【企業】 "こんなに早く…" 電子書籍の販売数、ついに紙の本を上回る…米アマゾン販売のハードカバー単行本 - 2ちゃんで盛り上がってる炎上ニュースを探すブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【企業】 "こんなに早く…" 電子書籍の販売数、ついに紙の本を上回る…米アマゾン販売のハードカバー単行本

【ニューヨーク=松尾理也】米アマゾンは19日、同社がダウンロード販売している電子書籍の過去3カ月間の販売数が、初めてハードカバーの単行本の通信販売を上回ったと発表した。同社の電子書籍端末「キンドル」のほか、米アップルの「iPad(アイパッド)」の参入などによる「電子書籍元年」の活況ぶりが裏付けられたかたちだ。

[フォト]電子書籍、戦国時代へ ソニー「リーダー」国内発売 iPadに勝てる?

 アマゾンの発表によると、過去3カ月の間、通信販売によるハードカバー100冊あたりの電子書籍販売数は143冊。過去1カ月に絞ると、ハードカバー100冊あたり電子書籍180冊にはね上がるという。

 「キンドル」自体も大幅な値下げの結果、好調に売り上げを伸ばしており、同社のジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)は「キンドルはひとつのジャンルとしての地位を確保した。取り扱いを初めてわずか33カ月しかたっていない電子書籍が、過去15年にわたって販売してきたハードカバーを上回ったのは驚きだ」と述べた。

 アマゾンが取り扱う電子書籍はキンドルのほか、iPadでも読むことができる。

 同社は安価なペーパーバックの売り上げについては公表していないが、冊数では依然、電子書籍を上回るという。

応援クリックをお願いします! 1 名前:☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★[off_go@yahoo.co.jp] 投稿日:2010/07/20(火) 12:09:37 ID:???0
★電子書籍の販売数、ハードカバー本を上回る 米アマゾン

・米アマゾンは19日、同社がダウンロード販売している電子書籍の過去3カ月間の
 販売数が、初めてハードカバーの単行本の通信販売を上回ったと発表した。
 同社の電子書籍端末「キンドル」のほか、米アップルの「iPad(アイパッド)」の
 参入などによる「電子書籍元年」の活況ぶりが裏付けられたかたちだ。

 アマゾンの発表によると、過去3カ月の間、通信販売によるハードカバー100冊あたりの
 電子書籍販売数は143冊。過去1カ月に絞ると、ハードカバー100冊あたり電子書籍
 180冊にはね上がるという。

 「キンドル」自体も大幅な値下げの結果、好調に売り上げを伸ばしており、同社の
 ジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)は「キンドルはひとつのジャンルとしての
 地位を確保した。取り扱いを初めてわずか33カ月しかたっていない電子書籍が、
 過去15年にわたって販売してきたハードカバーを上回ったのは驚きだ」と述べた。

 アマゾンが取り扱う電子書籍はキンドルのほか、iPadでも読むことができる。

 同社は安価なペーパーバックの売り上げについては公表していないが、冊数では
 依然、電子書籍を上回るという。

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100720-00000508-san-int

2 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 12:10:34 ID:JUrBYm3C0
bgtsn

3 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 12:10:42 ID:YmXxqPnJ0
電子媒体では記録物は100年持たないとか

もともと中身の無い作品ばかりだからそれもいいかもな

4 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 12:13:20 ID:W57m/qBP0
ハリーポッターの日本語訳の本とか
あのでかくて重い本を
電車のなかで立ったまま読んでるの見てると
ほんと大変だと思うしな。
そういう人たちには朗報だろう。

5 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 12:14:45 ID:C+qISA7P0
>>3
改竄も簡単だし、時間が経つほどオリジナルの特定も難しくなるな

6 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 12:14:49 ID:fNHQ03Al0
俺にとっても朗報かな
本棚が限界です、これ以上買えない
でも買ってしまうという人にとっては

7 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 12:15:09 ID:T2IiPrv40
アマゾンのキンドルは電子ペーパー搭載型の本当の電子書籍リーダー
ただしいまだ白黒レベル、日本では未発売、米国はもともと本が高すぎる、などなど事情が色々ある

なぜかこのスレの流れは、書籍端末としては雑魚過ぎるiPadの手柄にされるのだろう

8 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 12:15:14 ID:HqzZRWEN0
広辞苑を全文検索できるなら買う

9 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 12:15:47 ID:RyPpCODZ0
iBook Storeで売るにはSmash Wordsへの登録が必要なんだけど
ここってWORDの.doc形式しか受け付けてないわけ?
自分でePub形式にしたのは駄目なの?

10 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 12:16:47 ID:27F9H7D30
いくらなんでも早すぎるわ

11 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 12:16:59 ID:Cu04zo730
>>7
iPad上で読むソフトとしては、kindleの方がiBooksより快適だね

iBooksの辞書機能は便利ではあるけど


12 名前:熊五郎 ◆KQuXvLdrz2 [sage] 投稿日:2010/07/20(火) 12:17:33 ID:0RcMOrQI0

髪媒体には何一つ優位性がない。

13 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 12:18:16 ID:qIOxqrzT0
以下、ディスプレイだと頭に入らない。紙媒体じゃないとうんたらかんたら

14 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 12:18:26 ID:PeHoXvpi0
あっちは紙の本が凄く高いから電子書籍化で値段が下がってウマー

15 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 12:19:22 ID:v1tbB9Ro0
実はamazonの終わりの始まりかも

16 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 12:19:25 ID:Cu04zo730
>>12
Yahooでのコメント見ると、紙媒体に対する情緒的な擁護が多いな。
本にはぬくもりがあるだの、愛着がわくだの。

17 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 12:20:20 ID:cwSbooxM0
印刷所
終わったね。

18 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 12:21:20 ID:aWS0SRhi0
>>12
そりゃあ、髪には無いなw

19 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 12:21:47 ID:Gger7emwO
大学の教科書も電子書籍化してくれ
教授が書いた無駄に分厚い本を持ち歩くのは重くてかなわん

20 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 12:22:03 ID:XqLtMcsF0
日本の漫画のほとんどはクソ林檎の検閲にひっかかるので販売不可
だから日本では当分紙媒体のまま

21 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 12:22:14 ID:8SOw4YlD0
>>7
おもいっきり口惜しそうだなw

その通り、iPadのおかげだよ



22 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 12:22:15 ID:k8u00i1w0
出版社と取り次ぎ終了のお知らせ

23 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 12:22:23 ID:5SkOr1C00
印刷会社とか出版業界が黙っているわけないだろう
電子データなら小売を解さず直接流通されてしまうし

24 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 12:22:50 ID:G1m4jsWh0
つーか、ハードカバーの本なんか買ったことないぞ
文庫が殆どで、たまに新書だ

25 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 12:23:05 ID:5v8OgusQ0
糞取次はさっさと終われ

26 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 12:23:40 ID:mZN5eGZ30
>>19
大学側も結構それ狙ってるよ。
データ交換不可型の電子教科書。
そうすれば教科書がブックオフに毎年流出ということもなくなり、
iPadの貸し借りもないだろうから全員に1冊ずつ購入させることができる。

27 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 12:25:24 ID:1xHMkcM60
わかんねぇ
iPadのおかげっていうけど、米国でiPad持ってるやつなんてどんだけいるんだ
余程多く見積もっても人口の1%くらいだろ。
それだけで紙と電子書籍が逆転しちゃうわけわけ?

28 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 12:28:36 ID:ygICHlxF0
日販・東販が本の流通を支配している日本じゃ無理

29 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 12:30:03 ID:aWS0SRhi0
>>26
>データ交換不可型の電子教科書。

先輩から教授の本を譲ってもらえなくなるだろw


30 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 12:31:03 ID:UPKb23by0
>>26
教材用としては相性最高だからな、iPad。

31 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 12:33:03 ID:1xznWzEU0
ハードカバーなんて存在意義ないだろ。
でかくて読みづらいし、気軽に読めん。

32 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 12:33:39 ID:Cu04zo730
>>19
俺も専門書の電子化には大いに期待している。


33 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 12:34:26 ID:N5M80KF00
>>27
アメリカ人は本を読む層が偏ってるからね

34 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 12:35:00 ID:mZN5eGZ30
>>29
それが目的。
電子書籍は古本市場や個人間での譲渡によって売り上げが下がるのを防げる。
電子図書館では違法な全文コピーが現実的に不可能になるのと一緒だ。

35 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 12:35:24 ID:ap/DWuQp0
アメリカの本は
ハードカバーの物とソフトカバーの物の二つ
日本で言う所の
ハードカバーと文庫/新書みたいなもの
ソフトカバーのものは安くて軽くて捨てやすいみたいな位置にもいる
ハリポタ最終回はポカンてした

36 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 12:35:41 ID:UFshdJcc0
かって人類が歩いた道を再び辿ってるのかと

37 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 12:35:46 ID:hSeCwz0X0
なーんだ
ハードカバー単行本と比較してか

英語って形シンプルだから電子書籍に向いてるけど
日本語みたいなのは解像度的に英語圏より5年くらいは遅れるな

38 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 12:37:03 ID:N1w2zJMcP
そもそもアメリカにハードカバーで販売される本がどんだけあるってんだよ
児童書や小説もそうだけど
辞書も学術書も全部ソフトカバーじゃねーか

39 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 12:39:35 ID:LeZfcacJ0
言語的に記述された文字に対する情報量が少ない英語は電子書籍にした方がいいのかもしれんね。

40 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 12:39:39 ID:iUDBVjUBO
日本ならペーパーバックより電子書籍が高い、
なんて荒業が繰り広げられるハズ。

41 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 12:40:38 ID:mZN5eGZ30
>>30
そう。教材用としては持ち運びが便利という点でかなり相性がいい。
まあiPadじゃなくてもいいけどな。
現状だと選択はiPadかキンドルになっちゃうかな。

42 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 12:41:12 ID:hCjrzFri0
どんどん取り残されるね日本。

43 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 12:41:12 ID:4aeiptX70
英語って不便な言語だとつくづく思う
小説が、百科事典や電話帳の様に分厚く成りすぎ

44 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 12:42:08 ID:HMOElB/70
装丁を凝らしたたっかい本は売れなくなったともいえる

45 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 12:42:38 ID:UwDbf0Dv0
禿げが紙を駆逐したわけだ。

46 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 12:43:12 ID:261hP7k40
あまぞんだからだろ

47 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 12:43:25 ID:mZN5eGZ30
>>43
そりゃ紙質の問題だよ。
湿気が少ないから製紙技術が発達しない→大したページ数もないのに本が厚い。
スペースあたりの情報量は日本語が断トツで効率悪い。

48 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 12:44:46 ID:O27bDVvq0
>>38
教科書、小説 ほとんどハードカバーな件について
ソフトカバーって日本の方がおおいんじゃね?

49 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 12:45:01 ID:v8ZnbaqS0
>>40
どこの小学館コミックだよw

50 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 12:45:29 ID:qIOxqrzT0
>>40
本体価格380円。たった500円プラスするだけで電子書籍版も購入出来ます。


ふつうにやりそうで怖い。

51 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 12:45:37 ID:QDjTY4Ym0
図書館がネット経由で電子書籍の貸し出ししてくれないかな。

これだと最強に助かる。

52 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 12:46:25 ID:kHD39ZWu0
いくら紙媒体に愛着を感じても
これから先は電子書籍しかないよな
でも本屋や印刷屋のことを思うと
こんな激烈な変革期は、人類もそうそう経験してないって感じしない?

53 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 12:48:24 ID:hSeCwz0X0
>>40>>50
利権にしがみつく日本らしい感じだなww
そうやって世界においてかれてきたしなww

54 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 12:48:57 ID:Cu04zo730
>>35
日本の1500円程度のハードカバーも、
アメリカではソフトカバーで売られてるよな。


55 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 12:49:05 ID:UwDbf0Dv0
MSの偉い人が、10年前くらいに、予想してなかったっけ?

56 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 12:50:40 ID:hR9jraZ50
>>51
国会図書館あればよくね?って話になっちゃうけどなw
児童書とかは紙の方がイイか、ってのはあるけれど。

57 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 12:50:47 ID:qIOxqrzT0
>>52
10年以上前、PCが普及し始めた頃から言われてたのに「紙じゃないと云々」言って誤魔化してきただけだと思うがな
カセット→CDとか媒体の急激な変化はいくらでもあるんじゃないか?

58 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 12:50:47 ID:IGCvUijr0
やっぱりアップルの未来を切りひらく力は凄いといわざるおえない

59 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 12:50:52 ID:TL8M+SOe0
>>40
さすが鋭い!!
既にその荒業が繰り広げられています。

60 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 12:51:06 ID:WZMysNO60
Amazonはロイヤリティぼりすぎ。
紙媒体で送料込みで売上の65%もってくくせに
送料かからない電子媒体でも65%とか基地外。

61 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 12:52:22 ID:mZN5eGZ30
>>51
多分、電子図書館ができたら貸出しが有料になると思う。
でないと無限に貸出しができるから、実質的に本が無料になってしまう。
で、貸借費用から図書館維持費(サーバー代)と管理費用を除外して、
残額は作者にキックバック(1冊数十円くらいかな?)。
読者は凄い低コストで読めて、作者は借り出されれば借り出されるほど儲かる。
まさに一石二鳥。

62 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 12:52:35 ID:oXrmLpfe0
電子ものにあまりにも弱すぎる今の日本のトップ世代なんとかしないと
どんどん沈没していく一方だな

63 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 12:52:48 ID:R1mtQ+wo0
まさにイノベーション

64 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 12:53:00 ID:y7CWalp/0
しがらみの無いネットガリバーがサービスを提供するアメリカと、
しがらみだらけの既存ガリバーの、更に合弁企業がサービスを提供しようとしている日本とでは、
電子書籍の浸透速度は余裕で10倍位違うだろうな。

そうこうしてるうちに日本市場のフレームワークまでも米に完全に牛耳られるのが眼に見えるようだ。
何だかんだ言って、孫正義が参入せん限り、進まんのと違う?日本では。。

65 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 12:53:18 ID:mKs7hs5i0
日本には安くて小さいペーパーバック「文庫本」があるので、
電子書籍は広まらないんじゃないかという説。

66 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 12:53:49 ID:FxGY7r590
ハードカバーは買わないなぁ
文庫か新書サイズくらいじゃないと

67 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 12:54:19 ID:qIOxqrzT0
>>58
いままで切り開いてきたのはソニーなんだぜ?
一気に霞んだが

68 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 12:57:08 ID:kHD39ZWu0
>>57
音楽はデジタル化になっていこうも
器に入れて販売が主流だったから、そう大きな変化もなかったと
思うんだが、このままいったら本屋がなくなるんだぜ
よく美術関連やら大型・緻密な再現でまだ紙には及ばないから
なんて言われるけど、そんなもので食っていける本屋なんて極僅か
しかないだろうから、街中から本屋が消えるって
これちょっと背筋が寒くなる変革だよ。

69 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 12:57:25 ID:quiLyrVo0
なんだ外国の話か

70 名前:熊五郎 ◆KQuXvLdrz2 [sage] 投稿日:2010/07/20(火) 12:57:27 ID:0RcMOrQI0

アマゾンという会社があるが、そもそもデジタル情報で生産されたものを
デジタル注文を受けて販売するのに、わざわざ紙にインクで文字を書いて
それを宅急便を使って送るということがいかに恐ろしいことか考えてもらいたい。

71 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 12:57:45 ID:hSeCwz0X0
>>60
通信料amazon持ちらしいじゃん

72 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 12:58:07 ID:N1w2zJMcP
>>67
8cmCD媒体の電子書籍は最悪だった
アクセスが遅すぎる
図書館で使うとシークがうるさすぎる

73 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 12:58:07 ID:aWS0SRhi0
>>40>>50
日本は世界で最も本の安い国なんだけど・・・・
さらに BOOK OFF を使えばもっと安く本を手に入れられる。


74 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 12:58:12 ID:5SkOr1C00
>>62
この辺はバブルか氷河期辺りの世代を境に上と下で意識に違いがありすぎるよな
技術の革新に世代の交代が追いついていない

75 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 12:58:26 ID:ShaaFF+P0
紙の書籍を本気で置き換えたいなら、まだ越えないといけないハードルが結構あるからなぁ。

・紙の書籍と同タイミングで新刊発売。
・電子ペーパーのレスポンス向上
・電子ペーパーの視認性を保ったままカラー化
・ベンダロックインしない標準フォーマット採用(ePub拡張?)
・将来の記録媒体に継承可能
(ベンダが消滅しても買った本は読める)
・知り合いへの譲渡機能
(難しそうなので、NOOKみたいな貸し借り機能でも可)

この辺をクリアした上で、端末が携帯ゲーム機くらいの価格になれば売れるよ。

76 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 12:59:21 ID:JoBcehbK0
辞書とか地図は電子化されたほうが便利だな(DVDだが)。
コピー回数に制限があってもいいから、外部メディアにバックアップできれば
電子に移行するんだけどなあ。

77 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 12:59:34 ID:T7r2nGG60
てかちょっと前より売れるようになったのに日本の出版業界が嫌がる理由が分からん

78 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 13:00:40 ID:FSE3nSLY0
すんません
タウン誌作ってます
これからどうすればイイでしょ?




79 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 13:01:30 ID:p1FOULTk0
>>78

全財産を俺に投げ出し、俺に祈る。

80 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 13:02:22 ID:Do3sn6vy0
>>68
アマゾンが出来た頃にもお前と同じことを言っていた奴はたくさん居たが、個人の小さい店しか無くならなかった
今までネットで本を買っていた人間の一部が電子媒体にスライドするだけじゃないか?
前提がネット回線と無線環境と端末購入とクレカじゃ敷居が高すぎるだろ

81 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 13:02:36 ID:8pPrJqPF0
飛び出すギミックつきの本だと電子化は難しそうだよな
ARを利用すれば良いのかな?

