAxUkh0
1Q84あらすじ

俺は三十前のしがない予備校教師。
年上のセフレと毎週オマ○コしているお。

少女の書いた小説を手直しして出版したら大ヒットだお。
でもそれが祟ってカルト教団に追われるようになったお。
とりあえず少女とオマ○コしておくお。

私は三十前のしがないフィットネスインストラクター。
ハゲた男性が好みだお。バーでオチ○コ漁りとかしちゃうお。

カルト教団の幼少女暴行常習犯教祖を暗殺しちゃったお。
でもそれが祟ってカルト教団に追われるようになったお。

せっかくだし2人で逃げるお。
あなたが少女とオマ○コしたせいで、私、孕んじゃったみたいだお。
まぁとりあえず再会を祝ってオマ○コするお

終わり

608 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 11:53:45 ID:lehUTT/v0
まぁもし今年選ばれてたら映画ノルウェイの森の宣伝かと思われただろうな
きっと買収されたんじゃね?とか広告じゃね?とか言われることになっただろう

609 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 11:53:50 ID:Ze83F3d7O
で毎年候補になっているのが本当だというのは
何処が言っているの‥‥

610 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 11:55:07 ID:8F2Rd1kdO
雰囲気で引っ張ってるだけ 昔 映画監督にも居たよ ツインピークス 撮ってた奴。あのレベル。俺にはどうでもいいよ、ただ レイモンド・カーバァー の真似して 回転木馬書いたみたいだけど 性格が悪い。

611 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 11:56:17 ID:CPFGwAIt0
>>609
50年発表されないこと知ってんだろ?
横槍だが、そこ突っ込んでるの見るのは飽きた

612 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 11:56:41 ID:dEQcb4yL0
>>594
開高健は筒井康隆がエッセイで
「あのデブはマジで人格最低だ」みたいなこと書いてて手を出すのに躊躇してるな

613 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 11:58:22 ID:X7Fs3oTdO
>>607 最後の方がよくわからんな。インストラクターが妊娠したの?

614 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 11:59:00 ID:zmPBwllnP
村上作品は、なんか薄幸な綺麗系の女の子と、活発なカワイイ系の女の子が
出てきて、手コキとかしてくれるんだけど、なんか「社会から隔離された、閉ざされた空間」
みたいなものが出てきて、主人公はそこに囚われの身になる。で、その閉ざされた空間
から出て行くか、出て行かないかでウジウジするんだけど、なんか良くわからん理由で
外に出てくるんだけど、「べつに問題は解決してないよね」みたいな感じで終わる。
結局、なんかその次の段階を描けなきゃノーベル賞はない気がするんだけど。
そしたら、世界の大文豪として歴史に残るよ。

615 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 12:01:21 ID:Ze83F3d7O
>>611
誇大広告でしかないと判ってるなら別にいいんだけど
支持してる人間が本気で鵜呑みにしてるのか気になった

推薦人がばらしたケースがある筈

616 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:02:10 ID:i5TYWJH/0
ノーベル賞なんてその権威にかこつけたパフォーマンスだよ


617 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 12:02:51 ID:RbpxN9XGO
健と書いてたかしと読む

618 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 12:02:59 ID:Cl/j47g0O
>>594
大江の小説が若い頃と同じって、読んでないだろ。時代によって全然違うぞ。作品の出来は別にして。

619 名前:603[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:04:06 ID:R70/tB9L0
ちなみに司馬遼は俺も大好きだ
記者上がりの悪文などと揶揄されたが、一流のストーリーテラーだと思う
「峠」など、あれほどの大作を一気に読ませる力量がある
しかし村上とはまったく別世界の作家だろう
キャラクターの魅力で読者を惹きつける司馬の手法は多くのジャンル作家と同様のもので
村上が読ませる手法とは別のもの

620 名前:C[^⊥^] b [] 投稿日:2010/10/11(月) 12:05:22 ID:eRiZ0AQt0
>>612
きっと人格が最高な人だから最低がわかるんだな・・・と言うつぶやきを

筒井に送ってやれよw



621 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 12:05:45 ID:N4qAj3ww0
>>603
ものの価値のわからないヤツが何かほざいているねw
歴史小説でも良い物は良いし、文学と呼べるよ
文学作品っぽいなら歴史小説より上とする事大主義の勘違い野郎にそこが知れるなんて
言われたくないね
現に司馬をノーベル賞候補に推す動きはあったしね
あんたの読解力の底が知れるわw
おまえは大江でも絶賛してなさい

622 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 12:05:46 ID:9EBqa8ZuO
>>614
だよね

623 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:06:40 ID:/+XHf9XM0
Q84一巻読んで、ツマンネと思った

こんなのどっかで読んだ事あるぜ

624 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 12:06:49 ID:8F2Rd1kdO
最後にするけど 村上という人は 自分に何が欠けてるか 解っているが それを ひたすら隠し通してるとしか 感じられない。

625 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:06:56 ID:qLqHNBxk0
>>595
>修飾過多な文章から、読者に必要な部分を探させるのとはちょっと違う。

業務連絡を読むんじゃなくて、小説を読むんだからね
すべての文章が、作品世界を成り立たせるための”必要な部分”なんだよ

だって考えてみて
読者が小説を読むのは、ただ筋を追うためだけじゃなくて
今、自分がいる空間とは、別の空間に心を飛ばせたいからじゃないの?

626 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 12:07:28 ID:oVZimIX0O
村上のモテモテブサイク主人公って本人がモデルだと思って読んでるけど

違うのかな?

627 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 12:07:30 ID:VE5ThptVO
>>612
筒井は人の事言えるのかとw

628 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 12:07:42 ID:zNJYxS5n0

「ノーベルマンガ賞」は「ノーベル文学賞」に含まれますか?


629 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:08:02 ID:1+lPDird0
>>607
スゲェ
海辺のカフカも頼む

630 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:08:17 ID:y91xO8sVO
村上春樹自体がサリンジャーの物まね作家の一人だよな。

師匠が受賞しないで、地方に住む売り込みの上手い弟子が受賞したら世も末だよ。

631 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 12:08:35 ID:HDiyt/880
毎年、この時期になると祭りを開催する春樹ヲタ。
もはや風物詩というか、恒例行事にして年中行事。

632 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 12:08:52 ID:PN9OnIezO
こいつの本はワンパターンだからな
似たような話ばっかりだ

633 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:09:01 ID:CPFGwAIt0
>>614
その次の段階ってのを書ける奴がいるなら、書いてるわなぁ。けどいない。

634 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:09:10 ID:R70/tB9L0
>>621
その回答については>>619をよく読んで欲しい
もちろん歴史小説を馬鹿になどするわけがない
しかし、登場人物の魅力で読者を惹きつける司馬と
対極にいるような村上を比べてどうすんのよって話

同様に、文学的にまったく接点のない開高と大江を比較するそのセンスが稚拙だと言ってるの
もっとたくさん本を読みなさいよ

635 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:09:20 ID:qLqHNBxk0
>>624
おまいに欠けているのは”読点”だ

636 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 12:09:26 ID:9EBqa8ZuO
やっぱりニュースの内容が文学だから、語るレスが多いね。

ノーベル文学賞って選考基準は特に決まっているのですか?

637 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:10:13 ID:/+XHf9XM0
>>509
それだ!シドニーシェルダンと、ダニエルスティールと同じ空気だ


638 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:10:29 ID:jspRgxFn0
文学賞って言われてもなあ
平和賞もオバマが採るとかたいがい基準がわからんが
文学の優劣なんて付けがたいだろうに。

639 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 12:10:52 ID:RbpxN9XGO
>>607
クイーンズライチのオペレーション・マインドクライムあたりでもパクったのかしら

640 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 12:12:25 ID:cAKhKnyG0
むしろ森村誠一のほうがノーベル賞に近い位置にいるだろう。
もっと禿敷く体制を批判しないと取れないよ。

641 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:12:55 ID:/+XHf9XM0
>>638
痛烈で明確で、SFで非現実的でケチョンケチョンに中国とか北朝鮮を批判したら貰えるよ。
ノーベル賞なんて、政治利用しかされない。

642 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:12:59 ID:1ZXToJoMO
なにこの手コキスレ

643 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 12:13:13 ID:9EBqa8ZuO
>>633
彼の尊敬するドストエフスキーじゃない。

ここまでの文豪だともうノーベル賞のほうが小さく思えるが。

644 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:13:18 ID:1+lPDird0
つまり、村上の小説は自分を投影した主人公の不細工中年が
なぜか機会に恵まれてオマ○コしまくる不思議小説ってことですね。

645 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 12:13:56 ID:nlzT/a+s0
僕は射精した。

646 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 12:14:15 ID:bQ1YPB0V0
>>614 よく言えば、世界はそんな場所だと、村上は捉えているわけだ。
そしてその世界観を共有する者達が世界中に相当数存在するようで、
それで村上作品は売れてるという事になる。
あんまり解決し過ぎたり、閉ざされた世界から出て行った向こう側について
描きすぎると、そんなのはこの閉ざされた曖昧なこの世界でなく、絵空事ではないかという
思いを持たれて逆に売れなくなるのではないかと思う。
また質的にも慣れない事をやったために低下するという事にすらなりそうだ。
横から梯子で継ぎ足して賞に達しても余り意味がないし、逆効果となることが多いので
それでいいんじゃないの。



647 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:14:41 ID:SlBtR+AY0
村上は一つも読んだ事ないからいいか悪いか知らん
こういうのは選考者の趣味で決まるんじゃないの

648 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 12:15:25 ID:a0xfhwjE0
>>634
横レスだが司馬遼太郎は比喩が秀逸。
直喩をあれだけ上手く使う作家はなかなかいない

649 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:16:17 ID:CPFGwAIt0
ノーベル賞っていうのはパフォーマンスとかって言う人は
リョサについてはどう思ってんの?

650 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 12:16:18 ID:hULJWSq70
ハードボイルドワンダーランドが面白いっていうから読んだけど途中で爆睡した。
太った娘と地底探検のあたりで。

651 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 12:17:04 ID:N4qAj3ww0
>>631
すくなくともあんたよりは読んでるよw
その上で言ってるの
文体もストーリーも20年近く全く新しいものが出てきてない今、
キャラクターで勝負する以外ないじゃない?
それとも新しい文体やプロットストーリーが出てきてるとでも?
あったら具体的にどの作品かいってみてよw

652 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:17:13 ID:KmF6IWf40
まずノーベル賞に値する小説は書いていないよ。
作品の殆どがアメリカ作家のオマージュという名をかりたパクリだよ。

文章が上手いのは認めるが、それはエッセイと翻訳まででしょ。
読ませやすいエロ小説家というのがノーベル賞候補にゃならんわな。

海外作品やノーベル賞受賞作品を読むといいよ。
80年代にしばれたバブル臭ただよう時代遅れ大衆小説。
売れっ子作家。それだけでも大成功じゃないか。自信持っていいよ。

653 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:17:52 ID:wpba1+b40
>>625
残念ながら、俺は彼の想定する読者ではないようだ。
小説を追体験するために、小説に出てくる音楽をわざわざ買って聞くような人も
いるみたいだけど、そこまでする気にはなれんしねー。

654 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 12:18:27 ID:bQ1YPB0V0
>>637 春樹がか?
シェルダンの方が物語作家としては数段上なはず。
ただし春樹の場合は、ストーリーの面白さを最大限にしようとしてる訳ではないので
最初からそっち向きには競争してないということになる。


655 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 12:18:46 ID:ZG6YHf/W0
大江健三郎を選ぶような賞をもらわなくてもいいじゃん

656 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 12:19:37 ID:2CAlb9M30
小説って作者独特の語彙とか言い回しが魅力の結構な部分を占めてると思うんだけど
翻訳してもその辺はきっちり再現できるの?