82 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 13:03:05 ID:HMOElB/70
>>77
本主体の小売 → あぼーん
印刷屋 → あぼーん
出版の編集、広報 → 存在価値減少

83 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 13:05:00 ID:zdjR4zPr0
ガラパゴス独自仕様とかやろうとしてる間に
あっという間に置いていかれるのでした

84 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 13:05:14 ID:nLSe8kWM0
紙より高い上に違法スキャンデータより低品質かつ不便なデータは買わない

85 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 13:06:55 ID:G1td5OAn0
>>3
両方買うから問題なし。
携帯電子書籍は出先で気軽に読めるのが便利。

86 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 13:07:22 ID:j/PXmOz70
日本での普及が難しいなら
まず同人誌から広げていけ

国際展示場のコミケ会場でiPadを持った人間がウロウロして
ブースでDL権を買う仕組みにしろwww

87 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 13:07:35 ID:GWd79yfn0
日本だと電子書籍化しても値段はほとんど変わらなかったりする

88 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 13:09:02 ID:d84ch/Lr0
まあ最近の新書もサイクルが早くて1年くらいで陳腐化するから3年くらいしたらデジタル
化して激安販売しちまっていいんじゃないかと。
ブックオフ対策で。

89 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 13:10:10 ID:IGCvUijr0
ディスプレーはもっと大きいのが欲しくなるな

90 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 13:10:13 ID:HMOElB/70
>>87
講談社がアップルストアに食い込んだのも
価格設定の主導権を握りたいとか、こっすい理由だしなw

アップルは、どうなろうが別に2割は確実入るし、どうでもいいんだろうけどなw

91 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 13:11:23 ID:oXrmLpfe0
>>77
電子化すると出版社の作家の囲い込みができなくなるってのもあるんじゃない
電子書籍は在庫のリスクが無いから、作家は個人で出品しちゃうだろうし

92 名前:熊五郎 ◆KQuXvLdrz2 [sage] 投稿日:2010/07/20(火) 13:12:50 ID:0RcMOrQI0

作家が本なんかつくれねえよ。
本が作れる作家がいたら、そいつは作家じゃなくて編集者ということだ。

93 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 13:13:13 ID:TL8M+SOe0
>>75
売れるのは分かっててもそのハードルを飛び越させまいと頑張る奴らがいる国が日本

94 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 13:15:56 ID:HMOElB/70
>>92
電子出版ができる以前から
編集を通さないで自分でリスクを全部しょいこむ
自費出版というもんがありましてね

95 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 13:16:29 ID:H4YKIq3L0
断言してもいい、

電子書籍は流行しない。ツイッターやミクシィと同じ。
すぐ終わる。

96 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 13:18:30 ID:hR9jraZ50
>>95
なんで電子書籍の話にtwitterやmixiが出てくるのか…
なんか壮絶に勘違いしている気がするが

97 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 13:18:51 ID:y7CWalp/0
>>68
まあ、街中から繊維工場や炭鉱も無くなったんだから、本屋が無くなることもあるべよ。

98 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 13:19:10 ID:EjJ6WBfJ0
大体、中間コストが高すぎるんだよな
印税だって売上の一割程度だろ

キンドルなんて売上の7割近くが筆者に還元されるんだぜ
日本は印刷利権で飯食ってる人が多いからなかなか進まないだろうが
世界的に書籍の電子化の流れは止められないだろうな

そして日本はまた取り残されるっと

99 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 13:19:25 ID:hSeCwz0X0
>>86
そういえば日本の強みはそこにあった
地下でオタク達が欲望のままに動けば
気がついたら日本全体が動いてるアレが

100 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 13:20:24 ID:Nb6A1K6E0
>>95
ここは願望を書くスレじゃないと思うよ。

101 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 13:21:06 ID:aWS0SRhi0
>>86
DL だけなら、コミケ会場に行く必要がないだろw

102 名前:熊五郎 ◆KQuXvLdrz2 [sage] 投稿日:2010/07/20(火) 13:21:18 ID:0RcMOrQI0

俺も電子書籍は流行しない可能性は十分あると思うね。

そのときは「書籍」という概念そのものがなくなるときだけど。

103 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 13:21:55 ID:NbrvPx040
>>83

>ガラパゴス独自仕様

これが日本が世界に誇るオタク文化コンテンツを生んだことを
われわれは、忘れてはならないw



104 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 13:22:10 ID:y7CWalp/0
>>95
「断言する。ガソリンなんてすぐ使われなくなる。間違いなく人は石炭に立ち返る」

これと同じくらい的外れじゃねえかなw

105 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 13:23:37 ID:K1trZ7DK0

辞書が電子辞書になったように、本が電子書籍になるのも時間の問題だろうな。

106 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 13:23:37 ID:G6K3VEmB0
>>熊五郎 ◆KQuXvLdrz2
まだ生きてたのかよ
今すぐ死ね

107 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 13:23:44 ID:VjZVpaK90
>>3
100年後とか一個人が気にする必要ないと思うの

108 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 13:23:55 ID:rgt0HA2i0
紙は邪魔すぎる
買いたい本があっても買うの躊躇する
イラスト集なんかも壁紙にしたい

109 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 13:23:59 ID:078dhSK80
i-PADはまだまだ使いにくいし
流行るのは後10年は先だろうな
というか流行るというよりは定着していくんだろうな


110 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 13:24:45 ID:hSeCwz0X0
これさ、電子書籍っていうより
通信機能とamazonが合わさってこそだよね


111 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 13:24:49 ID:aWS0SRhi0
電子書籍も、電気自動車もゆっくりと浸透していくよ。
もちろん普通の本でないとダメって言う層もあるから、本がいきなり無くなるなんてことはない。
また電子書籍が良いって層もあるから廃れることもない。

ゆっくりと広がっていくだけ。


112 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 13:25:11 ID:NjQAFvmi0
機械にぶっかけろってのか?ふざけんな壊れたらどうすんだ

113 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 13:26:28 ID:HMOElB/70
>>111
結局、真綿で首を締められるように
じわじわ衰退していくだろう、紙媒体自体が

114 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 13:27:37 ID:Q57k5BTQ0
ちょっと待った

電子辞書作ってる奴らはどうするんだ?

115 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 13:30:18 ID:H4YKIq3L0
電子書籍はそこまでは流行しない。絶対に間違いない。

電気自動車は流行する。
でも、電子書籍が流行する事はあり得ない。
少なくとも日本では。

116 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 13:30:33 ID:E5H9UwXy0
>>111
いまやレコードじゃないとダメって層は全滅
CDじゃないとダメって層も全滅

紙じゃないとダメって言ってる人間はそれらと同じ先を読めない人間
しかもそいつが毎日パソコンでネットやって文章読んでる奴ならなおさらバカ

117 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 13:30:33 ID:Y17eKqu90
>>111
>電気自動車もゆっくりと浸透
電子書籍は技術の進歩や端末・販売網の整備に連動して徐々に広まっていきそうだが
電気自動車は、充電スタンドの普及がネックになるだろ?充電スタンドが全国でポンと整備されたら
一気に広がりそうな気がする。どこか大手のガソリン屋チェーンが電力会社と提携したら後は一気か

118 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 13:30:57 ID:eoEhLoQg0
むこうのハードカバーは凶器になるくらいでかいからなあ

119 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 13:31:30 ID:HMOElB/70
竹の板も粘土板もパピルスという植物繊維も羊皮紙もなくなったわけだしな

120 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 13:31:30 ID:CACogY1n0
アメリカは
本を買いに30キロ隣町に行くなんてとこだから流行るんだよ

121 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 13:32:18 ID:71Uo914A0
Appleの歴史
MacでCUIを駆逐
Mac + DTPで活版印刷、版下貼り込み屋等を駆逐
iPodでCD屋を駆逐
iPhoneで従来の携帯電話を駆逐
iPadで本屋を駆逐

122 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 13:35:22 ID:Y17eKqu90
>>121
>iPhoneで従来の携帯電話を駆逐
これはまだまだこれからだろ
アメリカじゃブラックベリの方が多いとか言うし、ソフトバンクじゃガラケーの方が多いらしいじゃねえか

123 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 13:36:16 ID:8Fl9+JvY0
>>112
え?なに?って思ったけどジワジワきたw

124 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 13:37:12 ID:++JTa/k/0
本は紙媒体が好きだな
本棚の整理とか楽しくてしょうがない
辞書とか参考書は電子でも仕方ないと思うけど

125 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 13:37:47 ID:TL8M+SOe0
>>95
電子書籍は流行じゃなくて潮流
電子書籍の自炊は流行だけど。

126 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 13:38:14 ID:u/4UHio50
はえー
写真より駆逐早いんじゃないのか?

写真業界の流れからするとWeb本棚のサービスがはやりそうだな

127 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 13:39:56 ID:aWS0SRhi0
>>116
世間知らずの単なる馬鹿かw
レコードだってまだまだ使っている人達は多いし、CDだって売れている
自分の周りが世界のすべてだと思い込んでいるひきこもりかよw


128 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 13:40:07 ID:YbrtY/tk0
>>115
馬鹿乙

日本ちゅうのは、アメリカみたいに家が広くねえんだよ。
本好きで、置く場所に困ってるやつは大勢いるし
すでに自分でスキャンしていってるやつもいる。

物理的な本が好きだという人間も一定割合いるが
当然電子書籍が大勢になるのは時間の問題。



129 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 13:42:15 ID:ixlHA/Vk0
電子書籍のが便利な本てのもあるけど、小説なんかの娯楽本は電子媒体で読んでもあんまり面白くない
個人的な感覚だけど

130 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 13:43:59 ID:u/4UHio50
>>129
もし、流通コストの問題でコンテンツ単価が半分以下だった場合どうする?
それでも紙を買う?

131 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 13:44:55 ID:SX7IW2LQ0
子供の頃はよくマンガをトレースして真似たものだが、
マンガとかが当たり前のように電子書籍になってしまうとそういうのも出来なくなるな。

逆に技術書や辞書のたぐいは電子化して価格を下げるべきだと思うが…。

132 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 13:45:17 ID:aWS0SRhi0
>>129
>小説なんかの娯楽本は電子媒体で読んでもあんまり面白くない
単なる気のせい

133 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 13:45:30 ID:wlbIuTZp0
>>72


134 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 13:46:06 ID:gAal8zri0
つーか、今まで神媒体の本なんて読んだ事もなかった癖に、
電子化したらなんとなく、流行に乗ったみたいな幹事で
とりあえず読んでる奴が多いんだろ?

135 名前: ◆65537KeAAA [] 投稿日:2010/07/20(火) 13:47:05 ID:ds5aYsTMP ?2BP(4546)
電子出版がメインになったら、図書館ってどうなるんだろ?
メモカに入れておいてメモカを貸し出す形になんのかね?

コピーコントロールはいたしかた無いけど、友達同士で気軽に貸し借り出来ないとちょっと辛い。

136 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 13:49:29 ID:078dhSK80
俺は小説や辞書や漫画とかは電子端末で十分
参考書とかは紙+動画での解説がいいかも

137 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 13:49:50 ID:HfDkJ4AQ0
>>131
液晶ディスプレイとトレペorサランラップwの相性はよさげに見えるが?
球面ブラウン管だと大変だったのよw

138 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 13:49:56 ID:et7Y9Qyz0
著作権の問題がクリアされない限り、
日本では主流になれないだろ。
漫画の単価が高すぎるし。

139 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 13:50:25 ID:HMOElB/70
>>134
むしろ、おれはこんなこといってるが
いまだに、紙媒体の本しか読んでないw

コンテンツが充実してからだろうな

しょうもないことにこだわってるうちに
日本の出版社を通さずにバンバン出版されるようになると
どんどん危機になるんじゃないの、日本の出版界はw

140 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 13:51:47 ID:eoEhLoQg0
機械の使いかってが向上すれば加速するだろうね
機械の仕様がいまのままじゃまだまだだろ

141 名前: ◆65537KeAAA [] 投稿日:2010/07/20(火) 13:53:08 ID:ds5aYsTMP ?2BP(4546)
>>139
実は出版社自体は乗り気なんだよ。出版社にはメリット大きいしね。
ただ今まで付き合ってきた取次ぎとか本屋とか印刷・運送会社に大ダメージが出るのが分かり切ってるから
大々的に出来ないだけで。

142 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 13:54:35 ID:ao2PWMV/0
エロは電子媒体に限る

143 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 13:55:37 ID:ixlHA/Vk0
>>130
紙の書籍が高すぎるなら電子書籍を買うかもしんないけど
私の場合小説そのもの読まなくなる可能性もあるなー
人生に欠くべからざるものというほどでもないから

>>132
気のせいというより頭のせい
紙の本を読んで育ってると、紙の本を読む脳ができちゃうのよ
本の情報を整理するスキルが紙の本を扱うこと前提に作られるから

144 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 13:55:55 ID:dDU2KaouO
アメリカは合理主義だからな。わからんでもない。
ただ日本ではどうだろうね。
本好きには読書家とコレクターがいるからね。
新書とかは紙絶滅しても漫画なんかはハイブリッドするんじゃないか?

145 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 13:57:09 ID:isK6birVO
紙の本がいい!電子書籍なんて目が疲れる!
と言う奴に限って毎日PCの前にいたり電車ん中で携帯やらDSで遊んでるよな

146 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 13:57:10 ID:d84ch/Lr0
このようにすでに無料の電子マンガがあるのに誰も読んでないけどなwwwwww
http://ultrajumpegg.com/#/comic/serial


147 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 13:57:35 ID:5+oMqQug0
>>60
作家サイドへのロイヤリティが70%じゃなかったっけ?

>日本では、本は販売部数にもよるが、1冊の本が売れると、取次のマージンが8%、
>書店のマージンは22~23%、残り70%出版社が受け取り、そこから約8~10%が著
>者に支払われる。一方、Kindleは出版者のロイヤリティを70%、iBookstoreも出版
>社:販売側が70:30のエージェンシーモデルを採っている。Googleも著作権者に収
>益(アクセス権料 、広告費)の63%を支払う。

148 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 13:57:54 ID:eoEhLoQg0
この変化をチャンスととらえる作家もあたらしく参入したい起業家もいるだろうね

149 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 13:57:55 ID:bNlD5CuV0
>>12,>>70,>>92,>>102
熊五郎 ◆KQuXvLdrz2

 ↑  ↑  ↑
こいつ、言っている事が支離滅裂な上に、ブレ過ぎ。
ルーピー鳩山か?


150 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 13:58:34 ID:BUuJUo5t0
やっぱり本でも音楽でもゲームでも、パッケージ品の
現物を買ってこそ、所有欲が満たされるものだと思うんよ
どうもデジタルデータってのは、機能や効能、内容が
同じだといわれても、所持してる感覚がないと言うか
そのデータ自体に物的な価値を見出せない

場所をとって邪魔であろうと、古臭いといわれようと
心に残った作品は現品で持っていたい俺にとっては
電子書籍ってのは肌に合わない

151 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 13:58:49 ID:078dhSK80
>>146
JUMPとかのネタバレは
すでに電子で済ましてるやつも多そうだけどなw

152 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 13:59:42 ID:1NoV3B/G0
>>149
クソコテなんか相手にするなよ
しょせんレス乞食

153 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 14:00:28 ID:wmNQGBLr0
>>1
そもそもアマゾンで本を買うような層が電子書籍とかに興味持ってるんだから予想できるだろう。

この層は新し物好きですぐ飽きるんだけどな

154 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 14:01:20 ID:P1v5kvu/0
なぜペーパーバックを例外にする

155 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 14:01:23 ID:B7d6Cs/a0
俺もiPhoneで電子書籍読んでるけど
もうよほどの事が無い限り紙媒体で読もうとは思わんなぁ

これ、実際に読んでみれば分かるけど
メチャクチャ良いわ~


156 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 14:02:01 ID:078dhSK80
ネトゲ廃人の俺は電子上のデーターでさえも
所有欲が満たされてしまう

157 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 14:02:51 ID:NFLQUTOm0
便利になるのはいいし、流通のコスト分が安くなるのは歓迎だが、
実質的にはそれ以上の価格破壊で、一部の人気作家を除き、作家は儲からん。
超人気作家とアマチュア作家の二極化が進んでつまらんね。

価格設定は据え置きでもいいくらいだ。
それで普及しないなら、価格面以外じゃ電子書籍に価値はないってこと。





158 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 14:03:55 ID:y7CWalp/0
これは日販とトーハンが全社運を賭けて抵抗する書籍業界の天変地異のスタート。
もっとも普及自体は、「消費者の正規分布曲線」 に従って、最初流行りもの好きの人がジワジワと浸透させた後、
ある時から爆発的に普及が加速される。
これは技術革新が浸透する際の法則みたいなものだから、そうならざるを得ない。

159 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 14:04:12 ID:SEbxXGAG0
新聞も、チラシも、広報もみんな、電子化すれば良いと思う。
新聞やチラシで、どれだけ無駄な、資源を使っていると思うんだ?
9割以上は、ゴミとして捨てられるか、業者に持っていかれるかのどちらかなのに。。

160 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 14:05:12 ID:B7d6Cs/a0
>>150
本当に気に入った作品は現物として買えばいいけど
普通に1年くらい経ったら捨てるようなものは
電子書籍で良いんだよ。

俺も気に入ったクラッシックはCDで買うし
そうじゃないものはダウンロードだよ。

小説も暇つぶしに読むようなものは電子書籍で十分。
アーサーCクラークとかデイビットブリンとか大好きな作家は
ちゃんと本を買う。

161 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 14:07:01 ID:eoEhLoQg0
電子媒体になると作家なんかはどれくらい儲かるものなんだろうか?
無断でコピーされたらそれまでだし
SF小説にありがちな設定だとネットの世界ですばらしい作品にはユーザーが寄付みたいなかたちで作家の口座にどんどんお金が振り込まれるとか描かれてるけど現実は甘くないよね

162 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 14:07:15 ID:mKSr8tUB0
>>16
CDが出てきた時のカセットテープ派みたいだ

163 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 14:08:04 ID:8pPrJqPF0
>>131
ディスプレイに表示されたものを見て描くか
必要な部分だけ必要な大きさでプリントアウトしてからトレースしたら?

164 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 14:08:30 ID:2XutOA9H0
>>145
青空文庫ってあるだろ。
あれで短編を読もうとすると、超短編でもイライラして最後まで読めないんだよな。
文庫本なら、余裕で読めるのに。
あれはなんでなんだろ。

165 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 14:09:43 ID:E5H9UwXy0
>>127
さすが、先見性がない人間は日本語も不自由なんだね
CDじゃないとダメって人と書いてるわけだが
俺の友達にいるとかそんな小さな話はどうでもいいぞ

166 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 14:11:01 ID:8TOysTK20
字の小ささで読書を断念したお年寄りが購入するのが増えてるんだってね

167 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 14:11:56 ID:aWS0SRhi0
>>165
なんだ・・池沼かw

168 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 14:12:35 ID:E5H9UwXy0
>>167
日本語読めるようになってからおいでね、池沼ちゃん

169 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 14:13:08 ID:mUAPgq3L0
>>101
だからDL権を対面販売のみにしてアクセスキーを売るのだよ
そうすれば買いに来る人間が行列作るだろ・・・売り手はそれを見て満足するのさ
そう・・・いつまで経っても一向に在宅web電子投票が実現しない選挙投票と同じように

170 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 14:14:30 ID:tjYQkvT40
すぐデータに置き換わってかまわんほど向こうの印刷とか紙質とか装丁がクソなのも事実だろ。
ガラパゴス化しようとも日本独自のフォーマットを作るべき。

171 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 14:15:34 ID:kKg9YADB0
日本の書籍業界は本当に旧態依然としているからな
既得権益に縛られずいち早く電子書籍に参入していれば良かったのに…
まぁ俺としては本が安くなればなんでもいいんだけども

172 名前: ◆65537KeAAA [] 投稿日:2010/07/20(火) 14:16:00 ID:ds5aYsTMP ?2BP(4546)
>>170
縦書き・ルビ有りの日本だと、嫌でも「ガラパゴス化」するんじゃね?

173 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 14:16:07 ID:ds3Z1VKr0
週刊文春が必至に愛パッドネガティブキャンペーンやってたな。
あれって出版社にとっては脅威なんだろうなw

174 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 14:16:41 ID:rEi4KpQW0
専門書とか洋書ペーパーバックとかに混ぜて1冊だけ猫の写真集とか入れておくと家に来た女は濡れ濡れ
電子書籍では不可能w

175 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 14:16:44 ID:SEbxXGAG0
>>171
書籍業界だけじゃなく、ほとんどの業界で、
既得権益に汚染されているからな、日本は。

既得権益を徹底的に排除しないかごり、日本に未来は無いね。

176 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 14:17:13 ID:NFLQUTOm0
>>161
普通、紙は刷った時点で作家に印税が入る。
刷っただけで印税を払うと、出版社にとって売れない本単体では赤字。
しかし、売れてる本の利益でそれを賄える。
つまりいまは人気作家が売れない作家を食わせてあげる仕組み。

一方、電子は実売で、相互扶助の仕組みではなくなる。
ただでさえ不安定なのに、実売じゃ生活が成り立たんだろう。
コンスタントに売れる人以外は、ほとんどアマチュア化するんじゃないか。

177 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 14:18:09 ID:s873mGBy0
>>164
「窓の中の物語」ってソフト使ってみ

178 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 14:18:40 ID:1oYyKpSGi
印刷会社が電子書籍が普及しないように必死だもんな

179 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 14:18:53 ID:2XutOA9H0
>>171
書店に本に取り寄せを頼むと、来るまでおそろしく時間がかかること。
2ヶ月ぐらいかかるときもあるぞw

180 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 14:19:06 ID:E5H9UwXy0
>>170
それをやると損するのはまたも日本

抵抗勢力が既得権益失うのを恐れて無駄なあがきをすればするほど国益はどんどん削がれていく
電子書籍に関してもいち早く動いて海外企業にコンテンツを奪われないようにすべきなのに

181 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 14:19:22 ID:MDpgQMjB0
電子媒体に文句あるやつは、2ちゃんをプリントアウトしてみてろww

182 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 14:20:28 ID:8t1kxfVR0
>>1
紙質の悪い米国の話だろ。
日本でも同様になると安易には考えられんな。

183 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 14:20:38 ID:rEi4KpQW0
新聞は梱包材として優秀
電子化してしまったらその唯一の長所が無くなる

184 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 14:21:57 ID:ixlHA/Vk0
>>183
あー
新聞取らなくなると濡れた靴を一晩で乾かしたいときに困るねw

185 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 14:22:09 ID:1CQ/OfRu0
>>3
まだこんな無教養な中高年が溢れているとか我々中高年の恥晒しだな

186 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 14:23:03 ID:NbrvPx040
>>181

2ちゃんでも、本気で読むときはプリントアウトw これ基本。

187 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 14:23:34 ID:WQdrd0Cc0
ペーパーバック最強って事だな、つまり

188 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 14:24:42 ID:/JCF4mKA0
>>186
エロパロ板住人乙

189 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 14:25:07 ID:E5H9UwXy0
「本」って言葉が拡大した意味を持っちゃってるが
本来は売るのは「文学」であり「情報」だからね
それが紙媒体に収まってるだけの話

紙もいい、レコードもいい、という話は理解できるが
紙じゃないとダメ、レコードじゃないとダメ、というのは
手段として使われてるだけの媒体の方に感情移入しちゃってて本末転倒

>>182
「紙質」なんかにこだわって本を買ってる人間はほとんどいないわけで
よほどの紙オタクのみ

190 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 14:25:09 ID:558ZXobi0
> ついに紙の本を上回る

スレタイで嘘を付いたらダメだろ…

191 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 14:25:37 ID:eO2vgWTu0
作家集団+優秀な編集者+訴訟事に即対応出来る弁護士
電子媒体に参入するにしても最低限これくらいの組織はいるな

192 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 14:26:04 ID:24oVwYOBP
本好きほど電子化には前向きかもな
たくさんかってりゃ、置く場所が半端ねえし
プロは本専用のビルまで買ってる
素人でもマンション住まいとかだと家族に煙たがられるだろ

193 名前:名無しさん@十周年[ ] 投稿日:2010/07/20(火) 14:26:59 ID:ablhCUC/0
日本も雑誌と軽い本から侵食されるだろう。
エロ本はどうなるのかな不思議でしょうがないね。

194 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 14:27:35 ID:Tet/1FSU0
>>1
何か、「100冊あたりの~」とか書かれても誤魔化されてる気しかしないんだが。
実は米アマゾンでのハードカバー通販規模は3,000冊/月とかいうオチだったりするの?

195 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 14:27:38 ID:E5H9UwXy0
>>192
その通りで「紙の質感」とか変な部分に強いこだわりを見せる人間はマイノリティーなんだよ

音楽好きと高音質好きが違うようにね

196 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 14:29:07 ID:exoZQBdhO
やっぱり本は紙で読みたい
電子書籍とか読んだ気がしない

197 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 14:29:08 ID:aWS0SRhi0
>>192
本専用のマンションの部屋ではなく、ビルかよwww
どんだけ買ったらビルが必要になるんだよw

198 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 14:29:11 ID:ZE2NCjRG0
うちの機械オンチのかーちゃんが電子辞書を使ってた。
なんでも文字が大きくて見やすいらしい。
iPadの大きさが1.5倍になったらお年寄りに売れるかもしれない。

199 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 14:29:26 ID:bNlD5CuV0
>>182
そもそも、アメリカでハード・カバーの書籍なんて学術書くらいしかないような気がするけど・・・・・
そんなハードカバーの単行本の販売数を追い越したからって、何が凄いのかよくわからないです。

200 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 14:29:35 ID:YgVEOj1O0
日本でも早くそうなって欲しいね。
もう目が老眼で文庫本は読むのが辛い。

201 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 14:30:15 ID:1oYyKpSGi
>>197
痴の巨人とか言われてた人が買ってたなw

202 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 14:30:21 ID:wmNQGBLr0
>>194
全体の売り上げ数が下がったのをうまく誤魔化すためかな。

203 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 14:30:26 ID:y563k+DR0
まあ、利便性は電子化すると格段に跳ね上がるな。
俺も最近iPhoneで青空文庫で腹一杯で本買ってないしな。

日本はこの分野でもまたまた遅れを取りそうだね。
企業の儲けとか著作権とか、個人が考えるべきものでない部分まで気にして商売に遅れを取るのが近年の日本の失策のセオリーになってるな。

「売れる物を作る」前提が、中途半端に賢い消費者のせいで崩れまくり。

204 名前: ◆65537KeAAA [] 投稿日:2010/07/20(火) 14:30:39 ID:ds5aYsTMP ?2BP(4546)
>>195
本好きは良く「本の丁壮も読書の楽しみの一つ」とか言うけど、正直そこまでこだわって高くされても…
って気持ちが…

205 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 14:31:23 ID:meDkgfvh0
>>22
出版社は生き残れる
企画能力や編集能力や権利関係の調整作業は電子化されても必要
競争相手は増えるが、その役割は必要とされ続ける

取り次ぎはもう先がない
会社としては存続できたとしても、取り次ぎ業務では早晩食っていけなくなる

206 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 14:31:25 ID:eguBYt/F0
キンドルかー・・・本体使いにくそう。
PSPで読書ソフト買ったけど、電子書籍は良いよ。
PSPのやつは行間や文字の大きさのカスタマイズに
融通効かなくて画面が見づらいからソフトの出来そのものはアレだけど。
読んでみて気に入ったらやっぱり紙媒体で買っちゃうけどね。

207 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 14:31:58 ID:tjYQkvT40
関係ないけど
英語は当然横書きだから
棚に刺さってる本の背表紙のタイトル見るのに
いちいち首傾けるんだってよ w w
あいつらバカだろ w w w

208 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 14:32:00 ID:kKg9YADB0
>>189
紙にこだわる人間はそのうちレコード懐古厨みたいな扱いを受けるのかねぇ
でも音楽よりも書籍って媒体のコンテンツに占める部分大きいような気がするんだけどな
データは電子情報よりも紙にほうがしっかり保存できるような気がするんだ

209 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 14:32:11 ID:3IvhEBry0
本の質感云々というよりコレクションの満足感に近いよ

210 名前:名無しさん@十周年[ ] 投稿日:2010/07/20(火) 14:33:17 ID:ablhCUC/0
>>192
それ立花隆だろう。
あと自営の古本屋だといくらでもいるから
それほど珍しくはない。

211 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 14:33:19 ID:WnxVDelz0
漫画じゃこうはいかないだろな

212 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 14:33:29 ID:PeHoXvpi0
小説とかはいいけどコミックみたいなパラパラ捲るタイプの本は
指やマウスでページ送りするのはちょっとツライ

213 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 14:33:39 ID:aWS0SRhi0
>>201
友人の父親が大学教授なのだが、家を新築するときに本の為に地下室を作った。
ある程度の蔵書数になると、本で家族が犠牲になるみたいだね。


214 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 14:34:01 ID:6TXwEkld0
場所取らないのが良いよな
重いし

215 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 14:34:11 ID:h/EXb68rP
>>131
どんだけ絵柄の拡大トレースがやりやすいか想像したこともないの?
バックライトも標準装備なんだぞ!

iPadでくぱあしてペーパーのせて書くだけ
超簡単w

216 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 14:34:12 ID:y7CWalp/0
著者の印税が3倍になって、価格が半分になって、読みたい本がどんなマニアックなものであれ瞬時に購入できるとなれば、嫌が上でも電子書籍は消費者に浸透する。
また、原理的にそれは可能なはずだ。
問題は日本にそれを本気でやろうとしてる会社があるか、ということだけ。
米のITガリバーは上述のような書籍革命をマジでやろうとしてるが、日本は大企業の主流から外れたオッサン達が一山幾らで当てようとしてるだけ。

こんなもん、あっという間に米のデファクトスタンダードに世界の潮流になるよ。
日本は「日本語」という特殊性の中、ダラダラ進んで、最後どうしようもなくなって米の仕組みのなかで商売をする(WindowsPCを作らされるメーカーの様に)。



217 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 14:34:13 ID:GAA8EOLy0
日販、東販終了

218 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 14:34:15 ID:SpZGRu3y0
>>177
それ、ずいぶん昔に開発停止しているし、Vectorのテキストビュアー探せば
他にも青空のルビ対応なテキストビュアーは沢山あるでよ

219 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 14:34:28 ID:u/4UHio50
>>192
場所をとることもさることながら
検索性が高く、常に携帯する感覚がすばらしい

書痴にとっては耽溺の対象との一体化を意味する法悦のきわみ

220 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 14:35:14 ID:NFLQUTOm0
日本語がガラパゴスなんだから、早期英語教育という前提がないなら、
活字流通の仕組みがいくらガラパゴス化していてもかまわんよ。
アップルやアマゾンとか関係なく、日本人に使いやすい電子化を望む

221 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 14:35:27 ID:y563k+DR0
>>205
昔、ラリイニーブンのSFで、
テレポート技術が確立されて、暴落し始めた航空株を売ったら、
その後のテレポートの窓口が空港に限られる事になり株価は返って上がった、
という話が会ったな。
出版、てのは紙の本を出す事じゃなく、作品を選別するところから始まってるしね。

222 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 14:36:06 ID:THBHVfZH0
日本じゃ無理

223 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 14:36:34 ID:ICEnKhJM0
>>60
クラッシックとかなら無料も多いし、無料の3G回線でKindle Shopでダラダラ探しながらダウンロード
して読めるしね。日本で夏に本屋で新潮文庫の100冊漁りながら読んでるようなもん。アメリカでも
Kindle Shopとかでシャーロックホームズとかひたすら無料のクラッシック読みあさってる輩も多い。

日本でもKindleで青空文庫から直接ダウンロードできるようになればかなり魅力的になると思うよ。

あとちょっと手を加えれば2chも観れるようになる。kindleの3G回線は無料だから、対応してる国なら
どこでも車の中でも2chアクセスできるっていうのは、考え方によってはお得かもしれない。




224 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 14:36:53 ID:HNRPf/Fg0
爺どもはみんな本は紙じゃないとダメとかいうね

225 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 14:37:11 ID:rM6Tvzl70
>>207
ほぉ
横書き文化ならカレンダーみたいな縦めくり本が発展しそうだが
なぜ今の本の形に落ち着いたんだろうか

226 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 14:37:53 ID:y563k+DR0
>>216
著作権とか印税とか、
日本ほど作者の権利が奪われている先進国も珍しいんじゃないか?

著作権で儲かるのは超売れっ子と企業だけだなぁ。
まずこの既存システムから崩さないと。

227 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 14:38:07 ID:3IvhEBry0
勉強のための参考書とかは良いと思うけど趣味の小説とかは普通の本がいい

228 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 14:38:23 ID:/aqdzMck0
本なんて後生大事にとっておくもんでもない
本の保存状態が良いやつは大体勉強できない

229 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 14:39:34 ID:eO2vgWTu0
海外の出版社が日本の作家を取り込もうと日本に参入するだろうね
日本の出版社はヤバいんじゃない?

230 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 14:39:52 ID:E5H9UwXy0
>>204
これからは「本好き」と「文学好き」は区別しなきゃいけないよ

前者はただの入れ物、媒体である「本」にまでこだわりを持ってしまった人間
後者はコンテンツそのものが好きな人間

世間の大半の人間は後者だから

>>208
しっかり保存、というがその保存して大きく場所を取ってる書籍の山々を
どれくらいの頻度で見返してきたか、ということ
極端な話をすれば現在出回ってるような本は保管すらする必要がなくなる
読みたくなったらダウンロードで買えばいいだけだから

もう出まわってないレアな古書なんかは紙でも持ってりゃいいし
そこまで大事ならバックアップしてればいいし
でもそんな本でマニアならともかく一般の人の家にどれくらいあるんだということ

231 名前:名無しさん@十周年[ ] 投稿日:2010/07/20(火) 14:40:52 ID:ablhCUC/0
なるほど。大学の授業で使うテキストを電子化してくと
面白いかもな。どうせ自分のところの学生しか読まない本なんだから

232 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 14:41:09 ID:i3KsYij70
場所とらないのがいいんだけど
本を枕かわりに寝れてもipadを枕かわりにはできないorz

233 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 14:41:45 ID:eguBYt/F0
>>227
え?逆だろ?参考書使って勉強したことある?
参考書なんかライン引きまくり、書き込みまくり、付箋つけまくるんだから
どう考えたって紙の方がいい。

234 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 14:41:51 ID:s873mGBy0
>>218
俺が使い始めた時から開発終了だった。
でもあの無駄に本っぽい見た目が好きで、つい愛用してしまうんだよな。
ああいうデジタルの便利さとアナログ臭い雰囲気の融合は理想だ。

235 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 14:41:57 ID:meDkgfvh0
>>194
月に5~60万冊は売れてるはず
ただ米国市場の一般的傾向と同じなら、ペーパーバックの類はその10倍は売れてるが

236 名前: ◆65537KeAAA [] 投稿日:2010/07/20(火) 14:42:10 ID:ds5aYsTMP ?2BP(4546)
>>231
「僕の著書をDLしなさいと言ったのにまだDLしてないな?」とか言われたりしてな。

237 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 14:42:43 ID:YgVEOj1O0
文字の大きさの調節の他に黒地に白文字とか出来ると嬉しい。

238 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 14:43:37 ID:aJ8s+uHN0
十年後に、視力低下の問題が続出しそうな予感

239 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 14:44:32 ID:d1mF1c+w0
電子化することで紙が不要になるってことはエコなんだから
エコポイントでも導入すれば良いのにw


240 名前: ◆65537KeAAA [] 投稿日:2010/07/20(火) 14:44:41 ID:ds5aYsTMP ?2BP(4546)
iPadもキンドルも、もうちょっと軽くないとな。
もって読むと手が疲れる。

241 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 14:45:15 ID:/G5qlq+F0
iPadとか6万円もだしてかうバカいないよwww

242 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 14:45:45 ID:s873mGBy0
>>1
サルまんの竹熊氏がずっとこの手の話をブログでしていたが、
やっぱ時代は流れるようにしか流れないんだろうな。出版社も戦々恐々だろう。

243 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 14:46:05 ID:dFs65ZEe0
単語で検索ができる。
ハイライトも自由。
注釈を自由に入れられる。

紙媒体よりいかもなあ

244 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 14:46:20 ID:9fr/LBGR0
表示デバイスが紙と同等になったら買うんだがな。

245 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 14:46:44 ID:d1mF1c+w0
>>238
大丈夫 文字を拡大できるようになるから



246 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 14:46:51 ID:aWS0SRhi0
>>237
普通にできるだろw

247 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 14:49:36 ID:vpORCYv90
>>86
つい数日前に同人誌のオンラインストアが始まったよ

http://itunes.apple.com/jp/app/dbooks/id373922321?mt=8

248 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 14:50:01 ID:kb9DYGO70
家で見るならノーパソで良いわ。
だから安いタブレットPC出してくれ。
既存品は高すぎだし、サイズも足りない。



249 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 14:50:10 ID:ao2PWMV/0
書籍の場合、紙媒体は相互扶助の側面も強いからなぁ
日本みたいに物書きが多い国に合ってるシステム


250 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 14:50:15 ID:meDkgfvh0
>>244
俺は規格の互換や将来性の見通しさえたてば買うよ
デバイスはどうせ日進月歩
データは一度取得すれば腐らないし保存スペースは取得した時から節約できる

251 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 14:50:49 ID:Kd1aMk+v0
もう作家になるのに出版社は必要ないんですね
自費出版ほぼゼロ円でできる

252 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 14:51:38 ID:TdLbTuKF0
早すぎる。
買いに行ったり、届くまで待ったり面倒なんだなw

253 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 14:51:41 ID:h/EXb68rP
>>233
それ全部電子的にできるよ、pdfならね。
もう少し勉強しなw

254 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 14:51:50 ID:c3dn+aqx0
小説を音声でわかりやすく読んでくれる機能が付いたら買う

255 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 14:54:03 ID:u/4UHio50
>>254
バカッテイウヤツガバカナンダヨ
ってゆーかそういうのって駄目だよww

本とオーディオブックは別
活字は活字として表現方法なんだよ
発話されるそれとはまた違う

256 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 14:54:06 ID:9Mi9K3EL0
>>208
媒体というより形式、見た目を言ってるのかな
それなら青空文庫ビューア系なら本っぽい見た目にして読める
保存って紙と比べてるのはdvdとかだろ
紙はいちいち持ち歩く必要があるが、データならストレージに置いて読むときだけダウンロードという形になる
限りなく低コストで複製が出来るから、バックアップも簡単

257 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 14:54:40 ID:d6SkMnyoP
ネトゲみたいに中古、コピー対策でオンライン本が増えていく予感。

258 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 14:55:15 ID:d1mF1c+w0
>>254
エッチなことばを喋らせる気だな


259 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 14:55:19 ID:E5H9UwXy0
今やiTunesそのものが利用者にとっての音源保管場所
聴きたくなったらクリックでダウンロードするだけですぐ聴ける

保管という意味でも電子書籍になったら本屋の本棚が
自分の家にあって好きなものを取り出せるようなもの
購入しないと家の手元に並べられない本とは根本的に異なる
廃刊もなくなりやすいし廃刊してたものが復活するかもしれないし
それが全部数クリックで読めるようになる時代
「文学好き」にとってはたまらないだろう
「本」という形式に捕らわれた人間は焦ってるだろうけど

260 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 14:56:31 ID:eO2vgWTu0
>>251
売れっ子の作家でも編集者と密に連絡はとるし訴訟起こされたらどうする?個人で対応できる?

261 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 14:57:07 ID:ao2PWMV/0
>>254
月読アイ使えよ

262 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 14:58:07 ID:1WkEHdPw0
さっさと中抜きを一度一掃しろ

263 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 14:58:51 ID:dFs65ZEe0
単語で検索ができる。
ハイライトも自由。
注釈を自由に入れられる。
購入は瞬時。安い。
持ち運びの負担ゼロ。
本の貯蔵スペース不要
パソコンならフリーハンドで読める。本立てや本を両手で持つ必要なし。
クリック一つで、スクロール1回でページめくれる




264 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 14:59:17 ID:tDWIqVkR0
>1を村上春樹風に説明してくれる?

265 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 15:00:22 ID:1hB48/gX0
ハードカバー限定でどうする

266 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 15:00:39 ID:Q2whRWNC0
現状のインターフェースじゃあ
まだ読みにくいからなぁ

「だいたいこの辺」って開き方が電子書籍だと
めんどくさい

267 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 15:00:48 ID:i+QiKnvS0
そもそも欲しい本があっても本屋に行って必ず手に入るわけじゃないし、」こういう流れになねのもしかたないよ。
本屋は雑誌とか売れる本しか置いてないし。

268 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 15:01:13 ID:w5nQLQB80
別にどっちかじゃなきゃ駄目ってわけではないし
好きな方使ったらいいじゃない

269 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 15:01:17 ID:v8qH7VyH0
>>228
いいこと言うね。
単に知的に見せるためのインテリアとして
本を買い漁るバカとか知り合いに居るわ。
こういうやつは帯を外さずにつけたまま本棚に並べるのが特徴w
帯なんて店に並べてる時のポップなどと同じ宣材なのに
購入後もそれ付けたままってクソマヌケ。

270 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 15:02:13 ID:SpZGRu3y0
>>259
電子書籍も購入しないと読めませんがな

271 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 15:02:51 ID:Kd1aMk+v0
>>260
リスクとメリットのバランス的にやる人は出てくると思うよ、一人成功すれば後は雪崩的に

272 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 15:03:36 ID:h/EXb68rP
>>259
てか廃盤、廃刊する意味がない
永遠にラインナップとして残せる体制。

マジ夢のようだw

273 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 15:03:51 ID:mZN5eGZ30
>>250
デバイスの進展具合にもよるが初期のDLデータが
安定期に入った時に使えなくなってるってのはありえると思う。
そもそもどのデバイスが残るのかそれとも新しい統一規格が
できるのかまだ分からん状況だからな。
完全にテキストデータなら安全だが。

274 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 15:05:23 ID:/mB847tQ0
紙書籍と違って端末がないと読めないからねぇ。。


275 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 15:05:58 ID:078dhSK80
古典とかは著作権的には無料で配布可能なのかな?
だったら既存の出版社は結構やばい気がする

276 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 15:07:02 ID:1xqrFrYX0
記録を残すのなら、墨が最良。

277 名前:名無しさん@十一周年[ ] 投稿日:2010/07/20(火) 15:07:48 ID:ablhCUC/0
>>272
絶版、廃刊でレアになるのがよかったのに。
そういうものが無くなったら興味がわかなくなるものだよ。人間は。
音楽もありきたりになったからコア層が聞かなくなってきたわけだし。

278 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 15:08:41 ID:h/EXb68rP
>>273
そんなことばっかり気になり出したら精神病

今の日本の製本紙は50年以上持たないで粉々になるの知ってますか?
バラバラになる程度じゃありませんよ
本当にサラサラの粉末状に分解するんですよ?

これウソじゃなく本当ですよ。。。


279 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 15:08:56 ID:B2SYR/zi0
国土が狭い日本では紙のほうが便利と思うけど

280 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 15:08:58 ID:UKPErJp80
実物を触って読み進めて行く感覚って結構大事だよ
小学生くらいまでは紙で呼んで欲しいなあ…漫画でもなんでも

281 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 15:09:07 ID:2KKqALDv0
>>275
既に青空文庫があるよ

282 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 15:09:35 ID:eO2vgWTu0
>>277
あなたの考え方自体がレアというか特殊だということ自覚してますか?