657 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 12:20:19 ID:Xby2DID40
韓国人みたいな分析はやめて欲しい。

とれなかったからとれなかった、それだけでいいよ。


658 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 12:20:20 ID:hULJWSq70
『ねじまき鳥』はまあまあ面白く読めたかな。
めちゃくちゃ面白いってことはないけど。
そしてやっぱり意味不明な部分が多い。

659 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 12:21:18 ID:QyRh7MaE0
村上春樹を読むのは時間の無駄

660 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 12:21:56 ID:Wfk2sAJs0
>>1
リョサと顔を比べてみると、まるで渋いハリウッドスターと普通のおじさんって感じだから

661 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 12:22:01 ID:9EBqa8ZuO
私は「雪国」が嫌いなので、川端康成のほうが納得いかない。まあ、たしかに「日本文学~!」的な小説だけど。

662 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 12:23:01 ID:hULJWSq70
>>656
それが英語の小説風だからな。
少ない語彙で必死に意味ありげな表現をするっていうのが。
翻訳になじむんじゃないの。

663 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:23:23 ID:qLqHNBxk0
>>265
>海外作品やノーベル賞受賞作品を読むといいよ。

辛亥革命のころの中国を描いた、パール・バックの「大地」三部作なんかいいね
当時の中国人知識人がこぞって、”中国はこんなに遅れた国じゃない”って反対運動したのに
かえってそれで受賞できた

村上春樹も、サヨクから叩かれるだろうけど、思い切って中国共産党批判の小説を書いたら
ノーベル賞を受賞できるかもしれん

664 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 12:24:02 ID:sKlVwcdLO
>>657
お前みたいな無気力人間は黙って

665 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:24:27 ID:R70/tB9L0
村上が取れるなら~の方が、という人は自分の愛着ある作家をあげて比べてるだけなんだよな
もっとたくさん、いろんなジャンルの本読んで視野広げれば、作家同士を比べることの馬鹿馬鹿しさも分かるだろうに
作家の評価は純粋にその作家の作品によってのみなされるべきだろう

666 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 12:24:50 ID:AHbuoeiP0
寄付が足りなかったから

667 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:25:17 ID:NaBObQb20
どう考えてもバルガス・リョサが先にもらうべきだな

668 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 12:25:23 ID:8o0Z+NfVO
>>656
無理

669 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 12:25:24 ID:hjExuu+L0
村上ショージの方がマシ

670 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:25:29 ID:0j/uudImO
>>644
まさにそんな感想しか持たなかったw

671 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:26:12 ID:lVRidwPf0
通俗的な私小説で、興味のない人には何が面白いか分からないからでしょ
ファンのひとりとして、そう思うよ

672 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:26:16 ID:PRLdnfnyP
審査員が原語で読んでない文学賞って意味があるんだろうか。

673 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:26:41 ID:/+XHf9XM0
>>665
色んな種類の本を読んで、ツマンネと思った。
この人漫画家とか、児童文学の方が向いてると思うわ
そりゃまあセックスシーンは書けないけど

それより、信者がいる意味が分らんw

674 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 12:26:45 ID:bQ1YPB0V0
村上春樹を読む人間は、だいたい他の小説を殆んど読まなくなるんだよ。
そのくらい中毒性のある文体。それひとつとっても作家としては成功してると言えよう。
それですぐさまノーベル賞という事ではないけどね。
それから翻訳された後、どの程度その中毒性が保たれているのかには興味ある。
私は知らないので、誰か海外事情に詳しい人教えて。

675 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 12:27:39 ID:6NjoXAHc0
ねじまき鳥までは面白かったが、後は焼き直しだよな。
「海辺のカフカ」も途中までは面白かったのに、結末をごまかしたよな。

「羊を巡る冒険」と「ハードボイルドワンダーランド」を読んでおけばいいんじゃね。





676 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:28:51 ID:/+XHf9XM0
>>671->>674
ああ、意味が分ったかも。
自分もシェルダン読んでた頃は、それしかなかった。
ちなみに、手コキとか言ってる奴、文学は股違うぞ。


677 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 12:29:03 ID:T0PqYp030
小松左京にあげてほしい
直木賞すら受賞していないのが不思議で

678 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:29:51 ID:lVRidwPf0
>>674
あのテンポの良い文体に慣れると、他の作家の小説が苦痛に思えることがある


679 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:30:09 ID:qHN1C7wU0
>>1
村上龍のほうが、そういう意味では受賞する可能性が高いということ?
ま、どっちでもいいけど。どうせ受賞するわけないし。

680 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 12:30:12 ID:hULJWSq70
村上春樹は英語風で新鮮味が無いから取れないと思う。
昔、日本が取れたのも、今第三世界が取ってるのも西洋から見て
新鮮だからだろうし。

681 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:30:34 ID:1zygMjez0
三毛猫ホームズだっけ?あれにハマってた腐女子系白人男好きの知り合いが村上春樹を絶賛していたので絶対に自分向きじゃないと確信
読んだ事ない

682 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 12:31:14 ID:N4qAj3ww0
>>672
それだ!

683 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 12:31:30 ID:HDiyt/880
負けじと村上龍がアップを始めました。
茂木健一郎はノーベル賞最前線っていうのが、以前テレビで聞いた肩書きです。

684 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:31:45 ID:HtZABXQi0
>>677
小松左京の身内に宅間って
都市伝説?

685 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 12:31:53 ID:1K8+pHRN0
風の歌→ピンボール→羊~ダンス
世界の終わり
このあたりで村上世界は完結しちゃってる
ノルウェーとか1Q84は蛇足みたいなもの

686 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 12:32:00 ID:xvOb7VKyO
単にまだ年齢が若すぎだからだろ
70歳超えないと

687 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 12:32:02 ID:Fl96jLpOO
黄色人種のジャップだからだよ

688 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:32:18 ID:zmPBwllnP
>>646
うーん、でもそれじゃあねーって思ってる人も相当数いるから
ノーベル賞取れないんだろうし。春樹と同じ心情を共有してる
人達が慰め合うだけで終わる小説じゃあねーっていう。
春樹が閉ざされた世界に留まり続けているからこそ、これほど
売れるんだっていうのは凄く判るんだけど、最終的に期待するのは
ブレイクスルー。1Q84は読んでないけど、カルト教団が出てくる
感じは凄い良くわかるから、なんか少しずつ前に進んでる感じもする。
面白い作家であることは、疑問の余地はないけどさ、うーん。

689 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:32:23 ID:lVRidwPf0
>>681
俺、三毛猫ホームズなんか読んだことないし、白人は好きじゃない
なおかつ、対外的に村上春樹を絶賛したこともない
好きで、昔から読んでるということは否定しないが

690 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:33:54 ID:R70/tB9L0
>>651
こんな匿名掲示板であんたより読んでると言われても
口だけなら1万冊でも1億冊でも読めるよな

じゃ、村上のスレだから村上の信望する作家をどれだけ読んでるか言ってくれ

サリンジャーの「ライ麦~」は当然読んでるよな、フィッツジェラルドの「華麗なるギャツビー」もまぁ読んでるだろう
ドストエフスキーなんか全集で読んでるよね。
じゃあドストエフスキーの師匠のディケンズとかはどう?
ディケンズの作品で造語にまでなってる有名な登場人物がいるんだが知ってるか?
こんなの文学やってる人間なら初歩の初歩のなぞかけだが

691 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:34:49 ID:/N8c2/kq0
いらねーよ。この人にノーベル賞なんて
そもそもなんでそこまで騒がれるのかわからん
中毒してる人は、他が見えなくなるだけじゃん

692 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:35:50 ID:bjRKARS50
>>683
津島祐子のナラ・レポートの方が余程可能性が高いんじゃないの?
あれは文學界での連載だったから、結果的に賞を取るための作品として出来上がっちゃったよな。

693 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 12:36:14 ID:zD1A4zm60
>>685
ノルウェー以降はどうでもいいからな。

694 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 12:36:45 ID:9EBqa8ZuO
ケンカはおやめ。「うんこ投げ競争では、一番うんこを投げた奴がバカなのだ」ってキングが書いてたよって村上春樹が書いてたよ

695 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 12:37:21 ID:GucZwhk/0
村上春樹が好きという人は大抵読書の傾向が偏ってる
まず藤沢周平なんか一冊も読んでないだろうし
村上訳でチャンドラーは読んだかもしれないけどディック・フランシスは読んでないだろう
ボネガットは読んだかもしれないがアシモフは一冊も読んでないとか

食わず嫌いしてるくせに春樹が一番だと思い込んでる

696 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:37:29 ID:y91xO8sVO
文学って、もっと高みに居て欲しいんだわ。

誌を読む様な滑らかで響きの良い、スラスラ読める作家なのは解るんだが、読み手と書き手の真剣勝負みたいな、なんというか…

『これが俺の総てだ!』

みたいな作品に受賞してほしい。通勤時間の片手間に読めるような物とは違う物を選んで欲しいよ。

697 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:37:58 ID:lVRidwPf0
>>690
ディケンズがドストエフスキーを好んで読んでたのは聞いた覚えがあるけど、師匠なの?

698 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:38:36 ID:rPBvPNJfO
好きな作家ではあるけど、ノーベル賞となると微妙だな。貰える要素が見当たらないというか、
そういう作家でもないだろ、この人。

699 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:38:59 ID:n6yoSC4R0
学生時代、遊びでねじまき鳥の英訳を和訳して原文と比べたことがある。
狙ってるのになかなかあの文体にならなくて、結構面白かったな。

700 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 12:39:21 ID:5tiGlH7I0
俺の中では、村上春樹と村上隆は同じレベル

701 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:39:32 ID:R70/tB9L0
そういや、デビュー作の「風の歌を~」だったと思うが、「死人が多くでる作品は駄作だ」、みたいな事を主人公が言ってたように思うが
その後の作品で死人だしまくりなんだよな

702 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 12:40:14 ID:VOW7jwm00
>>695
そういわれたら周りの村上ファンはそうだわ。
軽く純文学読んでいる気になっているところもある。
なんだか特殊なジャンルなのかね。

703 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 12:40:29 ID:YdT94H0g0
メンヘルか子供しか読めない
自分のことしか考えてないろくでなししか出てないのでイラッとする

704 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 12:40:35 ID:mWCltbt60
いちいち名前を出されては「落ちた、落ちた」って言われて可哀想。
本人はいい迷惑だろ。

705 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 12:40:45 ID:1K8+pHRN0
>>695
妄想癖はたいがいにしないと

706 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:40:53 ID:djpW9DUR0
村上はジョン・アップダイクみたいなもんだ。
下馬評だけ高くて結局取れないだろ。

707 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:41:21 ID:gsiE9vt10
>>701
鼠が言ってたんじゃなかったっけ?