283 名前:名無しさん@十一周年[ ] 投稿日:2010/07/20(火) 15:10:23 ID:ablhCUC/0
>>278
うちに1940年代の物資難の時代に粗末な紙で作ったであろう
雑誌があるけどまだまだ50年は持ちそうだけどね。


284 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 15:11:22 ID:E5H9UwXy0
>>277
んなことはない
レアな要素にだけ価値を見出す少数の人間以外の
多くの欲しかった人は楽しんでるよ
オークションなどで値段が上がらなくなってレア厨が涙目なだけで

285 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 15:11:46 ID:h/EXb68rP
オマケに現在ほぼ100%使われてる大豆インクは
環境に優しい代わりにキレイに脱色してなくなりますwww

約10年程度の耐久性で設計されています。

マジです。。。

286 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 15:12:04 ID:2XutOA9H0
>>263
読み上げソフトを使って、寝てても読み上げてくれると便利だね。

287 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 15:12:16 ID:dFs65ZEe0
ページ検索が瞬時にできる。
ハイライトや注釈を自由に書き消し可能
購入は家でもどこでも瞬時に。安い。
ラインナップ無限。廃盤、廃刊なし
持ち運びと貯蔵スペースの負担ゼロ。端末一つで無数の蔵書。
パソコンならフリーハンドで読める。本立てや本を両手で持つ必要なし。
マウスやリモコンでクリック1回、タッチ1回でページめくれる

288 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 15:12:40 ID:mZN5eGZ30
>>277
別にレアにならなくても必要なものは読むよ。
現状の音楽が聴かれないのはまじでしょうもないというだけのことだ。
ただくだらん本も延々と残るようになるから、
「これは引用の価値がない」という線引きをもっと明確にする
必要性は生じるだろうね。
今までは時間と風化がその役割を果たしてたが。
>>278

俺のレスと全然関係ないぞ。
俺は初期段階はデバイスの互換性が確立されるかどうか疑わしい
と言ってるだけで(これは歴史的に見ても疑わしい)、
紙データと電子データのどちらが保存に優れてるかなんて話はしてない。
テキストデータが読めなくなるデバイスは考えられないから、
それなら大丈夫だろうと。

289 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 15:12:50 ID:aWS0SRhi0
>>269
他人に自分の持っている本の内容を知られたくないから戸の付いた本箱に収めているよ・・・
子供の頃に買ったアトランティスとかの本を人に見られたくない

>>272
なるほど・・・「地上最強の男 竜」 も簡単に手に入るのか。


290 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 15:14:09 ID:h/EXb68rP
>>283
逆です
技術が進歩してなかった頃の紙の方が
普通の原始的な製法なのでより長持ちしています
和紙なんか1000年級で持ちます

硫酸紙やアルカリ紙で調べてみてください

291 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 15:15:26 ID:dFs65ZEe0
>>286
それいいな!

292 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 15:15:38 ID:E5H9UwXy0
>>288
現状音楽が聴かれない、というのがそもそもの勘違いで
携帯の着うたなどのダウンロードに流れてるのと、
多くの音楽を瞬時に情報を得られる時代になったので趣味が細分化されてるだけ

音楽が聴かれないならiPodなんてヒットしないし
携帯に音楽機能なんて乗ってない

CDデッキでみんな一緒の音楽を聴く時代が終わっただけ

293 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 15:17:17 ID:C+qISA7P0
本来、紙媒体で商売してる連中が続々とeトレードに乗り出すべきであるのだが
まぁ経営者の性格上無理だわな。

294 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 15:18:41 ID:mZN5eGZ30
まあそんなに媒体の保存性の話とかしなくてもいいと思うけどね。
何で出そうが途中で消滅したら、政治的意図が働いてない限り、
「その程度のデータだった」で話はつくんだから。

>>292
個人的に着うたって音楽じゃないと思うんだけどなあ。
まあいいや。
そういう考えもあるか。

295 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 15:20:12 ID:h/EXb68rP
>>286
電子書籍には対応してるかわかりませんが
もうMacOSXの標準機能にありますよ、
読み上げ。
Windowsもそういうソフトあるんじゃないでしょうか?

296 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 15:20:39 ID:078dhSK80
>>281
これは便利だわ

297 名前:名無しさん@十一周年[ ] 投稿日:2010/07/20(火) 15:21:04 ID:ablhCUC/0
マクルーハンのメディア論も電子化するのかな。
みすず書房第一弾でやってほしいね。

298 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 15:21:29 ID:mZN5eGZ30
>>295
キンドルは標準装備してるはず。
日本語までなってるかは知らんが。

299 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 15:21:44 ID:jA5SE8U4O
まあ、50年後に粉々になろうが10年後にインクが消えようがどうだっていい
俺は紙媒体が好きだな。合理性では電子媒体にはるかに劣るけど
紙は置き場所困るし

だが、寝る前に読むのに電子媒体は辛い

300 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 15:22:02 ID:eO2vgWTu0
たとえば2ちゃん運営側がまんがや小説、映像作品を募集して電子書籍に売り出すとか

301 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 15:22:03 ID:+2QDIBxi0
日本も取り敢えず小説だけでいいから電子書籍化してくれ特に過去に発売された書籍を早く電子書籍化していってくれ~

302 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 15:22:05 ID:E5H9UwXy0
>>294
>個人的に着うたって音楽じゃないと思うんだけどなあ。

これこそ「媒体」に捕らわれた人間の典型的な例
じゃあラジオで聴くのは音楽なのか?音楽じゃないのか?
携帯ではダメだがiPodの同音質のmp3ならおkなのか?

レコードにこだわりがある同じ感覚のおじいちゃんからしたら
お前が今聴いてるCDは音楽じゃないと言われちゃうよ

CDも着うたも単なる媒体でしかない
流れる楽曲に違いはない

303 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 15:24:00 ID:Cu04zo730
>>143
>紙の本を読んで育ってると、紙の本を読む脳ができちゃうのよ

俺自身が本と電子書籍行き来してるが、15分で切り替わるよ。

逆に言うと、行き来する度にそれぐらいの違和感があるけどね。


304 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 15:25:25 ID:+2QDIBxi0
日本の出版社腰が重すぐるよ~どんなに逆らっても無駄なんだから早いところ順応しようよ

305 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 15:25:44 ID:dFs65ZEe0
ページ検索が瞬時にできる。
ハイライトや注釈を自由に書き消し可能
購入は家でもどこでも瞬時に。安い。
ラインナップ無限。廃盤、廃刊なし
持ち運びと貯蔵スペースの負担ゼロ。端末一つで無数の蔵書。
本を配布するのも、プレゼントするのも瞬時に。自由に。
パソコンならフリーハンドで読める。本立てや本を両手で持つ必要なし。
マウスやリモコンでクリック1回、タッチ1回でページめくれる
読み上げソフトがあれば、寝てても読み上げてくれる
文章に挿絵ではなく、BGM、イメージ映像、CMをつけられる。

306 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 15:25:48 ID:moCjF+7D0
早川、早くやれ。

307 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 15:26:21 ID:FdHKGnwT0
アマゾン、アップル、インテル、マイクロソフト、グーグルは日本人から金を巻き上げ
白人を豊かにするためのシステムです

308 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 15:26:30 ID:yl/cHlgl0
>>129
単なる慣れの問題だと思うよ
最近だと紙で読むほうが違和感感じるようになったし、すぐに飽きてしまう。
電子書籍読み始めた頃もやはり違和感あったけど。

309 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 15:27:03 ID:TL8M+SOe0
サイバーパンクを電子書籍で読むのはむしろ礼儀

310 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 15:27:16 ID:eO2vgWTu0
>>306
だよなどうせ本屋いっても置いてないんだからw


311 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 15:28:03 ID:mZN5eGZ30
>>302
媒体の話じゃないよ。使用目的の話。
媒体は俺はどうでもいいと思ってるタイプ。

着うたは着信通知として使ってる限り単なるメロディーだな。
着うたのメロディーを歌として聞くって言うのは、
着信通知機能から切り離して独立させた場合。
携帯で着信通知以外で流し続けたら歌だけど、
そういうことしてる人はあんまり見ないね。

でないと、携帯のぴーぴー通知音も音楽となって範囲が広過ぎると思う。

312 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 15:28:22 ID:E5H9UwXy0
>>307
だからこそ一早く日本が利益を上げられるように
迅速に参入すべきなのに目先の既得権益の死守のために抵抗する
業界のせいでのちのちに大きな利益を白人に持っていかれてしまうんだよ

313 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 15:28:43 ID:h/EXb68rP
>>302
着うたと着うたフルの違いのことじゃね?

ただの着うたはそれこそ記号・サインだろ、目覚ましみたいな。

314 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 15:29:15 ID:+2QDIBxi0
早川と創元かな取り敢えず一番最初に完全電子書籍化して欲しいのは

315 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 15:30:16 ID:E5H9UwXy0
>>311
>そういうことしてる人はあんまり見ないね。

いやいや、若い子は携帯で音楽聴いてるからさ
CDシングルでミリオンセールスが出ない時代に着うたではミリオンが普通に出る
やっぱ感覚が古いと思うよ

316 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 15:32:23 ID:E5H9UwXy0
>>313
それならそう書いてくれりゃいいだけだと思うが
俺は着うたフルでの話だし
面倒だからこれからも着うたと書くけど

317 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 15:32:37 ID:mZN5eGZ30
>>313
そうそう。そういう感じ。

>>315
それは着うたの話?
じゃなかったら最初の話と違うから関係ない。
媒体の話はしてないんだから。
音楽は君が言ってるように媒体と無関係に成立する。
だとすれば媒体と使用目的に限定のかかってる着うたは音楽じゃない。

318 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 15:33:02 ID:NbrvPx040
ほんの数人がやかましく宣教中だなw このスレは。

319 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 15:33:14 ID:aWS0SRhi0
なんか痴呆症の老人みたいな意見ばかりで笑ったw

ID:E5H9UwXy0


320 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 15:33:36 ID:h/EXb68rP
>>307、>>312
なぜ白人と日本人しかお前らの考える世界には登場しないのか
範囲も狭すぎ

しかもたとえばロシア人とかどうなってるのかとww

321 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 15:33:46 ID:y7CWalp/0
書籍もそうだけど、漫画とか本当に電子がいいよ。
漫画って、一瞬で読めるモノが何巻も何巻も積み重なるわけ。
アホかと。。

電子だとこれが全てHDDの中なんだもん。精神衛生上もすこぶる良い。

322 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 15:34:08 ID:078dhSK80
着うたは初期の16和音の時代くらいだけを知ってる人と
今の着歌フルを知ってる人とでは認識のギャップがでてきそうだな

最近の着歌だと
オタはCDを買って握手権をゲットして
音楽聴くときはCDではなくて着歌とかDLでゲットしたものを
直接コンポに繋いで聞くのが普通だったりする

323 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 15:34:40 ID:yx7W0RKq0
>>311
たぶんお前は、着うたと着うたフルの2種類があるということを知らないんじゃないか?
着うたは確かにお前の言うとおり、着信音が主な用途だが、
着うたフルは、その名からは想像しにくいが、着信音に設定できんのだ
マジでただの音楽ファイル。MP3とかWMAと同じものでしかない

324 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 15:36:33 ID:mZN5eGZ30
>>316
そうか、そこで行き違いがあったか。すまん。
でも着うたフルはそもそも着うたちゃうやろ(´・ω・`)
と思うんだが。

325 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 15:36:59 ID:E5H9UwXy0
>>317
着うたフルを知らないだけか
道理で話がかみ合わないわけだ
フルでダウンロードできて普通に聴けるんよ今はね


326 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 15:37:20 ID:eO2vgWTu0
いまこの手のコンテンツに参入してノウハウを吸収して国内の組織作りに成功すれば最悪でも海外の大手に高値で会社ごと買ってもらえるかもしれない
案外中国に買われるかもしれないが

327 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 15:39:04 ID:+2QDIBxi0
毎年スペースが無いから本を捨ててる・・・電子化は福音だ

328 名前:名無しさん@十一周年[ ] 投稿日:2010/07/20(火) 15:40:29 ID:ablhCUC/0
>>327
どういう本だ?

329 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 15:50:35 ID:a2MP81ME0
日本のガラパゴス化を笑ってるけど大問題だぞ。
電子書籍界では中国や韓国に漫画知名度を独占される可能性がある。

330 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 15:53:18 ID:wyaijCHk0
本屋と印刷屋終了のお知らせか
今はともかくこれから就職や跡継ぎなんかはマジ考えなきゃな

331 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 15:57:00 ID:6C1h5G2N0
作家は半分入るみたいだから、印刷より儲かるだろ、時差もないし
世界で売れる、いよいよ文章も音楽のようになって来た、売り切れなし
これからは作家になりたい人はアマゾンに持ちこんで、販売だな

332 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 16:00:14 ID:4GrmdTSG0
電子書籍は日本でも普及して欲しいな。
一般書籍と同じ値段でもかまわんから。
一ヶ月数万は本買うけどある一定の数量に
なったらいらない奴から捨てないといけない
それが寂しいよ

333 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 16:01:08 ID:y7CWalp/0
>>331
日本の漫画は今までより遥かに世界進出しやすくなるだろうね。
それこそ”プラットフォームに載せるだけ”、って感じになりそうなんだもん。

売れっ子まんが家の発言力は桁外れに大きくなるだろう。
出版社なんてビクビクじゃね?
 「Amazonに直接投稿する様にしますた」
て言われる時代がくるだもんw



334 名前:名無しさん@十一周年[ ] 投稿日:2010/07/20(火) 16:01:28 ID:ablhCUC/0
古本屋の前に新刊書店の人どう思ってるのかな。
紀ノ国屋書店とか生き残る余地はあるのかね。

335 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 16:02:45 ID:rRYpHbXO0
本に住むちっこい虫を見つけるのもいとおかし

336 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 16:03:55 ID:a2MP81ME0
今は韓国や中国で実力ある漫画家が増えてきているから、電子漫画を早く掌握しないとやばい。
そのうち日本の漫画は紙時代の遺物扱いされるぞ。

337 名前:名無しさん@十一周年[ ] 投稿日:2010/07/20(火) 16:05:31 ID:ablhCUC/0
ハンゲームのみたいなゲームのように韓国の会社がそういう利権を取るかもな。


338 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 16:05:50 ID:yx7W0RKq0
>>336
そこで問題視すべきは、媒体がどうこうじゃなく、作家の質じゃないの?

339 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 16:05:51 ID:yFVR+Tb/0
安いカラーの電子ペーパー搭載機が出たら買うよ。
でたら1,2年で白黒モデルは陳腐化しそう。


340 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 16:05:59 ID:pzgPv1uk0
今のCD屋みたいになるの確定だね
本屋
まっ再販制度やってるような業界に未練なんてないんでさっさと潰れていいよ

341 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 16:06:15 ID:E5H9UwXy0
ガラパゴス化して喜ぶのは中国や韓国だろ
携帯もテレビもシェア奪われたし

電子書籍にしても日本企業が妨害してぐだぐだやってるうちに
他国の企業に作家を引きぬかれたら日本人が書いてようが他国のコンテンツになってしまう
街工場の職人たちが好待遇で中韓に引き抜かれて行ったのと同じようなことが起こるわな

守るべきは中間搾取してる人間じゃなくコンテンツを生み出す才能だよ


342 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 16:07:39 ID:6C1h5G2N0
後は読み上げソフトの充実だろう、あの機械で長時間読んだら
目に悪い、寝ながら読めない、寝ながら聞く事だな

343 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 16:10:22 ID:ShxHJnSf0
日本の本が安いといってもどうせ「資源無駄遣いエコエコ!」と
外圧に負けて電子化の流れになる

344 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 16:10:38 ID:a2MP81ME0
>>338
そう。作家が育つためには広い間口と作家に挑戦する多くの人口が必要。
電子書籍で個人で書籍販売できるようになれば、間口が桁違いに広がる。
韓国や中国で電子書籍が主流になれば、もっと多くの才能が出てくるだろうな。
逆に日本の場合は作家になるハードルが高すぎて、多くの才能を潰している現状がある。

345 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 16:12:35 ID:q8WgdkXl0
何年も前からpdfで本読んでるから今さらって感じだけどw


346 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 16:13:10 ID:NFLQUTOm0
つーかどうせすぐWebで読むようになるだろ。
まあそれも含めて電子書籍なんだろうが、キンドルだかアイパッドだか、電子書籍端末はすぐ廃れるよ。
紙から電子書籍端末へのハードルは高いが、
そこを乗り越えたら電子書籍端末からWebなんてあっちゅうまだろ。

347 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 16:16:16 ID:yx7W0RKq0
>>344
間口を広くしたからどうこうって問題なのかなー
有象無象のどうでもいい作品が氾濫して、余計に才能が埋もれそうな気がするが

348 名前:名無しさん@十一周年[ ] 投稿日:2010/07/20(火) 16:17:12 ID:ablhCUC/0
まあね。>>347
出版社の編集者の存在も大きい場合もあるよね。

349 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 16:18:00 ID:8XdAtkez0
日本はラノベで絵動せ

350 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 16:19:25 ID:iCFjg8pV0
岩波が率先してやって本屋大激怒www

351 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 16:19:47 ID:pzgPv1uk0
リアル鬼ごっこなんか元は自費出版であそこまで行ったし、アイデアは拾えるんじゃない?
物書きとしての才能はゴミもいいとこだけど

352 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 16:20:49 ID:q8WgdkXl0

各国の分野別市場規模(2006~2007 年)

     日本  アメリカ  イギリス  フランス  ドイツ   中国   韓国  台湾  香港

書籍  9,026  28,569   4,187   5,961  11,165  11,290  3,146  1,030  220

雑誌  16,412  40,160   5,263   8,558   9,813   3,035   948   592   909

日本と世界のコンテンツ市場データベース2009
http://www.humanmedia.co.jp/database/PDF/1-2DL.pdf



353 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 16:21:13 ID:3B9/2tC+0
ほんとにそんなに読みやすいのだろうか
雑誌が限界に思えるが
というか雑誌なら紙より便利に読めそうだ
細かいコラムなんかを拡大したり

354 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 16:21:58 ID:h/EXb68rP
>>346
いわゆるPCでの書籍鑑賞スタイルはこない。
iPadスタイルが廃れるという認識は古いと言わざるを得ない

老人からはメガネや拡大鏡が必要なくなったと好評だ、iPad。
コンテンツのWEBベースと観賞用端末の使用は矛盾しない

認識不足。

355 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 16:23:30 ID:q8WgdkXl0
>>352
単位は(億円) ね

日本とアメリカは雑誌分野のボリュームが異常に大きい

356 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 16:23:50 ID:/eNOA0OL0
これって最初、無料のカタログ雑誌みたいなものを電子書籍って言って、
1ドル以下(たいてい無料)で販売してただろ?

電子書籍の販売数ってこの無料ダウンロード分も入ってるんじゃね?
金額ベースにしたら化けの皮がはげるなw

357 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 16:25:55 ID:a2MP81ME0
>>347-348
それはランキングサイトなどで選別できる。
WEB漫画サイトとか行ってみればわかるが、今熱い漫画をピックアップできるよ。

358 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 16:26:10 ID:uRDGqYNVP
ipadは電子書籍のリーダーとしてはゴミ稼働時間が短すぎる

359 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 16:26:52 ID:GYTWMJWbP
>>339
今年中に白黒が1万円を切ってくれると嬉しいんだが。
4万だの6万だの出して買う気は起きない。

360 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 16:27:37 ID:YyiixSuq0
ハードカバーか電子書籍かって言われたら、後者。
しかし文庫本と比べると、どうしても紙のある方を選ぶな。

361 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 16:28:05 ID:iSV8RCCg0
ID:E5H9UwXy0を見て
電子書籍が嫌いになった奴、
俺が謝る。そんな悪いもんじゃないよ。

362 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 16:29:56 ID:ukStMp9j0
絶版本対策にはいいんだけど、やっぱり目が疲れるからな
アルファベットの欧米人のようには、日本では普及しないんじゃないかね

363 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 16:30:26 ID:q8WgdkXl0
まあ英語圏のハードカバー本ってむちゃくちゃ高いからなw
もともと図書館とか大学の研究者とか物好きしか買ってないんじゃないの?
ペーパーバックの売り上げはまだ抜かれてないんでしょ?
ほぼすべての書籍がペーパーバックのフランスとかハードカバーが安い日本とかでは
ここまで急激な変化は起きないと思うよ


364 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 16:30:26 ID:K+WFE2U90
電子辞書のせいで紙の辞書が売れなくなってるらしいね。
小説もそんな感じになるのかなあ・・・

365 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 16:31:28 ID:E5H9UwXy0
>>361
誰か知らんがID変えてご苦労さん

366 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 16:31:40 ID:8pPrJqPF0
本を読むことにこだわらなければもっと爆発的に普及するんじゃね?