708 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:41:27 ID:I1VA3NK90
まあトルストイが取れてない時点で
ノーベル文学賞(笑)に何の価値もないのは明らか

709 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:41:54 ID:bjRKARS50
>>696
フィクションの世界で『これが俺の総てだ!』っていうのは難しいんじゃね?
住井すゑにしても明らかに違うし。

710 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:42:05 ID:xZ7CmQ0t0
わざわざ映画公開をノーベル賞発表後にしたのになw
ざまぁw

711 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:42:17 ID:R70/tB9L0
>>697
ごめん、師匠はいい過ぎた
ただ、好んで自分の作品にも重要な登場人物をモチーフとして使ったりしていた
「虐げられた人々」のネリーとかね

712 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:42:21 ID:lVRidwPf0
>>701
違う違う、それは「1973年のピンボール」だよ
友人の「鼠」が、人の死ぬ小説を嫌い、自らもハッピーエンドの小説しか書かない、
ってエピソードでしょ?

後に、その男が自殺する、ってとこにつながるわけで

713 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 12:42:32 ID:FT0d41M30


         作家は顔だからな(´・ω・`)




714 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 12:42:47 ID:N4qAj3ww0
>>690
べつに読書数を競ってるわけじゃないんだからw
そんなところに拘らなくても・・・

それから
人の質問を質問で返すなぁーーーーー!w
答えずに質問で返すのは自信のない証拠だよんw
もっと心に余裕を持とうよ
納得できる答えを出せたら君の質問にも答えて、あ・げ・る


715 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:43:04 ID:sqGqyFVC0
大阪の森 もりそばの夢

716 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 12:43:22 ID:GucZwhk/0
春樹を一言で言うなら「小説おたく」
あれだけの小説おたくはなかなかいないよ
イマドキ何の疑問も持たずに小説なるものを日々書き上げ
その技術を磨こうとするなんて


717 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:43:41 ID:1XHytC2e0
今って順番待ち状態なんでしょ?
この人よりも先に貰うべき人がたくさんいるってだけでしょ。
今回の人も「まだ貰ってなかったのかよw」ってのをよく見たし。

そろそろ1年当たりの受賞者数を増やした方がいいんじゃないの?

718 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 12:43:45 ID:hULJWSq70
>>701
「鼠の小説には優れた点が二つある。
まずセックスシーンのないことと、
それから一人も人が死なないことだ。」

これ読んだときわろたw


719 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 12:43:55 ID:UK1k7QzF0
アメリカ文学の翻訳調で、2~3ページに一度「セックスセックス」と書いておけば
だいたい村上春樹の出来上がり。

720 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 12:44:02 ID:HDiyt/880
アンサイクロペディアで村上春樹を引くと‥

721 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:44:37 ID:o146hkHE0
村上春樹の良さがぜんぜんわからん。わからんからって、ダメな作家だというつもりも
まったくないけど。

722 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:45:00 ID:/KIXQkb60
>>704
井上ひさしも死ぬまで付きまとわれた件

723 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:45:40 ID:CPFGwAIt0
小説なんてもともと読まなくても別にいいもんではあるんじゃないの?
その上で、歴史は歴史、哲学は哲学で学べばいいじゃん
娯楽なら小説以外もいろいろあるわけだし

724 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:46:13 ID:UjTMghwYO
村上春樹より角川春樹の方が先やろ

725 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:46:21 ID:bjRKARS50
>>722
井上靖の方じゃねーの?
常に候補って言われ続けていたじゃん。

726 名前:仮面の古狸 ◆Balrog/4lY [] 投稿日:2010/10/11(月) 12:46:35 ID:EhvZ1PY0O
教養という意味で著名な昔の話(リア王なり各種伝承なり)は一通り読んだので知っている。

だが、虚構が書かれた謂わば作者の自慰本を読む暇がある奴が凄い。そんな時間があれば実用書読めよと思う。
虚構が嫌いな人間から言わせれば、おまえらは自身が普段から言うスイーツ()と変わらない。

727 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:47:41 ID:lVRidwPf0
実際、短編の「蛍」を下敷きに余計なエピソードを詰め込んだ「ノルウェイ~」以降、
村上春樹を積極的に読まなくなった
最後は「国境の南~」かな、、、ちょうど自分も重なる状況にあったんで泣いたわ
「ねじまき鳥~」から本格的に関心がなくなり、「スプートニク~」はストーリーすら記憶にない

728 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:47:53 ID:CPFGwAIt0
>>716
なんの疑問を持たずにってところkwsk

729 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 12:48:06 ID:9hUIzDg4O
ロスチャイルドに好かれてる噂だしな
単にニューエイジ、イルミナティに用いられている下手くそ作家さ!
こいつの文体は実体動詞ばかりでむかつく

730 名前:(。´ω`。)[] 投稿日:2010/10/11(月) 12:48:06 ID:/Qx/TRi9O
>>718
理由は、人は誰でもセックスするし、誰でも死ぬからだってんだからもう…

731 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:48:25 ID:gsiE9vt10
笑えたのはファミリー・アフェアの ハ ン タ ゙ コ ゙ テ ! がピークだったな
なんかツボに入った

732 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 12:48:31 ID:D/rDZoE5O
>>690
自分は、カポーティ、アーヴィング、マークストランド、カーヴァーとかのイメージ。

733 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:48:35 ID:bjRKARS50
>>726
小説が一番人生において実用的だよ。
実用の範疇というか、視野が狭過ぎ。

734 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:48:56 ID:/+XHf9XM0
>>716
あーそれもあるな。彼自身は、沢山の本を読んでいる気がする。
知識は豊富に思えた。でも、だからこそ誰かに似てしまうのだろう
その結果、今は少ないが求められてる、シェルダン風の
幻想的な小説を書いてしまうのだろう。

735 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:49:24 ID:4lTJprSK0
村上春樹はないわ

736 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 12:49:26 ID:7wo4g3vWO
三島由紀夫と安部公房が受賞できなかったのは皮肉だな



737 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 12:50:35 ID:hULJWSq70
>>726
古狸ってネーミングに年輪を感じる。
50~60代ってとこか。さすがに70ってことはないだろうな。

738 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:50:41 ID:UjTMghwYO
いくらなんでも井上ひさしはないわw
キチガイじみた思想は大江に似てるがw

739 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:50:41 ID:YdT94H0g0
メンヘルでナルシスト
ああ気持ち悪い

740 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 12:50:49 ID:l9tDpq4l0
地方のヒトが若かりし頃、東京に憧れる様に
喧騒の中、東京で暮らしてるヒト向けに、もっと憧れられる都会を描いているんだよ

でも、内容は浦安辺りに棲んでるイメージで、どこかテーマパークをイメージさせ
場面が転換すると湘南辺りの海をイメージさせる街になる

結局、現代の”若大将シリーズ”なんだろな。
好きなヒトは、とことん好きなんだろうけど・・

しかし村上春樹の評論本・解説本は凄く面白い
村上春樹嫌いなヒトにも、是非お勧めしたい。

741 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 12:50:59 ID:GucZwhk/0
昔TIMEに村上の「スプートニクの恋人」の書評が載ってて
「安易に奇をてらってるだけ」みたいな酷評されてた
「谷崎潤一郎も奇妙な味わいの小説をいくつか書いたが村上よりはるかに上手かった」ってさ

742 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:51:03 ID:y91xO8sVO
>>709

人生そのものでは無く、区読点ひとつを取っても本人が完璧と思える作品って事、説明が下手でスマン。

日本人の作家は1/3くらいまで面白いけど、中盤グダグダで最後は割とどうでもいい終わり方が多いと思う。

743 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:51:05 ID:o146hkHE0
>>690
ピクウィック症候群のことを言ってるの?

744 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:51:23 ID:1kYeUQr+0
>>1
スレの内容とは関係ないが、
この人、還暦過ぎてたんだね。

まだ50代半ばかと思ってたからちょっと驚いたよw

745 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:51:31 ID:CPFGwAIt0
俺は別に小説に限れば春樹しか読まない人とかいてもいいと思うし
別に実際にそういう奴は面白くないか?ってなるとそんなこともないぞ

そもそも春樹の読者層なんてかなりいるのに、春樹ファンはこういう奴って安直すぎ
春樹しか読んでない奴に限ってみても安直すぎ
イメージでみんな語りすぎだろ って思うんだけどなw

746 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 12:51:36 ID:D/rDZoE5O
>>491
「人間が描けていない」「リアルじゃない」
そんなこと言ってないよ。さらっとしたのも好きだよ。アゴタクリストフとか。さらっとしてないか。
読書に「自分の殻に閉じこもってないで、外に出ろ。世界を知れ」って自己啓発も別に求めてないなぁ。
「薄っぺらい」には同意。
村上氏のテーマもあまり興味なし、それ以前の問題かもね。
IQなんたらも相変わらずの内容みたいだね。61でまだ似たようなのうだうだ書けるのがある意味凄いかも。
エロと揶揄されるのは、読後他に残るものがなく不必要で執拗な性描写が突出してしまうからでは?
上でもあったけどあの「乾いた」性描写、狙った感と痣とさがどうにも駄目。
まぁ、読書は嗜好だからなんでもよいけど受賞はあり得ない。

747 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 12:51:51 ID:bQ1YPB0V0
>>707 確かそうだったと思うが、そこらも本当は問題だとも思うんだよ。
なんとなく、主人公が言ってたよねという風に混同してしまう。
それは逆に言うと、全部が主人公=作家のつぶやきで出来てるようなもので
人物の書き分けが出来てないからなのではとも言えよう。
主人公=作家本人と捉えるのはかなり間違った考えなのだが
ついそのように考えたくなるというのが、あの最初の作品。
人物の書き分けによるリアリティなどに、あの作品の価値や目的がある訳ではないのだから
別に問題ないという考え方もできるだろうし、それもあながち間違ってはいないんだけどね。
 


748 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 12:52:13 ID:SrNMtDwk0
新しい賞を作って。
マイケルジャクソンも選んでほしい。


749 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:52:39 ID:wWzIJAt00
>>7
同意、影の軍団ρ ★死ね

750 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 12:52:55 ID:kcnJeyXl0
フェラチオ文学の確立者だぞ

751 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:53:05 ID:IY0ExkAO0
>>695
オマイが書き連ねたくらいのものはほぼ読んでるが。
だれが一番かは、好みの問題。

ノーベル賞は結局順番待ちだから、長生きするのが受賞の絶対条件。
死んだらもらえない。体に気をつけて80過ぎまで生きていれば
もらえるだろ。

752 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:53:23 ID:7C18uDDU0
文学とかの創作分野って何が素晴らしいとかの基準が無いに等しいし、世界的に最も売れた作者でいいと思うんだけど

753 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:53:44 ID:UjTMghwYO
小説、詳しい人に聞きたいが
村上春樹と片岡義雄ってどっちがいいよ?
村上龍や吉本ばなながクズなのは知ってる

754 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 12:53:46 ID:N4qAj3ww0
まあね、もう「文学」というジャンルは死んだんだよ
先人たちが文体もプロットもすべてやり尽くしてしまったんだよね
哲学や精神分析学が終わったようにもう文学も終わったものなんだよね
これからもかろうじて残るのは推理小説というジャンルくらいかな
これならトリックは科学技術の発展と共に新しいものが出てくるだろうからね
いまだに文学をやってるって自慢するヤツの気がしれないよ


755 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:53:48 ID:o146hkHE0
>>740
ああ、それわかる。
評論本や解説本は読んだこと無いけどな。

756 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 12:53:56 ID:HDiyt/880
ノーベル文学賞とノーベル平和賞はどこか似ている。
ノーベル文学賞と芥川賞はどこか似ている。
春樹と無縁であるということではない。

757 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:54:09 ID:lVRidwPf0
>>747
3部作を読むと、鼠が本当の主人公だと気付くのでは?
「僕」は狂言回しに過ぎない

758 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:54:30 ID:bjRKARS50
>>742
やまと歌における「自讃歌」みたいなもの?
でも、必ずしも自己の評価と他者からの評価は一致するものではないんだよな。

759 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:54:30 ID:YdT94H0g0
>>753
そのレベルだよなあw
一緒にするなって顔真っ赤にして怒りそうだけどww

760 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 12:54:33 ID:dT4wietr0
ノルウェイの森とか団塊の寝言なんで
普遍性ある文学的価値なんてないでそ

761 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:55:09 ID:sqGqyFVC0

近代日本の文豪とかの日本文学の流れの作家じゃないって感じ。
アメリカナイズされた戦後日本の象徴みたいな感じ

読んだことないけど

762 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:55:32 ID:y91xO8sVO
>>753

吉本ばななはサリンジャーコピーの一人でしょ?

763 名前:C[^з^]Э[] 投稿日:2010/10/11(月) 12:55:36 ID:eRiZ0AQt0
>1
それにしても推薦人が必要でしょうからそういう人が少ないのかな?

最も学会というものがほとんど無いから、推薦人の所属が問題になるな。



764 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 12:55:41 ID:GucZwhk/0
「ポートレイト イン ジャズ」というジャズのことを語った本があるが
こいつの自信満々の物の言い方に本当イライラさせられた
「おれだけがこの奏者の本当に良いものを見極められる」みたいな態度

765 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:55:47 ID:CPFGwAIt0
なんか都合よすぎるんだよな
「読者はこう読んでる」ってところから自分の論をスタートさせる奴が。
そりゃそういう読み方してる奴を選び取って語ってるだけなんだから筋は通るわなぁとw

けど、村上春樹の読者層ってそんなもんじゃないだろといつも最後に思う

766 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 12:55:47 ID:+oIP1vXkQ
ハルキニストってなんで気持ち悪い人ばっかりなんだろうね?

アニオタとはまた違う気持ち悪さが体から滲み出てるんだよね

767 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 12:56:43 ID:SrNMtDwk0
>>753
片岡義男だろ?
もちろん片岡義男。村上の本は1冊も持っていないけど。
片岡義男の本はほとんど持ってる。


768 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:56:59 ID:R70/tB9L0
>>714
だから、こんな匿名掲示板で~より読んでるなどと言っても無意味だと


> 文体もストーリーも20年近く全く新しいものが出てきてない今、
> キャラクターで勝負する以外ないじゃない?
> それとも新しい文体やプロットストーリーが出てきてるとでも?
> あったら具体的にどの作品かいってみてよw


あんた村上作品がキャラクターで勝負してるとでも?
魅力的な主人公なら他の小説にそれこそ山ほどいるが
なぜ、村上作品が読まれるか一向に理解してないようだな

村上作品以外でも、彼が影響を受けた60年代アメリカ作家にははいくらでもいるよ>> "キャラクターで勝負する以外"

たとえば、ブローティガンの「西瓜糖の日々」とかな
この作品は主人公は名前さえないよ

769 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 12:57:09 ID:dDlTA4hu0
芥川賞も取れなかったしな
賞に対する運はあまりないのかな

770 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:58:38 ID:sqGqyFVC0
>>751
それもはや

小説家長生き賞

に名前を変えるべき
ってことかい?

771 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:58:40 ID:UjTMghwYO
しかし、よくしらんが
作品はともかく村上春樹本人は商売上手な普通の人という感じじゃね?
どちらかというと村上龍とかの方が人間自体はキモいぞ
見た目はドラえもんを黒く塗ったみたいで可愛いが

772 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 12:59:04 ID:bQ1YPB0V0
>>726 >そんな時間があれば実用書読めよと思う。
実用書ってどの方面?
そんなに他分野に関わってないという普通程度の人間なら、そんなに何冊も読んでも
「実用」にならないというのが「実用書」だぞ。
全く関わりのなさそうな分野でも読んで結構面白いというのが、良く書けているノンフィクションだな。
これからの人生においても特にためにもならないと思うので、ノンフィクションを読む動機というのは
フィクション以上に奇奇怪怪なのかもしれない。


773 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:59:05 ID:lVRidwPf0
>>769
フランツ・カフカ賞とか、山ほど受賞してんじゃん

774 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 12:59:09 ID:sLd+Dker0
村上の作品て

頭の悪い私大女子大生とかが読んでるほんだぜw


赤川次郎がノーベル賞とれるか?



とったら笑うわw

775 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:59:23 ID:o146hkHE0
>>756
ノーベル文学賞とノーベル平和賞はどっちも、極端な言い方するなら、ヨーロッパ近代が世界を支配するためのソフトウェアだろ。
自然科学系の賞のほうが偉いっておもう人がもしいたら、それは世界の仕組みがまだよくわかってないってことで、
ノーベル文学賞とノーベル平和賞を、ヨーロッパの中くらいの国が、与えてるってところがすごいわけだな。

776 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:59:38 ID:YdT94H0g0
>>766
キモい趣味でごめんなさい、っていう意識が足りない。

777 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 12:59:45 ID:5YuehwxI0
ラノベで人気の作家が、あんなに売れてるのになんで受賞できないんだ?
って言ってるようなもん。
住む世界が違う。

778 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 13:00:15 ID:5sbaGfnf0
イスラエルでの発言だろJK

779 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 13:00:30 ID:tWqgo3kNO
村上春樹の本を読んでると自分も苦労をせずにセックスできるのかと勘違いする

780 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:00:41 ID:F91nI9Ul0
なんかネタにつまるとセックスばかりしてる気がする

781 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:01:53 ID:lVRidwPf0
>>780
男と女なんてそんなもの

782 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:02:22 ID:TxXU+ZnbO
カフカとアフターダークしか読んだこと無いが、途中までの設定や人物に引き込まれるが、それに対するオチや説明が無いのが辛い

物語にちゃんとした答えが欲しい人間としては肩透かしもいいところだった

特にアフターダークの姉とリーマンの関係とか、匂わせすらしてないもん

783 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:02:33 ID:k/Pby10wO
単に順番だろ。
どう見てもバルガス=リョサが先。まだ受賞してなかったんかと。

村上春樹は、個人的にはサリンジャーと同じく、読むのが恥ずかしくなる代物。
ちっとも良いとは思えないが、翻訳されて受けてるからな。推薦する人も有ろう。

谷川俊太郎や岡井隆なら、受賞してもおかしくないが、審査員は誰も知らんだろ。

784 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 13:02:46 ID:LgldHBZUO
じゃあ次作は、在日に苦しめられるが抵抗に立ち上がる主人公の話を書けばいいな。

785 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:03:04 ID:UjTMghwYO
村上春樹といえば昔、春樹のライバルといわれていたが、
不遇のまま90年に自殺した佐藤泰志とかいう作家の作品が映画化されるみたいね

786 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:03:04 ID:YdT94H0g0
これ面白かったらメンヘル傾向だよね。
分からなくてよかった

787 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 13:03:29 ID:dT4wietr0
>>775
中国の活動家がノーベル賞取ったのが
そんなにお気に召しませんでしたか

788 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 13:03:54 ID:1K8+pHRN0
なんだかんだ言いながらみんな村上春樹読んでるじゃないか
結局ハルキストもアンチも同じ穴のなんとかってことか


789 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:04:03 ID:sqGqyFVC0
>>772
ノンフィクションは調査や資料集めに膨大な時間をかけてる分
しっかりした構成になってて小説よりも面白かったりするんだよ。
追体験という意味では小説と似たようなところもあるし。


790 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:04:18 ID:wpba1+b40
>>781
女はそんなものかもしれないが。

791 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:05:03 ID:CPFGwAIt0
>>779
そこはどんどん勘違いしていけばいいんじゃないの?
それでいいと思うけど。それこそなんだよ、苦労ってって感じだわ

792 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:05:17 ID:o146hkHE0
>>787
へ?そんなこと一言もいってないんだが・・・
でも、中国は、不快感示してるみたいだな。
中国は、rule making powerになれたはず、って自負があるから、よけいに不快だろうな。

793 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:06:32 ID:R70/tB9L0
>>782
アフターダークは、オチはないけど、ホラーに近いあのザラッとした世界観を味わうのがまぁ醍醐味なんだろね
井上雅彦の「異形コレクション」に近い不気味さがある

794 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:06:50 ID:YdT94H0g0
カップルでヴァギナだのアナルだの
朝から晩までお喋りして一日終わりましたっていう
オチなしのおしゃれ映画もすきなんだろどうせww
うっざいわ

795 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 13:07:09 ID:GucZwhk/0
昔、原書とかに挑戦し始めた頃
アービングの「熊を放つ」を村上訳で答え合わせする感じで読んでみたが
やっぱりそうやってみると翻訳家としての村上春樹の優秀さはわかるよ
あくまでも翻訳家としての優秀さね

796 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 13:07:14 ID:/US4xycx0
韓国人の理論から言うと、日本語が優秀すぎるせいだなw

797 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 13:07:44 ID:N4qAj3ww0
>>768
>たとえば、ブローティガンの「西瓜糖の日々」とかな
>この作品は主人公は名前さえないよ

それを言うなら「夏の闇」だって主人公や相手の女の名前さえ出てきてないね
別にその作品にかぎったことじゃないよねw

あ、それから>>754もおれが書いたレスだから読んでみてね






798 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 13:07:45 ID:bQ1YPB0V0
>>789 その通りなんだけど。それを読む動機という点で、
一生涯関わりのなさそうな分野のものも面白く読んでしまう訳で、
よく考えて見ると奇怪でもあるなぁと思った訳よ。


799 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:07:46 ID:TFXiVclRO
好きじゃないけど賞取ったら普通に嬉しいな

800 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 13:07:52 ID:wcBZ3QD10
>「民族」「対抗」などのキーワード

んじゃ、次回はヤン・ソギルでいいよもう

801 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 13:08:07 ID:a0xfhwjE0
>>754
そんなことはない
現代でも社会問題や政治問題は新しいものが出てきている
新しいテーマを描けばいいんだから

例えば最近では欧米の先進国でも排外主義運動が起き始めている
グローバリズムだのフィミニズムのような少し前に是とされていたようなものの危険を説くような重厚な小説が書かれれば価値のあるものになる
あとは科学技術の危険をSF的ではなく描くということもありうる


802 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:08:26 ID:UjTMghwYO
作品はもう書かなくていいから賞だけは与えてやってくれ!