電子書籍のフォーマットは良く知らないが
音読用にルビやイントネーションを考慮した共通フォーマットがあると
midiやミクのように音源を用意しておけばCDなどのように音声ファイルが大きくならず
読み間違いなく流暢な話し言葉で再生できて楽しいだろうな

漢字の読めない人にとっては勉強にもなるし
本を読むのではなく聴けるこで別の作業をしつつ楽しめる
繰り返し聞けばいつの間にか覚えるだろうな

月読アイみたいなのでも良いが、意図しない読みが頻出したので
音読専用ファイルがあればなとね

367 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 16:33:47 ID:NFLQUTOm0
>>354
スタイルの話をしてるんじゃないんだけどね。
ipadのようなデバイスで、Webで読むっちゅう話だよ。
要するにプラットフォーム争いなんて不毛ってこと。

368 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 16:33:53 ID:ax7MOAhm0
すくなくともグラビアとかは紙媒体で売る必要性がもはやないだろ
全部PCデータで販売してくれよ
したら買うよ普通に


369 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 16:35:31 ID:E5H9UwXy0
>>363
急激な変化が起きないというより出版業界が起こさせないよう抵抗するだろうね
いくら利便性が高いと言っても値段とラインナップ次第だから
日本はとにかくいつも出遅れるからね
逆に言えば日本の出版業界が積極的に動いたら同じように速いと思うよ
部屋は狭いし無駄にエコにも熱心な国だからな

370 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 16:35:41 ID:ixlHA/Vk0
>>364
ハードとソフト(読むためのアプリケーションて意味のソフト)の進歩次第じゃないのかな
今現在のじゃ右から左に読み流して二度と読まないレベルの小説にしか技術がフィットしていないと思う

371 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 16:37:39 ID:LyCqc8f10
将棋とか、囲碁の雑誌は電子書籍にしたら
棋譜の再現が楽なんだけど、一番最後まで紙のまま残りそう

372 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 16:41:49 ID:sjQFybjS0
日本遅れまくってるな・・・

373 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 16:41:49 ID:h/EXb68rP
>>367
ますますありえん
電波来ないところでは読書禁止か?w
ローカル保存 適宜持ち出しスタイル
課金やコレクション的意味も含めこれしかない

374 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 16:46:54 ID:d6SkMnyoP
>>368
高画質なグラビアなら、自分でスキャンしたほうが高画質のデータを
残せるから、紙媒体も捨てがたい。
デジタルでもやれば出来るんだが、出版社側はやりたがらないだろうな。

375 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 16:48:45 ID:E5H9UwXy0
>>371
確かに
アプリ的なもの入れておけば全ての手を収録して順番に再生とかもできるわけだからね
紙媒体とは根本的に可能性が違うわな
創意工夫次第でいくらでも化ける

376 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 16:48:57 ID:HTdHezpY0
>>372
日本は、アメリカよりも本が売れてるから遅れるのは当たり前かと。

大型本屋・CDショップがここまで残ってる国もそうそうない。

377 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 16:54:29 ID:E5H9UwXy0
>>376
情弱が多い上に国民がおとなしいからね
CDに3000円、映画に1800円を何の疑いもなく出し続けてくれるから
とにかく何でも高い
同じ商品でも日本で売る場合の値段だけやたら高く設定される

378 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 16:55:08 ID:TRqhQ+QR0
>>3
> 電子媒体では記録物は100年持たないとか

それは単一媒体の場合の話でしょ。
電子化された文書は、ネットワークで共有され、大量にバックアップされ、あらゆる形式に
変換されて継承されて続けていくから、紙媒体と違って、文明が続く限り永久に残ることになるよ

379 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 16:56:15 ID:q8WgdkXl0
自分が特殊なだけかも知れんけど、古い本を大量に読む必要があるから
ずっと前から各国の図書館が公開してる電子文書を利用してる
フランスの国立図書館は著作権の切れた書籍のすべてを電子化して公開しようとしてるし
アメリカの大学図書館なんかも蔵書の電子化作業を続けてるし、日本の公文書館もそれほど
後れを取ってるわけじゃない
あらゆる本をwebで読み、自由にダウソできる状況はすでに目前に迫ってる
それらがすべてInternet ArchiveやGoogleBooksに統合されれば検索も簡単になる
新刊本の形態に議論を限定していては、この革命的状況が見えてこないと思うよ


380 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 16:56:38 ID:QR0l1Tuf0
液晶の解像度がもっと上がらないとな
文庫と同じサイズの文字をアンチエイリアス無しでくっきり表示できないと
その点で単純な構造の文字しかないアルファベットは有利だ

381 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 16:58:17 ID:HCnWaT7i0
まーた既存の利益団体のせいで、
アメリカに先を走られちゃったね
いかにデジタルにさせないかじゃなくて、
いかにデジタルで金をとるかってのを早急に考えろよ

382 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 16:58:19 ID:whu4mFzP0
家屋が狭い日本なら、もっと重宝するのに。
出版業界の愚かしさにあきれるばかり。

383 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 17:00:02 ID:q8WgdkXl0
>>377
日本の本は安いんだよw


384 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 17:01:18 ID:3hBssgOTP
>>379
割れ厨脳全開ですな

385 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 17:02:39 ID:/URkqnn8i
訴訟がどうとかごちゃごちゃ言ってないでさっさとやればいいのに

386 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 17:03:21 ID:fcoWmRUh0
アマゾン・キンドルに圧されながらも、ある程度のシェアはなんとか確保してた
ソニー・リーダーがiPad登場で完全に空気と化したな。何年もやってきたのに、
こうもあっけなく駆逐されるなんて無様すぎ。

387 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 17:04:05 ID:+2QDIBxi0
>>328
小説だね文庫本が一番多いかな・・・哀れなり

388 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 17:04:35 ID:HCnWaT7i0
>>384
ってか、実際に国立国会図書館でやってるしな

389 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 17:13:05 ID:b4dv7Sr80
ソニー頑張ってるよ、最近もipad対抗で値下げして、話題になってるし。
フォレスターだったか調査会社の予想だと、今年だけで200万ユニットくらい売れそうだと。

390 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 17:13:54 ID:h/EXb68rP
>>388
でもお前さん、その電子データの利用法がわかんないんでしょ?手続きとかも。

じゃ、しょうがないね!
Amazonから買ってれば?www

391 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 17:14:05 ID:a2MP81ME0
チョニーなんてどうでもいい。

392 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 17:15:05 ID:q8WgdkXl0
まあケータイ小説まで含めれば、日本もかなり盛り上がってるとはいえるけど、
ガラパゴス携帯で読んでるからダメってことなのかなw

日本の電子書籍市場、2009年は574億円~89%がケータイ向け
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20100707_379065.html

 株式会社インプレスR&Dは、電子書籍に関する市場規模をまとめた調査結果を公表した。
それによれば、日本の2009年度の市場規模は574億円と推計され、2008年度の464億円と
比較して23.7%増加した。



393 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 17:17:20 ID:VnR9TOj50
栞屋さん潰れちゃうな

394 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 17:19:15 ID:HCnWaT7i0
>>390
ってかまだ自炊をもくもくとやってる段階で、
公衆送信化については国策でゴーが出るのを待ってんだよ

395 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 17:26:25 ID:h/EXb68rP
>>394
はいはい事情痛、リーク気取り乙

スッキリした?
よかったねぇ。。。。w

396 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 17:27:43 ID:WHXn0BEO0
紙が200年もたないって衝撃だったわ…

397 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 17:29:01 ID:HCnWaT7i0
>>395
すまん、なんか気に障ったのか、なら謝るわ

398 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 17:30:08 ID:eVbGqeyG0
電子書籍端末は日本でも絶対普及するよ
ただし読書ツールとしてではなく語学学習ツールとして
今まで電子辞書買ってた奴らが電子書籍端末を買うようになる

399 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 17:30:34 ID:ivPy4V0Z0
石に刻んでおくのが一番確実に後世に残せるよなw

400 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 17:31:22 ID:h/EXb68rP
>>397
ゴメンね
暑くて生理で

無視してください

401 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 17:31:25 ID:uVVoADxF0
まじかこれ!

402 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 17:35:02 ID:Cu04zo730
>>346>>367
「Webで読む」つう意味がよく分からない。
safariとか汎用ブラウザでHTMLで書かれたファイルを読むつうことか?
HTTP経由でダウンロードした(pdfやepub)ファイルを読むつうことか?



403 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 17:36:14 ID:TRqhQ+QR0
>>402
両方じゃないの?
それ以外の形式でも、プラグインなどで、ブラウザで読めるでしょ

404 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 17:41:44 ID:vBEzwgBE0

新しい合理性に対応できない老人たちが
電子ブック叩きを始めるだろう
日本ではよくある事

電子辞書を否定して、
「ページをめくるのが大切」とか訳の解らん事を言って
紙の辞書を強要する連中もいるくらいだから

405 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 17:42:37 ID:xnsZqssL0
アメリカの識字率なんてとんでもなく低いのにw
こんな数字に何の意味があるんだよ

406 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 17:45:21 ID:9QHC9zJeO
>>399
ポーネグリフかw

407 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 17:49:20 ID:+2QDIBxi0
後は安い端末が出てくれれば・・・

408 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 17:51:45 ID:h/EXb68rP
>>407
あとはお前らの給料が上がれば。。。!

409 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 17:52:03 ID:i+QiKnvS0
エロ小説を色っぽい声で読んでくれるソフトはないの?

410 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 17:53:59 ID:E8ueAKD00
>>409
つ [SofTalk]

411 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 17:55:29 ID:h/EXb68rP
>>409
つ彼女

412 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 17:56:20 ID:s9jFbE4f0
ウチの地区医師会でもiPadを30台購入する予算が付いた。
分厚いコピーの束から解放されるなら、それに越したことはない。
つか、、、、、はっきり言って







年寄りのオモチャ






413 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 17:56:44 ID:mZOLOe0l0
>>405
だよな、アメの60%以上が、小学校4年生以下の

レベル

414 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 18:00:18 ID:f5js20sc0
ビューワーをただでくれるっつーなら使ってやってもいいが、
わざわざ金出してまでそんなもん買いたくないぞ。

紙の本だと、1冊だけならたいして重くもなく、
ぞんざいに扱ってもいいし、飽きたら気軽に捨てられる
そんなビューワー付きってことだからな。
だから俺の気分的には中身よりむしろ媒体に金払ってんだよ。
コーラの原価を聞いても損した気分にはならないのと同じ。
中身だけ買っても飲めないしなw

415 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 18:03:40 ID:PPo15NJo0
でも紙のほうが寝転びながら読めていいと思うんだけど・・・

416 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 18:03:57 ID:E5H9UwXy0
>>414
話が若干矛盾してるな
現在の本を媒体に金払ってるんなら電子書籍でも媒体に金払えばいいじゃん

417 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 18:05:45 ID:Ycsub+NZ0
規格乱立だけは勘弁して欲しいなぁ。

418 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 18:09:11 ID:aq5HB6r50
10年後には印字書籍ヲタとか生まれてそうだな

凸版2010年物は神がかっている。
選びぬかれたフォント。
深みがあり著者の魂までもを表現した印字。
エコに逆行し、あえてパルプ100%で他との差別化を測った先見性は驚愕に値する。

とか言ってそう。

419 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 18:15:02 ID:qIMjOKKq0
オレは、本は寝る前に読みたいが、
電子書籍だと壊れるのが怖くてベッドで読めないんだよな・・

420 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 18:23:10 ID:f42eeM2k0
中抜き・・・・行き着く先は、作家と読者が直結?


421 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 18:27:35 ID:8cezE5f50
>>378
むしろ「いかに残さないか」の方がそのうち議論になるだろうな。
ゴミ本も永遠に残るという悪夢だから。

422 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 18:28:13 ID:Nb6A1K6E0
>>420
ネットが普及し始めた頃にはすぐにでもそうなるようなことが言われてたけど
ようやく実現のメドが立ったって段階なんだな

423 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 18:28:45 ID:aZOIld3w0
>>95
テラワロスww

424 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 18:31:11 ID:Nb6A1K6E0
>>421
ゴミ本や落書きも後世には研究対象となるものだよ。

425 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 18:32:06 ID:aZOIld3w0
>>65
実際、自営業の本屋が潰れた敷地に携帯ショップがよく立つ

426 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 18:33:00 ID:8cezE5f50
>>424
それは研究の話だけだから、どっかのサーバーにでもぶちこんどけばいい。
一般人が利用するネット上に延々と全てを残し続けるのはただの無駄だよ。

427 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 18:33:21 ID:QrvHbPIE0
>>416
使い捨てできるような値段なら不満はないな。
出先でふと思い立って買ったけど、どこかに置き忘れてきちゃった。でも、まあいいか。
ってできるか? そのキンドルとやらは。

紙の本なら、新しい本を買えば毎回きれいな新品で読めるが、
そのキンドルとやらは、新巻を買っても何を買っても
常に薄汚れた使い古しで読むことになるだろうしな。

1冊買うごとに新品のキンドルを用意してくれるならいいけどな。
無理だろw

428 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 18:33:35 ID:1NIvMG+h0
使い勝手はどうかわからん。本に慣れてるから読みづらそうなんだよね。
旅行なんかで何か持っていく時に便利かもしらんが

中抜き構造が無くなるのは非常に嬉しいもんだ。
出版社は赤字赤字とか言いつつ社員さんの給料半端ないらしいから
割り食ってるのはクリエイター側なんだろうね。

429 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 18:34:55 ID:QrvHbPIE0
>>416
例えが悪かったかな。
コーラを買うとして、

「100円出せば紙コップとコーラが出てきます。」

って自販機と、

「コーラ1杯 20円です。ただし最初は専用のカップを 300円で購入してください。」

どっち買うよ?
とりあえず1杯だけ欲しいなら使い捨てカップでいいだろ。

430 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 18:36:20 ID:qlabxWw10
電子書籍は利点もあるんだろうけど、画面見続けるの眼精疲労もちにはきつい
紙のほうが負担が少なく感じる

431 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 18:36:48 ID:aq5HB6r50
>>429
毎日コーラ買う人はカップ買うんじゃね?
コーラだけじゃなく他の飲み物にもつかえるし

432 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 18:37:53 ID:rOwz4h6v0
電子書籍ちょっと興味ある
部屋がすっきりするかな

433 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 18:38:08 ID:1NIvMG+h0
>>429
スタバでタンブラー使うか使わないかのほうがいいんでね?

434 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 18:38:41 ID:i+QiKnvS0
一台に何百冊も入るわけだし、書庫を持ち歩けるんだからいいよな


435 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 18:38:55 ID:oXrmLpfe0
>>428
途方もない数売りさばかなくちゃならないのは
結局出版社の全員の家族養わされてる結果だからな
そんなモノ背負わされ無かったらそこまで売れなくても食えるはずだし

436 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 18:38:57 ID:f42eeM2k0
有名人や売れてる作家なら読者と直結は可能だけど
新人作家は辛いな

出版社や取次店や書店が新人売り出しやるけど
新人には厳しいネット時代


437 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 18:39:17 ID:MRgr+usJ0
もともとアメリカ人は本を読まない。
ってか、日本人が本を読みすぎる。

438 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 18:39:58 ID:/3LwniOU0
現状の情報量ですらゴミ(ブログ、はてなとか)を除ける必要が出てるから、
ネット上に残された書籍類にもそのうち検索の効率化を考えないと
いけなくなる可能性はあるね。
特に自働クロールで勝手に順位変動させられるからな。

ニコニコ動画も人気コンテンツは何百件と引っ掛かって全部見れないからな。
可能性としてあるのは一定以上の品質だけを保証する電子図書館とか、
そういう類いか。

439 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 18:40:56 ID:MFhvnPHn0
電車のなかやベッドに寝転がって読む俺にはいらない。もともとハードカバーも読まない
あと目が疲れるだろこれ

440 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 18:41:12 ID:jwH3TldoO
なんとかウォーカーとか雑誌の類は全部やって欲しい

441 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 18:42:03 ID:BiHvwSKv0
価格比にしないと意味ないんじゃ…
普及してますよと言うことが主張したいだけだろうから、この数字なんだろうけどさ。
同じ本なら、特別なことがない限り安い方を買うだろ。


442 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 18:43:15 ID:HjKVQbvb0
まじ10年ちょっとでこういう出版卸小売印刷いらねえ時代来ちゃったんだな

443 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 18:44:00 ID:qIMjOKKq0
書籍の電子化は大賛成だが、紙媒体の書籍がなくなっては困る(なくなることはないだろうけど)

444 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 18:44:14 ID:aZOIld3w0
>>426
無駄かどうかはサーバー管理者が決めること
大体、HDDの容量にも物理的な制限があるし、個人が思い入れのない書物まで保管してたらただのコレクターだ
一般人が利用する情報はググる程度だろう、検索の邪魔になるから無駄ってか大した事じゃない

445 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 18:46:59 ID:/J3zTnsv0
>>444
ってことは結局ゴミ本はみんなのHDDから捨てられた残らんってことでいいんじゃね?

446 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 18:49:00 ID:1NIvMG+h0
>>434
可愛い振りしてあの子、割とやるもんだねと

トヨタCMを思い出した。


447 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 18:57:00 ID:uA9vGu4t0
中学生ぐらいまでは与えたくないなぁ、電子書籍

448 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 19:00:03 ID:qIMjOKKq0
まあ、まだ電子書籍のためにはハードが貧弱すぎる。
おもちゃレベルのこの状況を変えない限り紙媒体に取って代わることはないわ。

449 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 19:03:49 ID:aq5HB6r50
>>448
技術書とか資料を持ち歩く人だとめちゃくちゃ便利だぞ?
iPad使ってるけど今までの本全部デジタル化したいって思ってる
新聞・雑誌とかすぐゴミになる部類も電子化したほうが楽だろうな

450 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 19:04:21 ID:NbrvPx040
>>448

しばらく使ってみた感想としては、同感なんだよな。

451 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 19:05:05 ID:3hBssgOTP
>>420
音楽業界みりゃどんな結果になるかわかるだろ

452 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 19:06:47 ID:qIMjOKKq0
>>449
おれは英語論文とかはわざわざ印刷して読んでるなあ
書き込みやすいし

新聞とかはもう記事ごとに電子化されてるね。
全部を電子化する必要性は感じられないかと。でかい方が見やすいし。

453 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 19:09:02 ID:451MvVJ40
米アマゾンの児童書カテゴリを見ると
売上げランキングの上位は
無料のキンドル・エディションばかり
無料で配布しても販売数にカウントしてるだろ

454 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 19:11:24 ID:yQ8lNEZz0
小さな文字を虫眼鏡を使って読むか
拡大鏡を使って読むかって言ったら・・・

455 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 19:12:57 ID:FgpzSVqkO
普通にほしいけどな。ただどんくらい便利かしらんけど。

456 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 19:13:55 ID:6SebQxnc0
だから紙は重いんだってば
重すぎなんだよ
ほんと重い
マジ重い
部屋が埋まる
もうやだ


死ね紙!

457 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 19:14:08 ID:8pPrJqPF0
そのうち、紙面で読みたいような人は書店か何処かで簡易製本機を利用して
学会の論文集のような感じで製本するようになりそうな予感

もしくは、電子ペーパーが良い感じになってきているから
本物の本のように読める電子書籍の端末が出そうだなー
50~200ページくらい用意して、不足ページ分は最初に戻って続きから
ページが壊れたら新しい電子ペーパーとその部分だけ交換みたいなw
うはー、夢が広がりんぐwww

458 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 19:18:08 ID:NbrvPx040
>>453

無料は除外だよ。ただし、木曜日の決算前のプレスリリースだから
本来マスコミが総出で飛びつくほどのニュースかなとw

んで、ここで盛り上がっている人たちはなんなんだとw

米Amazon、電子書籍の販売ペースがすでにハードカバー本を突破していることを明らかに
http://hon.jp/news/modules/rsnavi/showarticle.php?id=1641

News Release
http://phx.corporate-ir.net/phoenix.zhtml?c=176060&p=irol-newsArticle&ID=1449176

459 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 19:25:05 ID:b6gW8Ed10
iPhone4のRetinaディスプレイで小説読んでるけど、全然目が疲れないよ。
色むらやジャギーが無いからかも?

iPadも次世代で300dpi超えたら買ってみようかと思う。

460 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 19:28:20 ID:opDIZwCQ0
iPhone4に機種変したので、これまで使ってたiPhone3Gにi文庫インスコしてカーチャンにあげたら
毎日凄い勢いで読んでる。

461 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 19:31:28 ID:EIuvSNuZ0
あと少ししたら新刊本のデジタルデータ海賊版が出版直後に出回って、デジタルだろうが
紙だろうが本に金払うこと自体がバカらしい状況になるんだろうな。ご愁傷様。

462 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 19:33:30 ID:qIMjOKKq0
>>461
それは最悪の展開パターンだな。
執筆者に金がいかなくなり、良い物が生まれなくなる。

463 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 19:35:34 ID:p3jNt2O40
スレ伸びてるね。俺的には電子書籍おkだ、別に紙の本でなくていい
書籍は置き場所に困る。昔は広い家に住んでたから苦労はなかったが
今は六畳一間の生活。本なんかかったら、今持ってるどれかの本を捨てないと
イケないのだw

464 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 19:50:14 ID:aHBj6X380
日本企業が電子書籍嫌えば嫌う程、日本人の若年層は英語に馴染んでいくんだろうな。
英語読めれば問題ないんだしw

465 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 19:58:42 ID:ic4OKF5R0
>>131
印刷する

466 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 20:01:38 ID:ic4OKF5R0
電子書籍は電車内で読んでいるがiphoneだと小さすぎipadだとデカ過ぎ

467 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 20:05:35 ID:t7jrI4WP0
共存できればいいね

468 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 20:07:41 ID:ora9zyKV0
洋書のハードカバーは馬鹿高いからな

469 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 20:14:27 ID:HS87nP8Q0
戦後に出た紙の本の多くは酸性紙
百年も経たないうちに紙がくっついて読めなくなる

早く電子化するのがよい

470 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 20:21:45 ID:FYw7gNvI0
とにかくマンガをすべて電子書籍化してくれ
あとラノベだな
この二つは電子書籍と相性が良いと思う


471 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 20:25:08 ID:bkLntH3r0
もう何と言えば

472 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 20:26:11 ID:f42eeM2k0
>>464
21世紀の日本は英語を公用語に替えるべき
日本語は無くなった方が良い(中国文化圏から抜ける、朝鮮語と似たような文法の日本語は廃止)


473 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 20:33:30 ID:UItuDJ150
電子書籍化するのはいいが、複製でまわりすぎてやばいんじゃねーの?
日本なんか商業以外で本をデータ化してるのなんてほとんどないが
英語圏はベストセラーから古典まで無料のコピーが日々作られてるじゃないか

474 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 20:52:32 ID:8SOw4YlD0
Googleは無断で日本の書籍を電子化してるしなw

475 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 21:05:29 ID:FGQS00vG0
>>473
古典も執筆者はいないけど複製で回りすぎると問題なんだよね。
いわゆる校訂版が売れなくなるから校訂者がいなくなってしまう。

476 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 21:11:33 ID:n6kb80si0
もうレコードやCDと同じで、
電子化の波は止まらないよ。

紙の本は今のレコードや書道と同じになるよ。

パピルス以来の大改革の波を目の前にして、
のんびりしてられる人がある意味羨ましい。

AppleにAmazon、google。こいつらが向こう数百年単位の覇権をかけて争ってるわけだ。
平和ボケの人には、今そこに戦争が起きてるコトすら気付かないで済むのだろう

477 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 21:14:56 ID:JmvUa9uY0
ダウンロードコンテンツってコピーできないように工夫されてるの?

例えば、ゲームとかみたいにDVDの内容をコピーできないようにとか個人出版でできるのかな?

478 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 21:16:02 ID:7WQwWY4X0
十数年も経てば紙の本は懐古ジジイしか見なくなるだろう

479 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 21:17:40 ID:f42eeM2k0
>>478
日本語を話せるのは爺さん婆さんだけだったりして
英語が公用語だと日本国民には楽だよね、世界中で何とか通用するのは英語なんだから


480 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 21:19:52 ID:gLw9j38r0
一方、日本は・・・・w

まぁ、民訴の違いですねw

481 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 21:22:49 ID:dAPC2qE80
本を読むためだけに端末持ち歩くの?

482 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 21:23:17 ID:njGeuHN80
環境にいいが目に悪いな。少なくともipadは。

483 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 21:23:23 ID:9yhREfGZ0
>>479
ねーよwww
何でそんな話になるのか意味不明

484 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 21:24:42 ID:FGQS00vG0
まあ個人的に学術書くらいしか読まないからiPadみたいなのに
入れときたいとは思うよね。どうせ1時間で2,3頁くらいしか
読み進められないし、その2,3頁のために分厚い専門書を
持ち歩くのも大変ではある。

485 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 21:24:51 ID:4mM4DOSd0
カラー化したら圧倒的なんだが・・・

486 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 21:24:56 ID:nMcRkURM0
あーあ、日本また負けたw
日本ガラパゴス化決定記念パーティー会場はここですか?

487 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 21:25:36 ID:f42eeM2k0
>>483
ガラパゴス症候群の患者さん?
日本は移民時代に入るのだよ、公用語は英語


488 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 21:28:18 ID:pdebgECz0

 で、日本のアマゾンは何してんの?

.

489 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 21:28:49 ID:dAPC2qE80
>>484
そういう本はお外で読まなくてもいいんでない?
って思っちまったわ

490 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 21:30:08 ID:CzxtbI490
まぁここはこれまでと同じように、アメリカ企業に思いっきり先行してもらって
日本の市場を自由にしてもらおう。
日本の既得権益を持ってる人たちは絶対に何も有効な手を打てないはず。
日本の消費者を救ってくれるのはいつもアメリカ企業。

491 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 21:30:12 ID:9yhREfGZ0
>>489
なんで外で読む前提なんだよ

492 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 21:30:29 ID:NcmmPPE00
iPad用のToyStory見ると良くわかるが、電子書籍は本というよりまるっきり新しいジャンル。
動画有り、ゲーム有り、塗り絵有り、もう紙へは戻れない。

493 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 21:30:47 ID:TnVTx2Ca0
電子書籍のことはよくわからんのだけど、なんかの外部アプリとか使って印刷は出来るん?

494 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 21:30:52 ID:amMjSVdG0
>>487
第二公用語にでもして、無意味な学校教育英語を見直せばいいだけ
日本は要らない、無くせなんて日本文化を破壊したい売国奴のセリフだ

495 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 21:31:10 ID:utW7aYt70
向こうは本が高すぎるからだろ


496 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 21:32:05 ID:FGQS00vG0
>>489
別に外には限定してないよ。
部屋の中でも大学の研究室と自宅の往復は大変なんだ。
大学に置きっぱなし、自宅に置きっぱなしというわけにもいかんし。

497 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 21:32:48 ID:9yhREfGZ0
>>487
なんで移民が入ってくるだけで公用語が英語になるの?

498 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 21:35:20 ID:StgLVrto0
アメリカは紙の本が高いからな。それだけピンハネがあるってことだけど確実に雇用減るな
でも日本が電子書籍に変わらなくていいってわけじゃない
アメリカが電子書籍の流れってことは世界が電子書籍の流れになるわけだ
どんどん海外企業が大きくなっていく。日本だけひっそりやらせてくれなんて通じないから日本の企業が買収されまくる

でも日本が電子書籍で世界に羽ばたこうとしても不可能だよ
日本語は狭い日本でしか使えないから市場が狭すぎる。市場が狭すぎるから海外からも小さい日本のためだけに売れるかもわからない電子書籍は出さない
結果、日本はどんどん孤立していく

499 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 21:35:38 ID:Gqytjzro0
CD1000円→100円は魅力的だが、漫画440円→450円は魅力的じゃないよな
小学館は電子のほうが高いからな

500 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 21:36:03 ID:FGQS00vG0
まあここで言われてるような大変革は起きないだろう。
歴史でも圧倒的な技術革新後も、日常生活はちゃんと徐々に
変わっていくって感じだからな。
そのうちいい感じのところで落ち着く。

501 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 21:37:44 ID:sxBzBg0P0
>>499
魅力どころか誰得だなw

502 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 21:38:10 ID:tuAhL2f60
 ユニコード制定の時の話
1バイト文字国「日本語は漢字にルビを振った物も取り込もう」
日本代表団大反対、根回し外交を模索

結論
「ネイティブがそこまで反対するならきっと問題があるのだろう」

503 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 21:38:23 ID:al71O4UF0
アメリカの話だろ?
北米は猛スピードでこうなる条件が揃っている。
北米の紙の本の高さは「目の玉が飛び出る」レベルだから。
廉価版のペーパーバックですら、日本人ならギョッとするレベル。
しかも本屋は通勤・外出の途中でフラリと立ち寄れるところではなく、
週末の買出しついでで車で行くところだし。

504 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 21:39:03 ID:oT6YbHrY0
>>499
何百冊買っても床が抜けないってのは魅力的だけど、
高いのと電源(バッテリー含む)が無いと読めないってのは何だかなあ・・・って感じだね。

505 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 21:40:34 ID:NcmmPPE00
俺はとっくに本や雑誌や新聞は、ipadでしか見なくなったけどね。




506 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 21:40:36 ID:sxBzBg0P0
>>333
編集の介入がないと漫画家はロクなものが作れないというのは
去年創刊3号で休刊に追い込まれた
「編集ナシで漫画家同士の意見交換で良い雑誌を作っていく」
をコンセプトにした雑誌で証明済みだよ。

507 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 21:40:45 ID:0gYfxRdwO
>>494
言葉がなくなるときって意外にもろいよ。
ハワイ語がすぐに英語にとって代わられたようにな。

508 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 21:41:06 ID:f42eeM2k0
>>497
事実上の世界公用語=英語
移民に壁を造らない=移民政策


509 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 21:41:52 ID:tuAhL2f60
日本が移民時代に入ったら公用語は中国語かポルトガル語になる

510 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 21:42:20 ID:ukWhsdMR0
キンドルのようなリーダーを、早く日本で売ってくれ。

でも、書籍データが紙の本よりかなり安くないと意味ないよなあ。

511 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 21:43:01 ID:FGQS00vG0
>>508
移民に世界公用語なんて概念はない。
その移民の最大母集団の言語が重要。
つまり中国語だ。

512 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 21:43:34 ID:KUXHPUMM0
>>510
小説なんかだと200円は安くないとな・・・

513 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 21:43:38 ID:9yhREfGZ0
現時点で紙より電子書籍の方が消費者にとってのメリットは大きいと思う。

電子書籍になると紙の本を作って売るための雇用が不要になるのが
日本の書籍の電子化を妨げてるのかなあ。

514 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 21:46:01 ID:f42eeM2k0
>>511
なら移民を拒否すれば良いのでは
英語が出来る人を移民として認める

中国語、朝鮮語は認めないで良いと思う


515 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 21:46:08 ID:FGQS00vG0
>>513
むしろ最初の設備投資が遅れてるんじゃないの?
ただ中継ぎ全部廃止でいいじゃんとか意見が多いが、
郵便局作ったときに飛脚の多くを再雇用した日本人の精神はどこに行ったのかと(´・ω・`)

516 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 21:46:56 ID:HjKVQbvb0
でもある日、電気止まっちゃったらどうする?個人の太陽電池とかもいれて
高度な文明を有した人類の文化は大部分が突然消えちゃいました
ってよくある設定が2050年前に起こりそう

517 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 21:47:23 ID:LsKuw++D0
>>513
大手印刷会社あたりじゃとっくに儲けの7割くらいは
本の印刷以外になってるらしいがね

518 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 21:47:26 ID:NcmmPPE00
>>510

同じ値段だったら、俺は電子書籍を買う。
かさばらない、汚れない、拡大・縮小自由自在。
ほしいものが、いつでもどこでもすぐ手に入る。






519 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 21:47:32 ID:9yhREfGZ0
>>514
妄想じゃん。そんなに英語使いたいの?

520 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 21:48:41 ID:jultcZUw0
10年近く、ザウルス文庫を愛用している俺にとっては
何をいまさらって感じだな。

521 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 21:48:48 ID:FGQS00vG0
>>514
いきなり>>508と矛盾することを言い出すようでは話にならんな。
移民に対する日本語の壁が英語の壁になるだけじゃん。

俺は日本での英語話者の優位を減少させるには英語を浸透させた方が
いいとは思うけどね。英語で話してても大したこと言ってないことが多いのに、
周囲が分からんもんだから騙される。

522 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 21:49:49 ID:a+xGpy7H0
紙の本が安くなれば紙の本が売れる


523 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 21:49:59 ID:JmvUa9uY0
>>518
転売ができないという最大のデメリットがあるんだぜ。
電子書籍。

減価償却を考えたら普通に紙の古本を買うのが一番安いわけだ

524 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 21:50:47 ID:qt7rGH6G0
見える、おれには見えるぞ
こうやって電子書籍も音楽配信のときみたいに
団塊のおっさんどもの利権をまもるためにガラパゴス化して日本は一人負けする姿が

525 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 21:51:30 ID:QrvHbPIE0
>>476
レコードやCDの場合は
もともと再生のための機器が、別に必要だったからね。
本はそれ自体で読むことができる。それ単体で成立してる。
だから問題が全然違うよ。
レコードやCDはソフトウェアだけど、本はハードウェアだよ。

526 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 21:52:43 ID:ag/lf/gL0
>>1
はいはい、海外海外。
日本は守りますからw
てめぇらの好き勝手にさせんよw

527 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 21:53:45 ID:ghVQjrrz0
日本で普及するかは値段次第。
紙より安くないと普及しないと思う。

528 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 21:54:07 ID:u3a4yirW0
>>525
コンテンツの消費の仕方が変わるってことだろ

529 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 21:54:09 ID:ukWhsdMR0
転売出来ないし、データが飛んでしまう虞もあるし。

>>524
日本語のデータなんて、基本的に日本人にしか売れないでしょう。
日本の書籍だけでガラパゴスして何が悪いのかと。

530 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 21:54:32 ID:NcmmPPE00
俺の場合は、値段よりも利便性。そもそも本の転売や古本なんて考えたことも無い。
最近の電子書籍のように動画や効果音を上手に使った物を見てると、あっという間に新しい時代が来る気がする。

うちの子供なんか、週末はipadに完全にはまってる。





531 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 21:55:37 ID:9yhREfGZ0
電子書籍はとっととアマゾンに独占してもらって、
統一したセキュア規格でもって管理してもらえたらいいな

あの本を読むにはこのリーダーがいりますじゃ正直メリット半減だし。

532 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 21:56:20 ID:LsKuw++D0
街の良質な古本屋を淘汰してきたブックオフも
ついに駆逐されるときがきたか


533 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 21:57:30 ID:NcmmPPE00
でも、これは失敗だろうな。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100720-00000016-maiall-bus_all

さすがに、今更って感じ。


534 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 21:57:59 ID:z36hOwNr0
あれ?ブックオフの株主って……

535 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 21:58:18 ID:ccL7YhbH0
ROMのIPを売ってボロ儲け
運営の自作自演のデマ掲示板ですね。書き込んでるのは運営の人間だけだろ

ROMのIPを売ってボロ儲け
運営の自作自演のデマ掲示板ですね。書き込んでるのは運営の人間だけだろ

ROMのIPを売ってボロ儲け
運営の自作自演のデマ掲示板ですね。書き込んでるのは運営の人間だけだろ

ROMのIPを売ってボロ儲け
運営の自作自演のデマ掲示板ですね。書き込んでるのは運営の人間だけだろ
ROMのIPを売ってボロ儲け
運営の自作自演のデマ掲示板ですね。書き込んでるのは運営の人間だけだろ

ROMのIPを売ってボロ儲け
運営の自作自演のデマ掲示板ですね。書き込んでるのは運営の人間だけだろ

ROMのIPを売ってボロ儲け
運営の自作自演のデマ掲示板ですね。書き込んでるのは運営の人間だけだろ

ROMのIPを売ってボロ儲け
運営の自作自演のデマ掲示板ですね。書き込んでるのは運営の人間だけだろ


536 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 21:59:12 ID:k6Thnnm+0
製紙会社勤務の俺、涙目まじで。



537 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 21:59:28 ID:Fnm4Qw8d0
キンドルは目に優しい。
けど
革製カバーを買いたいのに日本まで送ってくれない。
アマゾン何やってんの。

538 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 21:59:41 ID:MyI8nCcZ0
しかし、日本の電子書籍をアマゾンなんかに独占させて良いのかな

539 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 22:00:45 ID:ukWhsdMR0
電子書籍の流通をどうするか、家電メーカーや出版業界で速やかに話し合え。
もめてる暇はない。

540 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 22:00:54 ID:CIvp+uIg0
>>536
紙の需要は書籍だけじゃないでしょ?

541 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 22:01:20 ID:al71O4UF0
>>532
電子書籍はしょせんブクオフより安くはならないだろ?
新品しか出回らない運命だし。
アングラ市場って登場するかね?

542 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 22:02:49 ID:JmvUa9uY0
>>541
XBLAのダウンロードコンテンツは時間とともにちょっとずつ安くしている件

543 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 22:03:08 ID:FGQS00vG0
>>541
電子版オンリーが増加するとさすがにきついんじゃないか?
その状態で本買うのは愛書家だろうから売ってくれないだろうし。

544 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 22:03:18 ID:9yhREfGZ0
>>536
一定の品質の紙だけつくってればいいなんて時代は終わったんだ。
繊維業界なんかずっと前から技術革新の嵐だぞ。さあ化学系に殴り込もうぜ!

545 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 22:03:56 ID:jfJh6oC80
日販とトーハンが書籍の流通を完璧に牛耳ってる日本では、ある種、「反逆」的なビジネスを仕掛けないと電子書籍はまともに普及しない。
つまり、著者の印税3倍増、書籍の販売価格半額、どんなマニアックな書籍でも瞬時に購入可能、在庫切れなし、予約も不要というビジネスモデルが生まれないということ。
既存のガリバーじゃ無理なんだよ。
日販とトーハンに喧嘩売れないんだから。
米のITガリバーの様に、はなっから旧来のビジネスを滅亡させるつもりで参入しないと。

そして3年もすると米スタンダードがグローバルスタンダードになり、最後日本も、奴らのフレームワークで商売させられるのだ。

546 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 22:05:00 ID:6ZiIKSVi0
紙媒体は置く場所に困る
ジョジョだけでも100冊あるし

547 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 22:05:52 ID:VAnY40Tb0
製紙会社
化学会社
印刷会社
流通業界

かなりインパクトでかいな

548 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 22:06:46 ID:f42eeM2k0
携帯電話もガラパゴス化で負け
電子書籍も先行したのは日本だったが、再販制度とか著作権問題で消滅


549 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 22:06:57 ID:QrvHbPIE0
ぶっちゃけ、ビューワー機器を売りたい連中がブームを煽ってるだけだと思う。
実際はたいして流行ってないし、今後も流行ることはない。少なくとも日本では。
流通の発達した日本ではメリットがないしな。
まあ、物凄い田舎とか離島なんかでは便利かもね。

550 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 22:06:59 ID:NcmmPPE00
アメならそのうちやりかねん。

「森林環境保護のために、紙の本を買うのを止めましょう!」



551 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 22:08:21 ID:GTHt7tMX0
アメリカだからだろう。……と思ったけど、出版の歴史の長さと
紙媒体に対する愛着は案外日本が突出しているのかも。

552 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 22:08:39 ID:l7ABI8a80
アメリカと日本じゃ書籍流通の状況が違うやね。
あちらじゃ、日本ほど本の揃ってる街の書店てのがないかんね。

553 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 22:10:42 ID:jfJh6oC80
>>552
日本だって、売れない本を出本が引き取る制度が一般化してから本屋が爆発的に増えたんだよ。
まあ江戸時代から日本人の本好きは世界でも突出してる、って面ももちろんあるが。

554 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 22:11:08 ID:9yhREfGZ0
>>549
ちと違う気が。ビューワ売りたいのはアップル。本を売りたいのがアマゾン。
本を手にとってほしいアマゾンは、ビューワをさらに安く売り出すんじゃね?