803 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:08:47 ID:PRLdnfnyP
片岡義男の赤い背表紙の角川文庫、ガキのころ全冊揃えて読んでたのに、いま本屋で見かけないのか悲しい。
もっと評価されていいのに。

804 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 13:09:56 ID:1K8+pHRN0
>>782
ミステリー系が好きな人には向かないかもね

805 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:10:02 ID:o146hkHE0
>>754
私小説は残ると思う。というか、残って欲しい。

806 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 13:10:13 ID:GucZwhk/0
20才そこそこくらいで結婚して
すごい借金してジャズ喫茶やりはじめたりする

見かけによらずやることが肉食系なのも感心するwww
でも嫌いwww

807 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:10:36 ID:sqGqyFVC0
>>795
すでに日本語訳が複数出てる後の新翻訳は
まだ簡単だろ。複数の訳を参考にしながら
翻訳進められるから。

日本語訳がまだ出ていない原書を
神レベルで誤訳無しで原書の文学的表現を損なわない
すべらかな文体で訳してるなら凄いと思うけど

808 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:10:59 ID:R70/tB9L0
>>797

>>754で書かれてるようなことって、もう100年も200年も前から言われてることだよな
まぁ200年前に推理小説はなかったけどなw

809 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 13:11:05 ID:InX6tWLA0
読んだことないけど、辻仁成とか可能性はないのか?

810 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 13:11:16 ID:xJ4KVgQ50
>>26
村上作品は読んだこと無いが、サリンジャーの「ライ麦」あたりと同じ匂いがする。
=山なし、オチなし、意味なし。
自分の読解力レベルが低いだけなのだろうか?

レスの中で絵画に例えられている方がいたが
自分はさっぱりでピカソの良さも分からないんだが、数年前ニュースか何かで
専門家が見ても本物か贋作か分からない作品があるんで、絵の具の成分を
化学的に調べた結果、当時の年代と合わないんで贋作だという話を聞いた。
本物なら数億。贋作なら数万円。

それってどうなのって思ったわ。絵画って見る人がその金額分とまではいかないが
それなりの感動を得られるからこと高額な現金を支払って購入するんじゃないの?
絵の具の成分で判断ってw単なるビジネスじゃん。


811 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:11:26 ID:gsiE9vt10
>>771
作品もキモい
おばちゃん達とキモヲタ達が戦争するのくらいしか読んでないけど

812 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 13:11:55 ID:0ZY7wH9z0
てか、毎年毎年「ノーベル賞候補」って騒がれるのは、作家にとって迷惑なんじゃないの?
創作に悪影響出たりしないの?

「ノーベル賞が欲しくて欲しくてたまらない症候群」は韓国にまかせて、
日本人は落ち着いて見守ろうよ。


813 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:12:18 ID:wpba1+b40
>>798
人間にとって知的好奇心は本能として存在してるものだと思ってたんだが。


814 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 13:12:32 ID:TgfodjPI0
正直そろそろ漫画家が選ばれても良いと思う

815 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 13:12:51 ID:hULJWSq70
>>754
実際、最近は推理小説しか読まんわ。
推理小説も新本格で極北に行きついた感があるけど。

816 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 13:13:44 ID:bQ1YPB0V0
>>805 そういや、春樹作品って反私小説というか、
私小説のある種否定でもあるように思うね。
私小説というのは以前は主流を成すほど日本で量産されてたと思うから、
その私小説という規格が古くなってしまい、時代の欲求に応えられなくなってきたところに
村上がハルキ小説を作り上げたので、そこにごっそりと読者が取り付いてしまったんじゃないの。



817 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:14:44 ID:UjTMghwYO
大衆文学ってノーベル賞取れないの?
亡くなってるけど子母沢寛、長谷川伸とか横溝正史とかも最高じゃん

818 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:16:43 ID:R70/tB9L0
ドストエフスキーだって大衆文学だよ
しかも超一流の
日本では「罪と罰」なんて駄作が持ち上げられたから敷居高くなったけど

819 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 13:16:57 ID:lwyuBpNK0
なぜ2チャンネルにいるような連中がボクの作品をけなすことができるのだろうか?
そもそもボクの作品を読んだ事があるのだろうか?


820 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:17:08 ID:vxssO6pC0
売れっ子かどうかはノミネートの一条件であってノーベル賞受賞にはあまり関係がないからな
前に貰った日本の左翼作家も売れっ子かどうかといえば微妙な部類だし

821 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:17:19 ID:sqGqyFVC0
>>754
コンピュータグラフィックだの映像メディアの発達は
凄いから、娯楽としての小説は、もはや時代の遺物だね。
ただ電車とか時間の合間に読めるという強みはあるから
完全には残らない。
あとは純文学のような独白的な小説はエンタメとは違うため
映像系エンタメと完全競合関係に無いし残ると思うな


822 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:17:19 ID:YdT94H0g0
>>817
外国の大学の日文で取り上げられてる中で、
作家が生きてる奴が候補になるんじゃない?

823 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 13:17:24 ID:fqwOwf0B0
村上春樹も61歳か
近いうちに取れるといいねノーベル文学賞、楽しみだ
エッセイしか読んだこと無いけど

824 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 13:17:46 ID:JZHmY3bF0
昔のるうぇーいの森を読んだが余りに主人公が糞過ぎて・・・・読むのが非常に苦痛であった。
以来俺には合わないので読んでない。何で絶賛されてるのか全く理解出来ないです。

825 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:18:06 ID:o146hkHE0
>>816
読む側には今でも読みたい欲求があるんじゃないかとおもうんだけど、書かれなきゃね。

826 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:18:25 ID:MLuAgidR0
朝起きて、パンかじってコーヒー飲んで、散歩に出かけたら公園でブランコ
漕いでた女の子と友だちになって、駅まで一緒に歩いた。

てなことを原稿用紙80枚にできる人

827 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 13:18:40 ID:jhmNCQV00
エロ小説だからじゃね?

828 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 13:19:04 ID:GucZwhk/0
>>816
インタビューで
「日本文学はただでさえ煩わしい現実を、さらに煩わしい内面描写とやらで覆い尽くす。そこが肌に合わなかった」
みたいなこと言ってたね
書店での立ち読みなので正確な言い回しじゃないがwww

829 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 13:19:24 ID:HDiyt/880
作家はイケメンであることが少なくないこともないこともない。
が、当然、中には該当しないケースもある。
が、当然、中身は該当しないケースもある。
作品と作家は必ずしも一致しない。
内面と外面は必ずしも一致しない。

面はメンとも読むが、ツラともヅラとも読む。
器量と言っても、色色な意味合いがある。
日本語は毛唐には理解できない。
ムラカミ受賞の当然とムラカミの美貌を主張しているのではないから、誤解なきよう。

声優はあくまで声を楽しみべきであり、本来的に公衆の面前に出るべきではない。夢を失った子供も多いはずだ。

830 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:19:38 ID:jZPtQsA20
流行りものは読まねえ
筒井康隆はとれんの?

831 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 13:19:47 ID:N4qAj3ww0
>>808
だからそれを証明するために
納得できる作品をだしなさいってw
往生際がわるいんだから、この子は、もうw

832 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 13:20:02 ID:a0xfhwjE0
>>810
ライ麦畑はちゃんとした小説だよ
オチがないというのは読解力ないと思うw

主人公がライ麦畑の歌?について話すところで自分の夢を語るところがオチだよ
あれはたけしのHANABIと似た構成になっていて、オチまでの長いフリの部分で主人公のダメさを徹底的に描く
それでこんな「糞野郎死んじまえよ」って読者に思わせる
その仕掛けをしておいて最後のオチで主人公の小さな正義感を見せて涙を誘う
曽根崎心中なんかも同じ手法
正統派の素晴らしい作品

833 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 13:20:35 ID:K10LSW2G0
>>26
Thx!
読まなくても人生に影響なさそうだ。

834 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:20:42 ID:sqGqyFVC0
まぁ横溝正史だの安部公房だの一流のミステリ作家好きのほうが
知的な感じがするな。

ふんいきを楽しむ村上春樹系の小説って
頭をフル回転させなくても楽しめる系の小説だからな

835 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 13:21:09 ID:bQ1YPB0V0
>>825 私小説って、まだそこそこの量は生産されてるんじゃないの?
日本文学で私小説の匂いが全くしないなどのものを書くほうが難しいという状況は今でも続いてるらしいので。



836 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:21:24 ID:YdT94H0g0
>>826
冴えない風貌だが
只者じゃない感じが隠しきれず、
道歩いてるだけで女の子が声掛けてくる

オタクの妄想そのものだよね。うええってなるw

837 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:22:21 ID:y91xO8sVO
話はズレるが新約聖書を書いた人って偉大だよね?

アメリカ文学は、これが無ければ別の物になってたと思う。

838 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:23:21 ID:jZPtQsA20
>>23
あの顔でセックスシーンとか気持ち悪い
むっつりスケベ顔や

839 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:23:52 ID:sqGqyFVC0
>>837
アメリカ文学どころか
西洋の歴史自体がまったく別の物になってただろw

840 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:24:10 ID:o146hkHE0
>>833
おかげで>>26からのレスを読めたが、笑えた㌧
とくに>>126>>467

841 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 13:24:14 ID:JF9O9gvc0
村上春樹の作品は、やたらに固有名詞が羅列されていたり、
話の流れに関係ないような主人公の視点による描写を延々と続けたり
無味乾燥な性描写が至るところに書かれているから、どうしても好感をもてない
本人の言葉を借りれば、非常に個人的な作風であるにもかかわらず、かくも人気があるのか理解に苦しむ

それでも「ノルウェイの森」は徹夜で読むほど熱中したが

842 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 13:24:59 ID:l/5HKEyQO
1Qの翻訳本が来年末だから来年だろうな~

843 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:25:11 ID:PRLdnfnyP
>>837
というか、アメリカに渡って開拓しようなんて気を起こす人もいなかったかも。

844 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:25:43 ID:Vgt3ozO20
で、この人のファンは読後どういう感慨に耽ったりすんの・・
オマンコしながら自己と社会とか喪失について考えたりするようになんの・・

845 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:25:45 ID:AwRJ9OVG0
村上春樹はブサメンだからなぁ
これがイケメンならノルウェイみたいなのもいいんだけど
ブサメンが書いたと分かったらエロゲと同じレベルでしか見れない
スプートニクあたりもそうだけど、主人公はもろエロゲだもんな
やっぱり冴えない主人公がモテモテって状況は違和感がある

846 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 13:25:56 ID:lnofEywl0
ノンポリのぼけーっとした青年が何故かヤリチンでちょっとした冒険を楽しむ変な小説だろ

847 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 13:26:36 ID:bQ1YPB0V0
>>837 新約聖書の影響大きいよね。
全く無関係みたいな話でも、本人も意識してないのだろうが、キリストの物語構造が下敷きになってたりする。
それから旧約は更に物語構造を採取するのに最適な宝庫となってるよね。
別に全く新しい形を作り出す必要はないよ。


848 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 13:26:56 ID:59wAKtVg0
ノーベル文学賞って平和、人権を叫んでいる人が受賞する賞でしょ?
娯楽小説家が受賞できるもんなの?