電子化メリットもどんどん大きくなってきてるし変わらないと考えるのは不自然。

555 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 22:11:44 ID:al71O4UF0
>>550
ああ、それで
「世界の森林を切りまくって、
世界基準からみるとべらぼうに安い紙本を享受し続ける悪徳日本人」
って方向でバッシングされて、
一挙に米製の機械とソフトを買わせようとする流れって確かにあるかもね。

556 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 22:12:02 ID:oT6YbHrY0
>>542
ゲイツポイントがちょっとアレだけど、XBLAは結構いいね。

557 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 22:13:14 ID:qt7rGH6G0
>>529http://tsushima.2ch.net/newsplus/
それはそうだけどそれじゃ現状維持じゃん
せっかく電子書籍で世界中に売るチャンスが出版社にも、もちろん作家にもあるのにもったいないじゃん
アメリカはアップル、アマゾンがガンガン国境を越えて売りまくってるのが悔しくてさ
地理的優位とか資源とか関係なくスタートは同じなのになんでこうなるのかなって

558 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 22:13:48 ID:5j2/U9Tr0
ごちゃごちゃ言ってないで紙と電子の両方で出せ。
もちろん技術的に最大限可能な低価格でだ。
消費者がどっちを好むかは行動で示す。

559 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 22:13:50 ID:xtG0BmQk0
まーたデフレが進みそうだな


560 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 22:14:24 ID:FGQS00vG0
>>557
世界中に売るチャンスはどのみち漫画だけだな。
小説は翻訳とか考えるとちょっと難しいと思う(ほんと一部だけ)。
漫画業界がキーマンだと個人的に思ってるのだが。

561 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 22:16:26 ID:WS470IQw0
音楽はあっさりデータに移行してるよな

562 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 22:19:58 ID:FGQS00vG0
>>561
だから電子書籍も業界の話がまとまったらさっさと
国内向けデバイスが席巻するんじゃないかと思うんだがな。
ガラパゴス携帯でも音楽ダウンロードが一気に普及したが、
それ以前の叩かれ方が半端無かったからな。

563 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 22:20:28 ID:LsKuw++D0
そのうちビューワも中国製で1万円とかになるんだろ
ビューワで6万円だったら何冊本が買えるんだか

564 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 22:21:57 ID:GTHt7tMX0
漫画とかデータで売っても、どうせシナとかチョンとかが違法コピーに
すぐ出張ってくる。つまり音楽業界みたいな末路。

565 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 22:22:52 ID:0Uw1HLbE0
欧米人から差別されてるのも気づかずに
上から目線で日本人を馬鹿にしていい気になってる奴がいっぱいいるスレだな


566 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 22:24:18 ID:clgu+Got0
そもそもハードカバーの存在意義がわからん。
文庫本じゃだめなのか。

567 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 22:26:26 ID:NFLQUTOm0
>>373
遅レスすまんね。
そりゃ現在の技術をスタンダードに考えたらそうなるw
だが、そんな話は、電子書籍端末が世に出る前に言われていたことのアナロジーにすぎん。
まあ電子書籍端末なんて、もって10年だろ。2020年には普通に別のデバイスで読んでるよ。



568 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 22:27:42 ID:GTHt7tMX0
>>566
作家のファンになるとハードカバー版が欲しくなるのかな。本好きの変なプライドかも。
装丁の質感とか楽しむんだよとか言っちゃって。

569 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 22:28:03 ID:al71O4UF0
>>566
作家さんの儲けという問題で、文庫本だけになっちゃったら、
儲け幅が少なくてヤル気出ませんってことになると思うよ。

電子書籍が作家の取り分を多くする方向に行くなら、
作家を電子書籍の味方にできるかもしれん。

570 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 22:30:10 ID:9yhREfGZ0
>>561
音楽はすでにCD時代からモノとしての扱いじゃなかったからな~
だから移行が早かったのかもしれん。
本はハードカバーだと特にモノとして所有するって意味があるから(>>566)
音楽よりはゆるやかにデータに移行すると思う。
そういったコンテンツについてはそのうち所有するという概念があやしくなりそう。

571 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 22:31:20 ID:clgu+Got0
>>568
なるほど、読者にとってはコレクション用であり、
作家にとっては高い利益を得るものなわけだな。

572 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 22:32:52 ID:FGQS00vG0
例えば俺みたいに100均のガラスコップを5年1回しか買い替えない人からすれば、
一個1000円以上のコップを買う気にはならないが、
そういう嗜好品の存在は決して否定できないよね。

誰しもこだわる領域があるけど、それが違うって言うだけで。

573 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 22:33:01 ID:oT6YbHrY0
>>566
あれ、表紙が固くて読みにくいんだよな。

574 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 22:33:32 ID:cLTwPIGC0
根本的に電子書籍市場って日本のほうが大きいという事実を
知らないで話している人が多いな

あと米国の電子書籍より日本の文庫本のほうが安いということも

575 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 22:33:41 ID:Zib6P4pn0
日本はどの規格がはやるやら
とりあえず縦書きは俺的に必須なのだが

576 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 22:34:22 ID:Bv+0UMe20
>>3
100年残る文学はもう出てこないだろうね、つまり古本屋で紙の本を買えば良い

577 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 22:35:15 ID:clgu+Got0
>>573
うん、読みにくいし、重いし、場所とるし。値段も高い。

578 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 22:36:51 ID:HepNnHN70
アメリカの出版社は潰れるトコとか出てきてるの?
小売りが作家と手を組めば出版社は不要だよね。
紙媒体の売上げを奪ってるわけではないのだろうか?

579 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 22:36:51 ID:GTHt7tMX0
ハードカバーは好きな人だけ買えばいいよ。今もそうなってるし。

580 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 22:37:53 ID:DUpPHS0j0
本屋や印刷屋、製紙会社は死活問題だな
新聞もiphoneで見れるしそのうち電子になるかね。

581 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 22:39:20 ID:cLTwPIGC0
>>578
今のところアメリカの電子書籍市場の規模って
日本円にして400億くらいだったか
紙の書籍市場は4兆円だったかくらいなので
電子書籍の与える影響は微々たる物なので
よくわからないのが現状

582 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 22:43:03 ID:TnVTx2Ca0
一般的には本の置き場所ってどれくらいの量から支障が出るもんなのかな
文庫本3000冊くらいでは全く支障がなかったけど取り出すのが面倒だ

そういう場合、電子化のメリットは探すのが楽ってとこなんだろうけど
適当に平積みで乱立してるような状態も結構いいんだよな
自分の頭の中とリンクしてる感じ
整理してしまうとたぶん俺も変化する

583 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 22:43:04 ID:PZ12Km5v0
>>537
amazon謹製皮カバーをいっしょに買ったけど、ちょっと重い(><

584 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 22:43:55 ID:9yhREfGZ0
>>581
http://www.nikkei.com/news/headline/related-article/g=96958A9C93819696E0E2E293E58DE0E2E2E5E0E2E3E28698E2E2E2E2;bm=96958A9C93819A96E0E2E2E29A8DE0E2E2E5E0E2E3E2E2E2E2E2E2E2
今はこんな感じの市場規模

585 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 22:44:26 ID:vADHIOZS0
本は本屋で中を見て買うから、ネットだったらそりゃ電子書籍の方が上回るんじゃないの?
と思ったがアメリカの事情は良くわからん。


586 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 22:44:47 ID:cLTwPIGC0
>>582
3000冊も文庫本溜め込んでどうするの?
そんなに何度も読むの?
それともただのコレクターみたいな感じ?

587 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 22:47:25 ID:TnVTx2Ca0
>>586
溜め込むというか読んで積んでの繰り返しで出来上がるだけだからな
自然現象みたいなもんだろ
上層は読み返される率が高い


588 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 22:48:51 ID:FGQS00vG0
デスクトップのファイルみたいなもんだよな。

589 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 22:49:40 ID:cLTwPIGC0
>>587
それなら下のほうは売るなり捨てるなり処分したらいいんじゃないの?

590 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 22:50:48 ID:8SOw4YlD0
>>476
OS戦争のときもそうだったよね

日本はここから先も延々と搾取される側だ


591 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 22:53:30 ID:TnVTx2Ca0
あぁ、俺は売ったり捨てたりしない人だからな
むしろ古本屋で棚を眺めてたら読みたくなって
家にあるけど何処にあるかわからんのでまた買ったりする

まぁ3000冊っていうのも2年位前に体積とかから概算して2500冊くらいだったんで
適当に500足しただけ

592 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 22:55:31 ID:GTHt7tMX0
アナログって無くならないと思うけどなぁ。時計だってデジタルが出てからも
アナログ時計は重宝されてるじゃん。砂時計とか日時計持ち出されると困るがw

593 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 22:55:54 ID:9eMGQQ590
日本の電子書籍サービスってどうなん?
たくさんの団体が主導権握りたがって、電子書籍サービスでカバーしてる種類がバラバラで
ユーザが利用しにくい環境ってことは無いの?
アメリカよりも日本の出版業界や新聞・雑誌業界は裏で陰険な圧力かけてそうなイメージ

594 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 22:58:23 ID:Kx306AwlP
>>592
レコードだって無くなってないよ。
無くても誰も困らないだけで。

595 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 22:58:28 ID:zXfLZYHo0
まあ0円(タダ)で売ってる電子書籍の数を
絶対含めてると思うけどねw

だから売り上げの公表はしないんだ
儲かってないことがバレるから

596 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 22:58:34 ID:9eMGQQ590
個人的には正直ipadでもkindleでもハードなんかなんでもいいよ
そんなものより多種の電子書籍を横断的に扱ってる統一的電子書籍マーケットネットワークが欲しい

597 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 23:02:59 ID:cLTwPIGC0
>>584
ん?
1~5月期とはいえたった130億円で5%にもなったっけ?

598 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 23:06:12 ID:HRvVA9D30
日本じゃ、取次が黙ってないだろうな。
電子書籍に力を入れている出版社の本を取り次がない。
紙媒体が圧倒的な日本では、これをやられると、
出版社はやばくなるからな。

なんて、夢想してみたい印刷屋の従業員でした。

599 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 23:07:13 ID:wN8NBs7s0
ほらな
また乗り遅れ乙
だから駄目なんだよ

600 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 23:07:28 ID:IuS4oh+90
「南米アマゾン」だろ「米アマゾン」だとアメリカにアマゾンがあると思っちゃうだろ

601 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 23:09:34 ID:q8WgdkXl0
多様化進む米電子書籍市場 市場の5%に拡大

 米出版社協会(AAP)によると今年1~5月の電子書籍の売上高は1億4600万ドル(約130億円)となり、
書籍販売全体に占める割合は5%近くに達した。

http://www.nikkei.com/news/headline/related-article/g=96958A9C93819696E0E2E293E58DE0E2E2E5E0E2E3E28698E2E2E2E2;bm=96958A9C93819A96E0E2E2E29A8DE0E2E2E5E0E2E3E2E2E2E2E2E2E2

日本の電子書籍市場、2009年は574億円~89%がケータイ向け
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20100707_379065.html

 株式会社インプレスR&Dは、電子書籍に関する市場規模をまとめた調査結果を公表した。
それによれば、日本の2009年度の市場規模は574億円と推計され、2008年度の464億円と
比較して23.7%増加した。


電子書籍書籍市場規模

アメリカ 約325億円(1-5月の売り上げ130億円を2.5倍した)

日本   574億円


日本の方が市場規模は大きい、ケータイ小説のおかげだがw



602 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 23:12:52 ID:9yhREfGZ0
>>601
いや、BLと女向けエロ漫画のおかげw

603 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 23:12:59 ID:zXfLZYHo0
130億円で5%ってことは全体が2600億円? 
少なすぎだと思うけど

604 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 23:14:07 ID:cLTwPIGC0
>>601
米国の書籍市場は2.3兆円みたいだから
やっぱり1~5月期で130億円では5%もいかんだろうなぁ
日経の記事は一体何なんだ?

605 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 23:15:36 ID:Oqa0N2gB0
>>592
砂時計は病院とかで活躍してるじゃん

606 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 23:15:54 ID:jfJh6oC80
>>601
全く新しい製品やサービスは、消費者の正規分布曲線に従って浸透する。
消費者を大別すると、
 0~15%→新しいモノ好きの人々
 15~75%→普通の人々
 75~100%→超保守的な人々
こういった分布だ。

従って、0~15%の間はゆっくり市場への浸透が進むのだが、15%を超えたあたりから、突如爆発的に需要と浸透度がます。
そういった意味では電子書籍は、今正に導入期に入った段階で、いつ成長期に突入するか、という次の段階がおいおい訪れること間違いなし。

607 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 23:17:51 ID:cz4skmoh0
>>599 には、「みんなもう飛び込みましたよ」

608 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 23:17:58 ID:TL8M+SOe0
防水の電子書籍端末待ってます。
あ、携帯でもええか。

609 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 23:21:32 ID:546id5To0
正直、漫画やカタログ然としたファッション誌なんかは紙の無駄だから
さっさと移行し他方がいいと思う。


俺は職を失うけどな。

610 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 23:23:36 ID:9eMGQQ590
新聞とか1ヶ月\500とかにできるんでないん?
配達も輸送も材料費も編集の人間もどんどんコストは減らせるぞ

611 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 23:23:46 ID:TL8M+SOe0
>>481
「本を読むためだけに本を持ち歩くの?」

612 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 23:23:55 ID:GTHt7tMX0
正直、商品のデータ配信に業界と販売が追いつけないのよね。
バブル期には、将来的に書類は全部電子処理するようになって
ペーパーレスの時代が到来する!と言われてたが現実はそう
ならなかった。

613 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 23:24:20 ID:b6gW8Ed10
コミケもそのうち電子配布される時代がくるのかな…

614 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 23:28:03 ID:oT6YbHrY0
>>600
千葉県にもあるらしいぞw
>>611
充電とか紛失とか気にしないで読めるってのは気楽でいいぞ。

615 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 23:28:17 ID:ap3+8Ww20
たぶんさ
CDが一般的になったときにレコードの価値が見直されたみたいに
書籍も革製で金文字の豪華本ファンが生き残るような感じになるとおもう
あれって、慣れれば自分で革張りに出来るし

616 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 23:35:45 ID:BP49VbT00
カラーのカタログや広告国チラシなど資源の無駄

紙の無駄 運送代の無駄 資源回収の無駄 ゴミ回収者のガソリンの無駄



とはいえ昔アニメ誌が有料ネットコンテンツを展開しようとして大失敗したように
値段が高ければ誰も寄り付かない


617 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 23:38:04 ID:q8WgdkXl0
もう一回コピペしとこう

各国の分野別市場規模(2006~2007 年)

(単位 : 億円)

     日本   アメリカ  イギリス  フランス  ドイツ   中国   韓国   台湾  香港

書籍  9,026  28,569   4,187   5,961  11,165  11,290  3,146  1,030  220

雑誌  16,412  40,160   5,263   8,558   9,813   3,035   948   592   909

日本と世界のコンテンツ市場データベース2009
http://www.humanmedia.co.jp/database/PDF/1-2DL.pdf


618 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/20(火) 23:38:10 ID:Oqa0N2gB0
>>615
少なくとも、本棚にサイズや著者、ジャンル別にみっちり並べる快感は電子書籍にはないよね

619 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 23:38:44 ID:fa6SA24R0
紙vs電子で捉えてる奴はアホ

「中身」を売る、伝えるのが本旨なのだから
その順路についてどちらが優れているかを問うのはナンセンス

順路が増え、今まで触れてこなかったユーザが触れ始めたのは純粋にプラスだよ

620 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 23:43:23 ID:gnY4er710
本屋が残れば現金で買った分は記録フリー
何でもかんでもプロバイダーだの広告業者だのに情報提供するのは嫌だな

あと、電子書籍アゲ層のなかには、変なイデオロギーのように
紙=悪、書籍=悪って具合に凝り固まっているのがいる
紙に関することはすべてディスるヘンなのがいるから印象が良くない
電子化したら便利なのは認める

621 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 23:56:32 ID:5beJOtgL0
紙の本買ったら、電子書籍ダウンロードできる特典付いていたら喜んで買う。

622 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 23:58:17 ID:U4peinJ10
ネットで買うならもともとPC環境が整ってるわけだし
電子書籍なら待たなくてもその場で来るしねぇ
キンドルとか持ってないけど正直PDFで売ってるやつ買うのにそう抵抗はないな

623 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/21(水) 00:01:55 ID:SEIXtxuD0
慌ててやる必要はないでしょう。
様子をみながらゆっくりやればいい。

急いで弁護士増やしたら、ワープア弁護士が出てきたし
弁護士救済で、急いでサラ金規制した結果、闇金のお客を増やしてるし

624 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/21(水) 00:27:10 ID:xIRCTxeR0
日本の出版業界2兆円。
漫画が5000億円。
携帯コミックが500億円とか。

625 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/21(水) 00:31:10 ID:xIRCTxeR0
×携帯コミックが500億円とか。
○携帯用電子書籍市場が500億円突破内漫画コンテンツが8割とか。

626 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/21(水) 00:34:11 ID:UGkKXxuy0
>>612
追いつけないんじゃなくて始めから協調する気がないんだよ。

627 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/21(水) 00:34:33 ID:yVogLIVN0
日本では書籍版bcasカードが導入されるんでしょうね。

628 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/21(水) 00:36:24 ID:8IsbUpY60
アメリカの本屋って日本とは全然違うんだよなぁ
ちゃんと増版されてどこの本屋に行っても置いてある日本と違い
初版だけ仕入れて売れたらそれっきりって本が多すぎる

629 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/21(水) 00:36:35 ID:F5wh4EFS0
かさばらないし埃かぶらないし虫もわかないし検索できるし
でも本は紙のほうがいいなあ

630 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/21(水) 00:44:39 ID:lmCm4YKO0
デジタルでいい内容の本しか読まないのかな。
自分が習得してない学問の本は、やっぱり紙がいいな。

あと、風呂で読めないの困る。
本より重いだろ。

631 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/21(水) 00:45:32 ID:8x1kLo3B0
>>630
iPadをジップロックに入れて風呂に持ち込む強者もいるようだが

632 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/21(水) 00:49:13 ID:jLszbgCC0
完全な違法コピー防止策と無光モニタの二つの技術が出来れば爆発的に普及する。

633 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/21(水) 01:00:44 ID:ng7U1zu+0
・飛ばし読みしにくい
・細かい文字が読みにくい
・直接書き込めない

この辺が改善されたら便利だとは思うよ。

634 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/21(水) 01:01:28 ID:yVogLIVN0
図書館の本に書き込む馬鹿は死んでくれ。

635 名前:名無しさん@十一周年[age] 投稿日:2010/07/21(水) 01:04:29 ID:W1aeCj7O0
アマゾンで買うのは非国民 白人の尻を嘗めるのはもう止めにしましょうよ。

636 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/21(水) 01:05:46 ID:vzPS22jJ0
一方日本はなにも変わらないのであった

637 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/21(水) 01:05:54 ID:22CbTOhi0
>>633
・飛ばし読みしにくい
これはページ捲りにも言えるが感覚の問題だからアプリと慣れ次第だろうね
・細かい文字が読みにくい
これは致命的だね。
・直接書き込めない
これもアプリ次第じゃないかな。逆に何度も消したり書き込んだり便利かも

まぁもうちょっと技術進歩とソフト町だね

638 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/21(水) 01:16:03 ID:lmCm4YKO0
ますます目が悪くなりそう。

だいたい電車の中で、、っても落としたら壊れる。
本なら濡らしても平気、起動を待たずにすぐ読める。

簡単な中身ならいいけどね。
熟考が必要な読み物は無理っしょ。

同時に何冊も開けないのが痛い。
画面の大きさが固定ってのもヤダ。
本体故障で読書不能もヤダ。

漫画しか読まない奴等はいいんじゃない?
思考が必要なのは不向きと思うな。




639 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/21(水) 01:16:24 ID:xIRCTxeR0
携帯で音楽聞くようにイヤホン感覚で携帯につなげられる
A6サイズ2枚のカードタイプの電子ペーパーがあればバカ売れだと思うが。


640 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/21(水) 01:22:48 ID:ng7U1zu+0
>>637
まぁ、アプリと液晶の解像度次第だねぇ…。
複雑な文字が多い分、英語より日本語とかの方が電子書籍には向いてないんだろうなぁ…

>>638
逆に漫画の方が向いて無いんじゃね?
細かい字で書かれた台詞は拡大しないと読めないよw

641 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/21(水) 01:28:58 ID:UhUombOb0
電子書籍まだメディアがまだこなれてなくて扱い辛い・なじみにくいとはいえ
メリットがそれを補って余りあるいいことずくめなんだから
紙媒体は早晩オプションてことになるだろ

>>5
数百年もしたらどのデジタルデータがオリジナルなのか?はそれだけで学問分野になるかもな

642 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/21(水) 01:32:41 ID:+xS0mclO0
買って使ってるから言える
Ipadは寝室のお供としてなら現状最強レベル

643 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/21(水) 01:32:43 ID:N/k1G0u00
そのうちiPadのパチモン端末ならべてるだけのマンガ喫茶とかできそうだな

644 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/21(水) 01:36:47 ID:vzPS22jJ0
>>642
まぁ寝モバ用だな
読む本はP2Pでもして拾わなきゃめんどうだが

645 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/21(水) 01:36:54 ID:yAGouEQX0
新型端末の影響っていうけど、そんなにあるもんなの

646 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/21(水) 01:48:16 ID:T94ziXNc0
本に書き込みなんかするか?読みにくくなるだろ。図書館の本とかに書き込んでる奴、めちゃうざい。

647 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/21(水) 01:49:57 ID:09v1WtbY0
プラペーパー?っていうのあるじゃん。
水に濡れても平気な紙。
アレで文庫本だせば風呂でも読めるしバカ売れになるのに
いまだに発売しないなんて出版社アホだろ。


648 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/21(水) 01:59:36 ID:UhUombOb0
電子書籍時代になったらネットが圧倒的に有利なんだから
本屋も電子書籍販売に向けてもっと積極的に変わっていけよと思うがなあ
本屋では電子書籍をどう販売する形態が最適なのかはわからないけど
新刊選びとかショーケースとしての需要はまだまだあるだろう

ふらりと入った本屋で衝動的に大人買いしてもUSB一つ持ってれば荷物無し・手ぶらで帰ってこれるように早くしてくれ

649 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/21(水) 02:02:19 ID:SaZpCXC20
紙でもデジタルでもどっちにも長所短所あるわけだから出版社も両方売ればいいものを
レコード>CD>MP3なんかのパターンとは違って淘汰されるなんてないだろうに。

650 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/21(水) 02:03:11 ID:7/m6vZcl0
別に筆が万年筆になり、ボールペンになり、シャーペンになったからと言って、筆や万年筆が消滅したわけじゃない。
20年後も書籍は以前として残ってるに違いない。
けど、それと電子書籍が広まらないのとはほとんど無関係だわな。

なぜなら、本を読む目的はコンテンツにあるのであって、媒体にあるのではない。
であれば、安く、速く、柔軟で、多様なサービスが供給されさえすれば、媒体が本から電子に取って変わって悪いはずがないではないか。
あとは、そういったサービスが提供されるかだ。

米では早晩それが提供され始めるのだろう。
日本ではまずされない。
日販とトーハンがあらゆる書籍流通を押さえてるからだ。
書籍の本格的な電子化は、すなわち日販とトーハンが地上からなくなることを意味する。
そんなことをみすみす許すはずもなく、あらゆる圧力をかけるに決まってる。

その結果、日本の書籍電子化は、「ご祝儀」程度で留まり、気がついたらあらゆる書籍革命のスキームは米に押さえられるわけだ。
哀しいかなほとんど運命とも言える将来だと思う。

651 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/21(水) 02:04:53 ID:yAGouEQX0
>>647地図とかのやつか。高いのかな

652 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/21(水) 02:06:00 ID:vzPS22jJ0
>>648
うちの近所はレコード屋も写真屋も全部潰れました

653 名前:                          [] 投稿日:2010/07/21(水) 02:13:52 ID:SbdPekzj0


654 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/21(水) 02:14:24 ID:yriY44GL0
ディアゴスティーニがある限り本屋は消えない
辞書とか自己啓発は電子が有利だけどNHKテキストは紙が有利だな
赤ちゃん用の本も奴らの生態から考えて電子は不利
絵本や児童書も電子不利だな
雑誌は広告収入がメインだから電子化難しいよ
ここはやはり人間革命と幸福の科学が電子書籍に踏み出すのが吉とみた

655 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/21(水) 02:16:10 ID:z4pamifS0
やっぱ電子書籍は全文検索だな。
曖昧とか類似語も対応したら嬉しい。

656 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/21(水) 02:21:59 ID:U8q/PyRD0
ナンセンスな議論してるな。
iPhoneを使ってる人間はCDなんて媒体には何の未練もないし、本棚から本が消えるのだって大歓迎だけれど、iPhoneを使わない人間には本が消えるなんて想像もつかないんだろ。

657 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/21(水) 02:27:34 ID:6DH7dIax0
>>650
最後だけ疑問なんだが、アメリカに書籍の利権持ってかれると困るのってごく一部で
ほとんどの日本の消費者にとっては関係ないんじゃないのか?