849 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:26:57 ID:sqGqyFVC0
ブサメンだから読みたくないってのは
女の発想だろうな



850 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:27:11 ID:UjTMghwYO
しかし文学初心者としては826なんかをみると
ますます片岡義雄と区別がつかんのだが

851 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 13:27:12 ID:a0xfhwjE0
>>818
罪と罰は駄作でも何でも無いぞ
むしろカラマーゾフのほうが過大評価だとおもう


852 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 13:27:54 ID:LgldHBZUO
1Q84とやらを>>26風に説明したらどんな感じ?

853 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:28:17 ID:AwRJ9OVG0
>>849
読みたくないとは言ってないじゃん
発想はエロゲと同じレベルだと言ってるだけでね
俺エロゲ好きだから村上春樹も嫌いではないよ

854 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 13:28:39 ID:lnofEywl0
>>851
カラマーゾフは確かに何の変哲もない三流サスペンスドラマだったね

855 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:29:04 ID:y91xO8sVO
>>839

文章的にって事ズラ。

856 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:29:05 ID:R70/tB9L0
>>831
あんたもね、村上スレなんだから少しは村上の作品について語りなよ
文学がどうのと偉そうに書いてるが、一向に村上の文学について書いていないようだが

それと>>808にどういう証明がいるんだ?
どこかの作品に書かれているなどとレスしたわけではないが、「文学が死んだ」なんて言葉はよく耳にすることだろ
プロットやストーリーが出し尽くされたなんてのは作家なら皆知ってることだ
あえて言うなら星新一の「つまらぬ話」にも書かれている

>>768もあんたが、質問に答えろと書いたからレスしたが、
それに対して>>797のようなトンチンカンな返答だされても話が続かないだろ?

857 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 13:29:32 ID:D/rDZoE5O
>>846
そうですw

858 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:31:44 ID:bjRKARS50
>>855
和訳しか読んだ事無いから、堅苦しいつまらない文章って印象だなぁ。

859 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:31:51 ID:AwRJ9OVG0
シニカル風味の主人公キャラがやたら女にもてるんだよね
本気出してないけどなんでも人並み以上に出来ちゃうよってノリがブサメンの理想とする人間だもんな


860 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:32:03 ID:jZPtQsA20
>>854
キリスト教が分からんと分からん
あと、頭が良くないと分からん

861 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:32:58 ID:f8plmvOl0


単に実力がないからでしょ。創価に持ち上げてもらっただけの作家だし。


862 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 13:34:00 ID:B/9OBsDsP
逆に問いたい。何故取れると思うのか。

863 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:34:04 ID:I7s+EuL40
このスレの住人は誰も村上作品読んでないのに
互いに罵り合っててワロタ

864 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:34:44 ID:R70/tB9L0
ドストなら「虐げられた人々」や「白痴」「永遠の夫」あたり読むことを薦める
時代背景なしに一気に読める。特に「虐げられた~」はオヌヌメ

865 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 13:35:21 ID:a0xfhwjE0
>>854
>>860
聖と俗の対比がテーマなんだろうけど、あんまり上手く書けてないと思うな

罪と罰は、善と悪がテーマで似たような感じだけどこっちは最後のオチまで全てが上手く描けてる

866 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:36:11 ID:YdT94H0g0
>>859
本気出せばなんでもできるけど
皆みたいに真剣になれないんだよね

といいわけしながらのダメポジションな
共感する人はするだろうな。

867 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 13:36:20 ID:lO7PWe2g0
村上春樹なんぞ遠く及ばない優れた小説家は日本にごろごろ居たんだよ。
時代が時代なだけにその栄誉から見放されただけ。

868 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 13:36:39 ID:ynE6v2T30
いかにもインドア系の作家が書いた話って感じだもんな
妄想に妄想を膨らませてるだけで、経験から得た感性に基づいていない

869 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:37:24 ID:sqGqyFVC0
ドストエフスキーとか凄い面白いんだろうなとは
思うんだけど、日本語訳が翻訳調のカクカク文なせいで
小説の世界に入っていけないからつらいよな。
世界に入ってこそ文学の楽しみがあるわけで、テキストを講読
してるような感じだとつらい。
最近古典文学の新訳が色々でてるみたいだけど
ドストエフスキーも自然な文体の新訳でてるのかい?

870 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 13:37:43 ID:w2fYkwuV0
村上春樹は「カンガルー日和」という史上最低の短編集を読んで見捨てた。
どの一編も文学史上に燦然と輝く最低の愚作だった。

あんな本を出版する出版社も悪い。


871 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:37:44 ID:AwRJ9OVG0
>>868
でも作家にそういう面も必要だと思うよ
ブサメンの俺は村上春樹の小説に共感できるもの

872 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:38:21 ID:L4l4HYv70
>>695
藤沢周平と山本周五郎と海音寺潮五郎と乙一と京極と春樹全巻が一緒の本棚に入ってるぜ
家のトイレ

873 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:38:56 ID:o146hkHE0
>>835
とらえかたによるんだろうけど、狭くとらえるなら、「文壇」がなくなるとともに消えていったんじゃないかと。
広くとらえるなら、自己告白的要素のある小説は多いだろうけど、いろいろ工夫こらされると、
凡庸な読者はかえってついていけなくなっちゃった感じかな。そういう読者は、ネットやらが今では引き受けてる?

874 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:39:22 ID:TaLK1KyF0
一体どこの星のノーベル賞の有力候補になってんの?
まさかに地球じゃないよね?

875 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:39:25 ID:y91xO8sVO
>>858

俺もきちんと読んだ事は無いです。どっちかといえば都合次第で神頼みな無神論者

ただ、文章ひとつを取っても詩的な響きや同じ言葉の繰り返し等の文学の基礎になってると思う。

876 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:39:57 ID:6MdaTsPGO
そもそもなんでこのスレの連中は、村上自身が、あれは自分の本線の小説ではないと断言している『ノルウェイの森』を論評して村上を評価しようとしてるんだ?
他の作品をちょっとでも読んでいれば、あれが異質なものだってすぐわかるだろうに…

作品を読まないでその作家を批評することほど愚かしいことはないんだがな


ああ、ただの嫉妬ですか?


877 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 13:40:13 ID:lnofEywl0
カフカの代表作や短編集を読んだ上で村上春樹の小説を読むと、いろんな箇所で似たような表現手法があるのに気づく

878 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:40:47 ID:SZzOE9oI0
俺達ゴミが村上を叩いてもどうにもならって言う事だな
何書いても売れる事が分かってるヤツには敵わないや

879 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:41:53 ID:sqGqyFVC0
けどラノベだの言われてても
ダメポジションの葛藤を文学レベルにまで昇華してんだろ

しかしそういうウジウジした男が主人公の小説が世界で
受ける理由ってなんだ?

880 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 13:41:57 ID:a0xfhwjE0
>>869
ドストエフスキーの訳はすごく分かりやすい方だよ
あれでダメなら他の訳本なんてほとんどダメだというレベル
ヘタな短編よりもスラスラ読める
上に上がってる中では「虐げられた人々」と「カラマーゾフの兄弟」は読みにくい
他はだいたい読みやすい


881 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:42:23 ID:vxssO6pC0
>>876
>>1で映画について触れてるからだろ
それに仮にも代表作だ罠

882 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:42:29 ID:jZPtQsA20
>>864
おれ「スチュパンチェコボ村」勧められたけど読んでない


883 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 13:42:38 ID:utuz2P650
>>866 そういう妙に甘い設定というのは、売れる基本要素だよね。
一概に悪いとも思わないが。
しかしそこらが許せない人は読まないだろうね。
実人生で甘えまくった生活を続けて、その実例というものを証明しながら
書いたと言える太宰についても、その作品を極端に嫌う人は
その「甘さ」にあるようだから。


884 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 13:43:04 ID:FIi0i/0RO
>>1
まぁ、バランスの問題なのかね?
文学に限らず、作家職の人って。

885 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 13:43:16 ID:aiRwmf7TO
アップダイクのパクリ作家

886 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:43:24 ID:Vgt3ozO20
文学の基礎は聖書

887 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:43:30 ID:bjRKARS50
>>873
俵万智が言っていたけど、講演会とかに行くと、
いつも実体験に基づいて作歌しているのですかって言われるらしいよ。
平安の時代から題詠だったのに。

文学に対してはフィクションや創作って感覚がわからない人が多いんじゃないの?
漫画や歌謡曲やゲームに関しては、実体験に基づいて作っていると思う人はいないのに。

私小説というフィクションを理解していない人が多いんじゃないのかな。

888 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 13:44:06 ID:2fO8UvHpO
村上って腐女子ご用達ってイメージしかないけど後世にも語り継がれるような歴とした文学なの?

889 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:44:57 ID:ii57RIly0
村上春樹はよく読むけど、
ラノベみたいなもんじゃん。

890 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:45:36 ID:jZPtQsA20
>>869
ドストエフスキの翻訳は翻訳ものの中では日本語らしい方だけど
古いけど米川正雄だっけ?いいと思うけどな

891 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:45:44 ID:AwRJ9OVG0
>>883
太宰のは自虐ネタじゃん
ナルシシズムを刺激する作家であることは確かではあるけどさ
俺はユーモラスな作家だと思うけどなぁ


892 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:46:07 ID:L4l4HYv70
>>883
甘いったって春樹程度の甘さはどの小説にもあるだろうが
「俺は一生恋人なんて出来なくていい、最期まで一人で死にたい」なんて覚悟のあるやつ見たことないよ

特に娯楽小説なんて、どいつもこいつも自分に甘々じゃねえか

893 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:46:36 ID:oLCe0fHO0
文学とはなにか

894 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 13:47:45 ID:eqXilS480
>>53
多分『風呂で寝た(ヤった)』ってところじゃない?読んだ事無いけど。
そういえば『女薫の旅』も家族風呂でやるのが大好きなんだよな。

読んだ事無いけど

895 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:48:09 ID:bL3OLdX8P
村上作品何冊か読んだけど特に何とも思わなかったな
日常の中にシュールを混ぜ込んだふわふわした印象しかない

受賞できない最大の理由は健康すぎることだろうな
こんなに健康的だとあと2,30年は持ちそうだから後回しにされる

896 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:48:22 ID:L4l4HYv70
>>889
だから、そのラノベってたとえば何?
アンタの十倍ラノベ見てると思うけど、全く似てるなんて思わない
具体的な作品名あげてくれ

897 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:50:47 ID:bjRKARS50
>>891
娘の佑子の方が、一時期は父親を越える逸材って騒がれていたのにな。
現代社会の創作活動は難しいよな。

898 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:50:47 ID:SZzOE9oI0
1000なら村上春樹、日本初の芥川賞、直木賞同時受賞作家となる

899 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 13:51:15 ID:l9tDpq4l0
>>892
自分に甘く、更に他人にも甘い、では甘々かというと、そこにドス黒い恐怖感がある
ユルい生活が内包する日々の断絶感、村上春樹の真髄だな

900 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 13:51:35 ID:ez/H78eV0
意味の無い性的描写は嫌いだなあ・・・。

901 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 13:51:57 ID:a0xfhwjE0
>>879
ん?村上春樹は文学のレベルに昇華できてないよ

その手のウジウジ君ものでちゃんと文学に昇華されてるものは、理想と現実の葛藤とか、時代との確執とか、疎外感をしっかり描いてる
ドストエフスキーはそれで犯罪を犯しちゃう基地外が主人公だったりするけどw
そんなわけで普遍的なテーマをあつかってる
サリンジャーもそういう正統派の文学
春樹の場合はそれを扱うフリをしてフェイントをかけ題材を提示しておいてそこから逃げてる


902 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:52:25 ID:wpba1+b40
>>892
甘さを肯定してるのは少ないんじゃないかなぁ。
娯楽小説なんて、フィクションだからこそアツイ人生を体験したいっていう面があるし。

903 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:52:33 ID:S4Qf6kuH0
なんか>>1の発想が韓国っぽくてキモイから嫌。
受賞できなくていいや

904 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:52:56 ID:AjDPusMi0
春樹がとったら子どももエロ小説読んでしまうのか

905 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:53:17 ID:F/YxQd1L0
>>852
>>607

906 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 13:53:19 ID:utuz2P650
>>891 常に自分のことしか考えてないから、自虐になるんだよ。
日本人や日本文化内で甘えを極大にもっていった場合、太宰のような精神構造と作品になる。



907 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 13:53:33 ID:aTtO1R4JO
商業ブームになった作家を 今さら ノーベル賞授賞させるほど つまらないものはないのだ。

908 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:54:02 ID:jZPtQsA20
>>26
そんな筋なのか
そういえば感じの悪い女がいてね
これがまたブスなんだけど
すごい「ノルウェーの森」好きでね
そんな筋かと思ったらますます気持ち悪くなってきた
そいつ露骨にセックスの話するから前から敬遠してたんだけど

909 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:54:42 ID:YdT94H0g0
>>904
ノルウェイんときは、なんか知らんけど売れてるっつって、
ませた小学生まで及んでたと思う
田中康夫や村上龍みたいなドラッグと退廃みたいな奴もw

910 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 13:55:55 ID:N4qAj3ww0
>>856
え?
最初のレスで村上春樹はストーリーテラーだからノーベル賞取れないのは当然って
書いたはずだけど、覚えていないのかな?

>プロットやストーリーが出し尽くされたなんてのは作家なら皆知ってることだ

ああ、認めちゃうんだw
ま、文体もだけどねw
じゃあ、文学の価値も全くなくなるよね
だって文学ってのは誰もやっていない事をやる事に価値があるんだから
いわば最先端科学の実験場なわけでしょ?
新しさが無くなったことを認めたんじゃもう文学の話は終わりだよw

へミングウエイだって当時はだれもやったことのない文体を作り出して、
それが今のハードボイルド小説に繋がってるんだけどね

ま、これからも先のない「文学」に邁進していってください。では。

911 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:55:57 ID:o146hkHE0
>>887
それは確かにあるだろうね。

ただ、自己告白的要素があり、かつ物語として魅力的(細部まで覚えやすく、何度もくりかえしておもいだして知らず知らず考えているようなおはなしってところか)
な小説の需要って、オトナになってもあるとおもうんだよ。そういう小説を鍵に、オトナは人生をより深く味わうようになるっていうか。
ただの自己告白のノンフィクションじゃあ、その役には立たない。
そういう小説が不足してるっていうか。いや、書かれてるが有名じゃないだけかもしれないが。
普通の人は、村上春樹をそんなふうには読めないとおもうんで。

912 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:56:28 ID:vbc0p6Yv0
村上って、赤川次郎と、吉本バナナを足したような小説だろ

913 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:57:07 ID:59wAKtVg0
たかが小説にマジになっちゃってどうするの

914 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:57:07 ID:SZzOE9oI0
>>26
そういえば、そんなプロットだったな
もう24年前に読んだから忘れてた

915 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:58:01 ID:sElg1uFb0
すごく巧みに隠してるとは思うんだけど、

俺は確信している。


この人、筋金入りの「お金大好き人間」だと思う。
もうね、顔に出てるもの。働く原動力が、創作行為にもかかわらず、第一に
「いくらお金を稼げるか」が実は主軸のモチヴェーションになってる人。

作品にも出てるし、売れたのもそのおかげだよ。
みてる人はちゃんと見てるんだと思うよ。いや、よくよく読むと分かるって。
本当にお金が大好きで小説書いてると思う

916 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:58:06 ID:UjTMghwYO
村上春樹のイメージは「なんとなくクリスタルな作家」という感じ
鈴木英人のイラストが似合いそうな
80年代の遺物
日本から遅れて、
今、ヨーロッパでモー娘やビジュアル系バンドが人気みたいなもんか

917 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 13:58:19 ID:/3Ty8Ri/0
あれだけインターナショナルを喧伝してるのにまだ受賞してなかったのw

918 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:58:39 ID:HFBeNU1r0
日本政府が軟禁でもすればいいんじゃね?

919 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 13:58:48 ID:AwRJ9OVG0
>>906
そんな大げさな話じゃなく村上春樹との比較さ
村上と太宰を並べることに違和感を覚えたの

920 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 13:59:30 ID:VsuC9RuI0
村上は
 顔がバカボンだから無理!

921 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 14:00:37 ID:SZzOE9oI0
>>517
禁酒禁煙で毎日聞いてるのは短波ラジオ放送、冷?づくりが得意で種馬の調教やってるのが主人公って設定。
これはベストセラーになるな。よし今から書いてみよう

922 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 14:00:48 ID:bjRKARS50
>>915
労働者の8割以上は、そうじゃないの?
それ相応の金がもらえないんだったら、そんな職はすぐに辞めるって。

作家とか芸術家にボランティア精神を求める必要性ないだろ。
俺らと同じ人間なんだぜ。

923 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 14:00:56 ID:wxvcZ4bw0
あのコピペ見たらもうお腹いっぱい

924 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 14:00:59 ID:SqWln0/d0
日本語が世界に広まれば10個は取れる

925 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 14:01:07 ID:FbxAQAdZO
>>26
このコピペ見るといつも読んでみたいと思うのに本屋行く頃には忘れちゃう

926 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 14:01:23 ID:2bJKvgMwO
現代小説はクズばっかり。
1970年代以降の小説で藤村の「破壊」を超える作品が一つでもあるか?

927 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 14:01:38 ID:vbc0p6Yv0
村上って、英語になってるの?英語でも伝わるの?

928 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 14:02:11 ID:UjTMghwYO
インターナショナルの前にまずナショナルであれ

929 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 14:02:58 ID:sElg1uFb0
それも、稼いだお金で豪邸建てたり遊びたいって、そういう金銭欲じゃないのよ。

何かを創る(創作)=生産 で、そこでアウトプットするモノの報酬が、
イコールお金、だから認められるためにはお金をたくさん稼がなきゃいけない、
そういう発想にいくタイプの人。

芸術家とエンタメの間というか、商業音楽の世界とかに向いた発想で書いてる

930 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 14:03:18 ID:FevRBIyn0
>>26
ビッチがノルウェイの森が好きだとか宣伝してるのを聞いてからというもの
この作家に対する印象が最悪なものになったなあ

931 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 14:03:55 ID:bjRKARS50
>>926
その主張で作品名を間違えるって、お茶目過ぎ。

932 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 14:04:05 ID:YdT94H0g0
>>927
直訳風だし本人も英語訳したみたいな頭で書いてるでしょ
あんまりどう訳していいのかわからないような表現ないよ
だから読みやすいっちゃ読みやすい

933 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 14:04:28 ID:utuz2P650
>>911 そんな効用のために、私小説を求めてたのか。
そりゃ、春樹は駄目だろうね。そういう用途向きには。
春樹は自意識についてはなるべく外側から描写するというか、
「ジメジメしてなくて基本的に爽やかだから。言葉に配慮できる人は硬質なというような形容してね」
みたいな感じで、いわゆるカッコ付けてる訳で、そういう欲求には応えてくれないだろうなぁ。
そういう用途なら昭和期の日本文学が腐るほどあると思うので、丹念に読んでいっても
およそ一生分くらいあると思うよ。
でも私小説には私小説の弊害というようなものもあって、私小説の古いものなどを読み続けると
欝気質に拍車がかかりそうで、なんとなくイヤだなぁ。罰ゲームみたいだ。


934 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 14:05:46 ID:o146hkHE0
>>929
それはまさに、ウェーバー的な「資本主義の精神」だな。
たいていは、好意的にあつかわれるだろうな。

935 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 14:06:13 ID:lnofEywl0
>>926
「破戒」は被差別部落民が自分の出自を知って、なんか知らんけど周りのみんなに土下座して謝る変な小説だよな

936 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 14:06:45 ID:UjTMghwYO
もう外人作家の作品は全部、福田恆存が訳せよ

937 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 14:07:20 ID:eqXilS480
スタニスワフ・レムにノーベル文学賞をあげなかったのは委員会の目が節穴である証拠だ、と思うね

938 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 14:07:22 ID:YdT94H0g0
>>933
自分に似た主人公見つけてくるとこまではいいけど、
その主人公がなにもせず、埋もれたまま終わりました、だからなw
そういう自分が好きって人しか読めないだろうな
究極のナルが好きな小説って感じ

939 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 14:07:25 ID:R70/tB9L0
主人公が甘いっていうか、妙な偶然に偶然が重なり話が転がっていくのがな
あと、やはり死人を安易に出しすぎだろう
出だしからいきなり殺すこともある
冒頭から読者を惹きつけるため、インパクトのあるやり方を求めてなんだろうが、どうにも姑息に思えて


短編集の「東京奇譚集」の冒頭文章

『ハナレイ・ベイ』
「サチの息子は十九歳のときに、ハナレイ湾で大きな鮫に襲われて死んだ。


『どこであれそれが見つかりそうな場所』
「夫の父は三年前に都電に轢かれて亡くなりました」とその女は言った。

940 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 14:07:25 ID:L4l4HYv70
>>910
それ春樹自身が答えてるよ

音楽を作曲したり、物語を書いたり出来るのは人間に与えられた素晴らしい権利であり
過去になにがあったって、現在の人間として書かなきゃいけない物がある

だそうです

941 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 14:07:51 ID:AOvCR30lO
賞目当ての文学者ってなんだか浅ましいね。

942 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 14:07:56 ID:aTtO1R4JO
こんなのより、三嶋由紀夫の方が 10倍ノーベル賞もの。



943 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 14:08:27 ID:nKYMWk7g0
影の軍団が立てる【話題】スレは
ここの板で立てるのには板違いだと思うのだが。


944 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 14:09:05 ID:jZPtQsA20
>>926
藤村はなんか間抜けじゃない?
冴えがないというか才能がないというか古臭いと言うか

945 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 14:09:17 ID:usSzLqwZ0
村上以外に海外でも評価が高くて村上の次ぐらいにノーベル狙えそうな日本人作家っている?


946 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 14:09:37 ID:UjTMghwYO
三島は実力も充分以上にありちゃんと政治的活動もやってたのに貰えなかったな
若かったからかな

947 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 14:09:39 ID:J4kCbsi6O
あのテンプレ好きだな


948 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 14:10:12 ID:vbc0p6Yv0
>>945
赤川次郎

949 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 14:10:21 ID:CT0TxlAy0
漫画家はダメなのか

950 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 14:10:35 ID:GucZwhk/0
>>859
広末涼子に惚れられそうなタイプな

951 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 14:10:45 ID:xJ4KVgQ50
>>929
そのイメージで真っ先にうかんだのが作詞家の秋元康なんだけど。
そんな感じ?

952 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 14:11:04 ID:SZzOE9oI0
>>946
三島は割腹自殺しちゃったから。
あの時ノーベル賞候補にあがっていたんだよ

953 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 14:11:07 ID:btGGw48J0
村上春樹の小説がくだらない。それが理由だ。


954 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 14:11:31 ID:l9tDpq4l0
>>945
宮部みゆきでいいんじゃないか?
全然面白くないとこがノーベル賞ものだ

955 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 14:11:40 ID:hULJWSq70
大体ノーベル賞に文学賞と経済学賞なんかいらないだろ。

956 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 14:11:40 ID:N4qAj3ww0
>>940
うん、それは否定しないよ。
「文学」でないならね。
おれだって2ちゃんで便所の落書きを書いてるもの。w

957 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 14:12:11 ID:o146hkHE0
>>933
効用っていうか、まあ、映画などでもそうだけど、普通の読者が小説に
求めることってそんなもんでしょ。村上春樹は、その役にあまりたってないとおもうよ。
ファッションで読んでる人は多いと思うが。
あと、むかしの私小説には、くだらないのも多いんだよ(知ってるとおもうけど)。
つまり、事実の洗練・変形が不十分で魅力的な物語になってないっていうね。
それと、私小説と鬱とは別に必然的関係は無い。

958 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 14:12:52 ID:eOgDdk4B0
>>1 単にくだらねえからじゃねーのか?

959 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 14:13:08 ID:MReDg4Jy0
芥川賞すら未だに取れないのにノーベル文学賞だと?wwwww

選考委員から、外国の翻訳小説の読み過ぎで書いたような、ハイカラなバタくさい作
と評されただけに。
英訳するとウケがいいんだろうなw

960 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 14:13:25 ID:jZPtQsA20
なんか芥川賞とった背中蹴飛ばしたいとかいう小説書いた人はダメなの

961 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 14:13:41 ID:T0PqYp030
>>949
バートランド・ラッセルが受賞するくらいだから漫画家が受賞してもいいと思うけど
そうすると日本の一人勝ちになりそうだね
諸星大二郎とか高野文子とかにあげればいいのに

962 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 14:13:58 ID:LgldHBZUO
>>905
あったのか、サンクス。
つーかやってばかりだな。

963 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 14:14:23 ID:aTtO1R4JO
そもそも 大江がノーベル賞をとって以来、 ノーベル文学賞に 幻滅。

964 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 14:15:05 ID:hULJWSq70
>>954
なんでこんな深みのないキャラクターについて
延々とその生い立ちを書くのかと思うときあるな
『模倣犯』の話だけど

965 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 14:15:47 ID:R70/tB9L0
>>940
つまんないやつにレスしなくていいよ

しかしこの手のやつってどうして、「では」とか言って逃亡したくせに
その後も未練たらしくレスつけるのかねえ。みっともない。

966 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 14:16:08 ID:nXVyNYen0
>>948
ライトノーベル賞なら受賞できるかもね。

967 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 14:16:26 ID:alb9tbgN0
>>963
大江だって、デリバティブ理論よりはマシだってば

968 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 14:16:37 ID:05ezD+ES0
>1
この記事が書かれた理由と同じで
大した理由はないのさ

969 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 14:17:28 ID:SZzOE9oI0
けどおまいら何だかんだといいながら村上の事が気になって仕方ないのなw

970 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 14:17:41 ID:UjTMghwYO
田河水泡や手塚治虫はもらえていたべきだろ

971 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 14:17:42 ID:vbc0p6Yv0
     |┃三          /::::::::ハ、\、::::::::\\::::::::::::',
     |┃            i:::::::イ  `> ー─--ミ::::::::::::|
     |┃            {::::::::|    ::\:::/::::  \:::リ-}  
 ガラッ. |┃            ',::r、:|  <●>  <●>  !> イ
     |┃  ノ//        |:、`{  `> .::  、      __ノ
     |┃三          |::∧ヘ  /、__r)\   |:::::|
     |┃            |::::::`~', 〈 ,_ィェァ 〉  l::::::》
     |┃            |:::::::::::::'、  `=='´  ,,イ::ノノ从
     |┃三         ノ从、:::::::::`i、,, ... ..,,/ |::::://:从

972 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 14:17:50 ID:tYAXA81m0

文学賞の客観的な受賞基準て、何よ wwwwwwww
そんなもん有るわけねえだろ。

文学賞、経済学賞、平和賞は政治的受賞だよ。







973 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 14:18:38 ID:alb9tbgN0
>>968
他の候補小説家だって大同小異だしな

974 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 14:19:19 ID:vxssO6pC0
>>963
作者の主張が色濃く反映されておりそれが社会的であると認められると高得点なのがノーベル賞
方向性はあまり関係ない

975 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 14:19:29 ID:YdT94H0g0
優秀で、俗物でなく、頭が良すぎて病んでる自分大好き

976 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 14:19:36 ID:hULJWSq70
>>969
娯楽と言うにはさほど面白くなく、文学と言うには軽すぎる。
なのに世界的に人気がありノーベル賞まで囁かれる。
気になってしょうがない。何冊読んでもわからない。
まあ読みやすいのは確か。

977 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 14:20:14 ID:N4qAj3ww0
>>965
そんなに悔しがるなってw
あんたにサヨナラしたんであって、別の人にレスしたっていいだろ?w

978 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 14:20:47 ID:FAQ7a0sDP
>>7
おめえが書き込むなよ、ばーか

979 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 14:20:55 ID:usSzLqwZ0
活字読む人少なくなってきたし誰でもいいから日本人受賞しろよ

980 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 14:21:17 ID:utuz2P650
>>939 その最初の一行は凄いね。
筒井の興隆期に量産してた短編の最初の行が、いきなり横殴りみたいな凄いのだったと思うが、そんな感じだ。
筒井の短編小説の最初の一行が
「社長がマフィアの頭目だとわかったので、オレは会社に辞表を出した」とかいうのが代表としてあったと思う。
でもその頃の筒井の短編の主要テーマは不条理さと途中のドタバタ展開にあったりもしたので
実はこの最初の一行は、まさしくそれを見事に体現している訳だ。

同様に
>「サチの息子は十九歳のときに、ハナレイ湾で大きな鮫に襲われて死んだ。
>「夫の父は三年前に都電に轢かれて亡くなりました」とその女は言った。
その作品の多くで、喪失をテーマにし、
「人生はただ失われていくばかり。人の最大の喪失である死すら意味づける事も出来ずに僕達はポップに漂ってるんだよ」
という主題が繰り返し現われるハルキ文学を如実に現す、必殺の一行であるとも言えそうに思う。

ただし以上は作品構造的な問題であって、そうやって必殺の一行を携えた短編作品が
文学的に優れてるかどうかまでは、よく知らないけどね。

981 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 14:21:26 ID:o146hkHE0
>>961
私小説のことでやりとりしてたんだが、黄色い部屋、みたいのが、
まさに俺の考える、今書いて欲しい私小説だな。漫画で書かれちゃったけど。

982 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 14:23:48 ID:SZzOE9oI0
>>976
村上の小説は最後は読者へ答えを探させるところがあるから
読む人間の素養によって作品の評価も変わってくるんだろう

村上の作品を最後に読んだのは7年くらい前の海辺のカフカ

983 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 14:24:11 ID:XmJZkFQe0
あとだしじゃんけん記事

984 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 14:25:18 ID:alb9tbgN0
近年のノーベル賞ってさ、異論の出ない安心理論、で30年とか前のヒト
もしくは世界を混乱させる㌧でも人間しか選んで無いジャン

どっちにも属さない村上は辛いな

985 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 14:26:05 ID:UjTMghwYO
コウンが取れるなら相田みつおでも取れるな

986 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 14:26:34 ID:eOgDdk4B0
>>980
商業主義のやっつけで、どんなにくだらねーものを書いても、
こうやって必死に解釈をつけてもらえるっていいなw

987 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 14:27:16 ID:ldd5/C5e0
村上春樹の小説は結構面白いんだけど、結局のところ何が言いたいのかわからん。
それが受賞できない理由なんじゃね?

988 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 14:28:05 ID:XTs9dRRS0
村上はねぇよ・・・

989 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 14:28:15 ID:SZzOE9oI0
>>987
そうでなく分かる人にしか分からない文章だから

990 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 14:29:17 ID:GucZwhk/0
とにかく小説という分野の極北には
すでに「フィネガンズ・ウェイク」「ユリシーズ」「失われた時を求めて」「特性のない男」「ボバリー夫人」
「クレーブの奥方」「カラマーゾフの兄弟」「白痴」「リアル鬼ごっこ」
などの傑作があることを忘れないでほしい

991 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 14:29:26 ID:a0xfhwjE0
>>982
本気で言ってんのか?w
探させることもなくCMのように流れて終わっていくだけだろう

992 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 14:29:45 ID:0VVqMvHB0
ポルノだからでしょ?

993 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 14:29:58 ID:UjTMghwYO
源氏鶏太あたりに与えられていれば
俺はもう少しノーベル文学賞を評価した

994 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 14:30:28 ID:ijRYHlr+Q
上に閉ざされた世界から出ていった先を書けば~と書かれてるのを見て
なぜかウテナを連想した
そしたら言わんとしてることが解った
村上の小説は途中でいつも挫折するんだけど…

995 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 14:30:44 ID:X1Rl4LhYO
>>986
君さ、純文学の世界を知らないでしょ?
筒井が言っているからではないけど、いまでも文学は文体も文法も表現も先鋭化してるよ。

それと村上の評価は別だがな。

996 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 14:30:56 ID:L4l4HYv70
>>987
何が言いたいって、そもそも何も言ってないよ

春樹がアメリカの大学でクラスを持ってたときに
「アナタのこの話は一体何が言いたかったんですか」と聞かれて
「これはこうだと思うけど、それは僕の一意見であって、決して正解ではないよ」って答えたら
「アンタ作者でしょ、そんな無責任なこと言いわれちゃ困る」と言われて
アメリカ人にはそういところが通じないんだなあ、みたいなこと書いてたけど
それ俺だって同じこと思うわw 
無責任なことするなよって

997 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 14:31:43 ID:R70/tB9L0
>>977
あんたのID:N4qAj3ww0抽出しても結局村上作品については、具体的に何一つ書いてないのな。
ろくに村上を読みもせずに批判だけ偉そうにするなんて、一体どこの中二病なんだよってこと。
これに懲りてこれから、知ったかはやめるんだな。

998 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 14:32:02 ID:SZzOE9oI0 [12/12]
村上の本は読みやすく誰でも気軽に手にとれるが
理解するのは容易ではないという事。

999 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 14:32:20 ID:vbc0p6Yv0 [5/5]
村上ワールドwwww

1000 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/10/11(月) 14:32:25 ID:eOgDdk4B0 [3/3]
>>995 そもそも筒井康隆なんてガキくさいやつを出してくるヤツが、純文学www

1001 名前:1001[] 投稿日:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://2ch3ch4ch.blog109.fc2.com/tb.php/1416-8eeeaa58

ブラックリスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。