哀しいって言ってもそれ単にプライドの問題じゃね。

658 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/21(水) 02:31:51 ID:7Ht8/stB0
ゴミ売り新聞が潰れるのもそう遠くないな

ナベツネ死ねと

659 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/21(水) 02:33:15 ID:PHYiYOwY0
勘違いしている奴が多いようだが、
インターネットに日常的にアクセスする奴は3割もいないんだぞ。
ニュースの情報源なんてインターネットは1割も無い
ってことを判っているのか?

660 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/21(水) 02:36:14 ID:6DH7dIax0
>>659 何の話?

661 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/21(水) 02:39:51 ID:HYmQG/7p0
>>650
だからDNPや凸版は10年かけて電子書籍取次やってきたんじゃない

DNPは出版社・取次・書店を子会社化して
すでに独自の出版流通も手に入れているしな

トーハンは医療系の書籍と雑誌の電子書籍販売の
デジタルイーホンをやってるぜ。需要がある専門書から、という判断は正しいと思う

日販は知らんw

662 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/21(水) 02:40:10 ID:0XaqC9xD0
欧米の一般書籍の装丁ってチャチだもんな
紙質だって悪いし、イラストとかカラーとかも乏しい
ああいうのだったら今の電子書籍で十分

それに、漢字かな混じりなら必要なキーワードを探すのも割と早いけど、
アルファベットだと時間がかかるんだよな、ネイティブでも

663 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/21(水) 02:42:00 ID:HYmQG/7p0
>>661
メディカルイーホンだった

664 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/21(水) 03:06:05 ID:lS+IexIP0
結局は紙の本に回帰しそう。

665 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/21(水) 04:29:47 ID:sDHxqPMki
>>648
先行投資はしてもどうせ赤字だし誰がやるかよ。
日米の違いは身銭切るアマゾンが出て来たかどうか、これだけの話。

666 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/21(水) 04:52:56 ID:6DH7dIax0
>>648>>665
そもそも電子書籍化した本を本屋で捌くという考え方がおかしいんじゃないか。

もっと安くて軽薄なビューアが相当普及すれば、DSステーションみたいな感じで
パソコン触らない人向けにDL販売できるのでは? 
とか可能性は考えられるけど相当苦しい想定だな。それだったら紙でいいし。

667 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/21(水) 06:00:52 ID:ng7U1zu+0
いやだよ転売できないじゃん。

668 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/21(水) 06:43:41 ID:sRmEbxyu0
>>469

>戦後に出た紙の本の多くは酸性紙

・1980年代後半以降、中性紙が積極的に使われている
・中性紙の寿命は、酸性紙の50~100年に比べて 4~6倍
・2007年には中性紙使用率95%以上となった

詳細は以下を参照。

酸性紙と中性紙
http://www.dnp.co.jp/nenshi/nenrin/lab/an.html

「酸性紙・中性紙について」
http://homepage2.nifty.com/t-nakajima/sanseishichuseishi.htm

第19回新刊資料中性紙使用率調査
http://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/data_preserve17.html

669 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/21(水) 06:43:44 ID:zAFSFPBU0
>>662
ラノベ厨はPBしかみたことないのか

670 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/21(水) 06:49:41 ID:sRmEbxyu0
>>650

>安く、速く、柔軟で、多様なサービスが供給

なんで紙の本にあれだけ多様なサイズとレイアウトが存在しているのか?
それは、コンテンツを読みやすく提供するためだよ(もちろんひどい本も
存在するが)。

電子書籍リーダーがなぜあんなに読みにくいのかを解く謎はそこ。

671 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/21(水) 07:19:16 ID:lG8CiY8N0
>>116
ま、電子媒体は違法コピーさえ防げれば合法セコハンを駆逐できるからなw

672 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/21(水) 08:25:06 ID:ml+xKA7S0
>>606
つか1~5月の間に米国で売れた電子書籍は僅か130億円
しかも4月にipadが発売されたという特需があってだから
むしろ電子書籍は去年より売上落ちてるような感じさえ
するんだけど

673 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/21(水) 08:46:41 ID:5t8qGbL+P
なんでここでは昨日発表のシャープのなんちゃってiPadは無視なの?w

出版や製作サイドまで乗っかって鼻息荒そうじゃん。
さぁていつ現実になるのか、ならないのかwww



674 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/21(水) 08:50:06 ID:5t8qGbL+P
【決算】米アップル(Apple)4-6月期、増収増益 前期比178% iPadなど新製品発売で[10/07/21]
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1279669030/

675 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/21(水) 08:52:18 ID:7YGvsO2/O
本屋で電子書籍を買うのは賛成だな。
本屋に手数料が落ちる。
トーハンがシステム作りあげたらいいんだよ。
紙の本が買いたい人は本

中身だけがいる人は電子書籍
古本屋が引き取る価格分くらい電子書籍を値引きしたらいいんだよ。
再販にのらなくなっる作家・出版社・流通・本屋で利益をシェアしてくれ。

それか、絶版になった本を本屋で電子書籍として売ってくれてもいい。
PCで検索して、絶版になってたらUSB突っ込んでダウンロード。
バックアップ用に1回だけコピーOK

ぜひそうしてもらいたい。

676 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/21(水) 08:52:27 ID:b0E2t15R0
>>673
あの企画じゃコケるのは目に見えて・・・・・・

677 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/21(水) 08:54:43 ID:T/otNxeN0
アマゾンの倉庫で商品ピックしてるバイト失業だな

678 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/21(水) 08:56:05 ID:jOlWVg6H0
>>675
なんでわざわざ本屋に行かなきゃならないんだ。
電子書籍の魅力半減だろ。

679 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/21(水) 08:58:09 ID:vrJruSom0
「ハードカバー」の売り上げを超えたんであって、
紙媒体書籍の売り上げを超えたわけじゃない。
売り上げの大半を占めるペーパーバックの存在を
忘れないように。

680 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/21(水) 08:59:30 ID:mnywFUdy0
>>4
ipad 約730g
ハリポタの本 約780g

殆ど同じじゃね?

681 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/21(水) 09:00:07 ID:w0gTTdWf0
ペーパーバックの売り上げ発表しようよw

682 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/21(水) 09:02:01 ID:5t8qGbL+P
シャープ電子書籍端末作戦だけど
InDesginからPSデータと電子書籍データを並行同時出力は
素直にいい流れと思った、理にかなってる。

いちいちデータ再構成や自炊裁断なんてバカもいいとこ

683 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/21(水) 09:05:15 ID:ml+xKA7S0
>>681
日経新聞の記事によると1~5月期の電子書籍の売上が130億で
全体の売上の5%とのことなので1~5月期の電子書籍を含むすべての
書籍の売上は2800億w 本当かよ日経? 日本より遥かに小さい市場になるよ
http://www.nikkei.com/news/headline/related-article/g=96958A9C93819696E0E2E293E58DE0E2E2E5E0E2E3E28698E2E2E2E2;bm=96958A9C93819A96E0E2E2E29A8DE0E2E2E5E0E2E3E2E2E2E2E2E2E2


684 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/21(水) 09:07:45 ID:FYeAe0T00
早いね、進化は一瞬で起こるものだしね。
日本は利権のために、あるけど使えない技術が埋もれていくだけ。

685 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/21(水) 09:10:16 ID:ml+xKA7S0
>>683
2600億の間違いorz

アメリカがクリスマス商戦で書籍をどのくらい
買うのかはしらないけど書籍という性質上
クリスマスに買いだめするとは思えないし
この日経の記事が正しいなら多く見ても市場規模7000億円
くらいになっちゃうよ

686 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/21(水) 09:17:01 ID:vgdlYtpT0
>>684

>それぞれ別の既得権益を持っている異なる社会的団体が、相手の権益を
>奪って自分たちの権益を拡大しようとして、たがいに相手の持っている
>権益を既得権益と非難しあうという状況もみられる。

wikipedia 既得権益より

ウィキペは偉大だな。

687 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/21(水) 09:19:46 ID:HPN673KJ0
「本」そのものが好きな人はいないの?
コレクションとか

688 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/21(水) 09:19:49 ID:5nExYf5S0
既存の技術は業界団体とか政治家との結びつきがあるが、
新技術はそういうのがあまりないから不利になる。

689 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/21(水) 09:22:38 ID:5t8qGbL+P
>>686
どこかに我が意を得たりっていう文を見つけるとうれしくなる気持ち悪い病気だなお前。w

wikipediaにあると、何が偉大なんだ?

「それは教科書に書いてあった!」
「それは判例でそう解釈されている!」
「昔からこうだった!」
「テレビでそう言ってた!」

お前の脳内はこれで満たされているんだろ
わかったわかったいちいち披露すんなよキモいしwww

690 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/21(水) 09:36:11 ID:7YGvsO2/O
>>678
本屋が好きだ。
それに、個人情報をネットに打つのは大嫌いだ。
だから、本屋でニコニコ現金払いで、本とコンテンツ買って帰りたい。
ポイントカードも作らない。
例のこのざまの俺の欲しい物をよこせやリストの件がいい例だ。
俺は現金で個人情報というより、オレの趣味を守るんだ

691 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/21(水) 09:38:25 ID:5t8qGbL+P
>>690
日記にでも書いてろ

お前の原始人ぶりなんか知らんよ。
しまいにゃ銀行口座も必要ないとか言い出しそうだなwww

692 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/21(水) 09:39:17 ID:vgdlYtpT0
>>689

もちつけw 本当に大切なのはものごとをいろいろな
角度から見ることのできるバランス感覚だろw

それに原文の中から、そうとうフェアな部分を引用したはずだ。


693 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/21(水) 09:39:31 ID:7YGvsO2/O
>>687
重すぎて限界なんだよ。
結局古本屋に売ることになる。
そうなったら、作家に利益がいかないだろ。
どうせ手放すなら、電子書籍でいいと思う。

694 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/21(水) 09:55:31 ID:FYeAe0T00
>>686
何が言いたいか分からんけど、
デジタル化が必要な進化だとすれば、それをとめる側を有害な既得権益としていいんじゃねえの

695 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/21(水) 09:58:05 ID:5t8qGbL+P
>>694
「必要な進化」の根拠は。

みんな議論の前提ができてないよ

696 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/21(水) 09:58:30 ID:i8cJ8bWW0
良かったじゃん。
紙と印刷がアレなだけで、本自体は求められるんだから。

697 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/21(水) 09:59:14 ID:aKo6SiH10
>>661
というかここのスレだと文庫本のコレクターが一番電子化を求めてる
みたいだけど、文庫本は昨今の文字拡大を見れば、
主なターゲットが高齢者層にシフトしてるのは明白だからな。
それに文庫本で部屋が潰れそうな人だって実際にはそんなにいないわけだし。
だから日本では専門書の方から始めてるわけだけど、
文庫本コレクターと専門書読む層はそこまで被らないから、
日本は電子化が遅過ぎるように感じられるのかもしれん。

698 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/21(水) 10:02:21 ID:m5+ZXRZp0
紙の本の中でも、もともと売れてないハードカバーの本と比較してもしょうがねぇだろ

699 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/21(水) 10:14:18 ID:8JIu9R5K0
>>693
本を買ったら帯、カバー、表紙をその場で引きちぎり
読みながらちぎりとって捨てる豪傑がいたそうな。
「じゃまだから」だそうだが、ツーリングの途中で湯沸しの焚付けにおれは使う。
勿論「荷物になるから」だし、本で沸かした湯で飲むお茶はなかなか風流と…げほげほ。

700 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/21(水) 10:14:22 ID:TcxezUhS0
万引き、立ち読みが減るから、社会にもいいだろう
本屋で常習者に成長して他でやるようになる

701 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/21(水) 10:15:16 ID:qKytxZof0
別に日本だけが特殊ではなく、米国内でも既存の出版業者やメディアは利権やしがらみで
身動きが取れず、アマゾンやGoogleやアップルの傘下に組み込まれつつある。

だからまあ・・・全く世界の動きについていけない日本の企業が果敢にチャレンジできるわけ
もなく、組み込まれるのは時間の問題ですな

702 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/21(水) 10:17:16 ID:U25NKbXU0
>>700
そうだな本屋って軒並み潰れるな
社会にもいいことだ

703 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/21(水) 10:44:13 ID:o84jkxhd0
装丁厨の自称アーティスト押し付け出版ざまあw
場所と運搬と手間の馬鹿みたいに無駄なハードカバーは根絶されろ
PP加工のソフトカバー文庫本最高

704 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/21(水) 11:01:43 ID:yXI+31px0
紙の本でさえ、調子に乗って買いすぎて、いずれ読もうと部屋の隅に積んでおくうちに、
また次の新しい本買っちゃって、読んでない本の山がどんどん高くなっていく。
でも時々、気合い入れて読み切るか、売り払うかしてなんとかしてたけど、
電子書籍だと、もう読み切れないくらい本を溜めそうで怖いわ。
今は値段が高いから、そんな事態は免れてるけど、安くなったら絶対にやってしまいそうだ。

705 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/21(水) 11:05:02 ID:8JIu9R5K0
一日3冊読むけれど、三日で10冊買っちまうのが涜書家ってもんよ

706 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/21(水) 11:06:22 ID:/X4Sfjn00
普通に端末機器ほしいけどな。本棚をどうにかしたい。

707 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/21(水) 11:07:53 ID:jDFn0Vai0
>>704
ないないw
読もうと思った時にすぐ買えるのが電子書籍のメリットなんだから
これから読もうという時に買えばいいわけで
むしろ「積む」なんてことはほぼ無くなるだろ。

708 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/21(水) 11:21:24 ID:RM1OnPtk0
>>707 いつでも買えると思って放置したら
作者意向の絶版やパクりで作品自体を入手出来なくなった事はある
電子でも同じになるだろうから買える時に買うは正解だよ
キャンディキャンディもう一度読みたいです

709 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/21(水) 11:24:50 ID:TNj5RMuD0
>>708
それはそうだな。ところでキャンディ^2はどうしてそこで出てきたの?

710 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/21(水) 11:33:49 ID:m7/4Zk/V0
>>709
少し調べたら判ることだろう。自分で調べろ

711 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/21(水) 11:36:35 ID:5t8qGbL+P
ん?
「キャンディ キャンディ torrent」
で検索すればいいの?

www

712 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/21(水) 11:39:00 ID:N9SyGGRf0
>>506
詳しくは言えないけど人による。

713 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/21(水) 11:42:19 ID:InKlQafE0
最近アポーは毛唐が~毛唐が~って言い過ぎ
アメリカ様がこんなに騒いでるんだからお前らも騒げよ!ってかw

714 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/21(水) 11:44:04 ID:mb//gBpx0
で、ブックオフはこれからどうすんだ?w

715 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/21(水) 11:46:44 ID:iSjYDCBMP
六法とか専門書とかをまず電子化してくれぃ
もち歩くの煩わしい

716 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/21(水) 11:49:17 ID:r4PWz/df0
古本を買ったら裁断してスキャンして捨ててしまえ
古本市場をぐるぐる回流するのを止めてやれ

717 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/21(水) 11:50:09 ID:TNj5RMuD0
>>715
既にあるよ。

718 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/21(水) 11:53:33 ID:WpaUAfSI0
某宗教資本のリサイクルショップで
漫画を10円程度で買い取って100~200円で売りつける
こんなことを許さない為にも電子書籍で最初から200円以下で売ればいい
そうすれば不当に侵され中古業者に掠め取られていたていた
作家の利益が守られ好きな作家が借金苦で廃業することも減る

それでも国内で編集の高額給料や取次の利益を守るためだけに
電子化推進反対し作家や消費者に負担押し付け続けるというなら
黒船で一気に市場かっさらわれて自滅するがいい

719 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/21(水) 11:56:30 ID:6UZt/a0V0
日本だと日販とトーハンをどうにかしないとね
まずはそれからだと思うわ

720 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/21(水) 12:10:07 ID:mb//gBpx0
これから流行るのは

電子書籍を紙媒体の本に変換する商売

だよ

721 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/21(水) 12:38:53 ID:rPqLvGlv0
>>720
著作権に引っかかる

722 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/21(水) 16:30:34 ID:BFOJJMiRP
まあ、ビューワー機器が、今でいうところの「レーベル」として機能するようになれば良い感じかな。
各レーベルで特色も出せるしな。


723 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/21(水) 16:45:17 ID:xqF2RQDf0
国内は各社バラバラに電子化してるから
下手すると普及が遅れる

音楽配信の二の舞でアップルに音楽市場押えられてしまったように
アマゾンかグーグルに市場を押えられてしまうだろう


724 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/21(水) 17:35:40 ID:jL68+Wdc0
アマゾン、アップル、インテル、マイクロソフト、グーグルは日本人から金を巻き上げ
白人を豊かにするためのシステムです


725 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/21(水) 17:39:43 ID:JoEZ30Df0
>>629
3年前に逝った愛用のノートPCは
暖かいところだからなのか蛾の幼虫が内部に一匹入り込んで死んでいた


虫うぜーーーー


726 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/21(水) 17:48:22 ID:JoEZ30Df0
本屋がつぶれるとかいって反対する人間がいるけれど
ビデオデッキの普及とレンタルビデオの台頭で
町の映画館がどんどんつぶれていったとき 
お前たちはビデオデッキを批判したのか?

家ゲーが流行り、町のゲーセンがつぶれていったとき
お前たちは任天堂やソニーを批判したのか?

映画館がつぶれ、ゲーセンがつぶれ、レンタルビデオがつぶれ、パチンコ屋がつぶれる
スーパーが増えて商店街が消え、コンビニが増えてデパートが消える

当たり前のことに対して本屋だけ特別視するのは環境保護団体のクジラ信仰と似ている

727 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/21(水) 17:49:46 ID:U25NKbXU0
虫うぜーーーー

728 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/21(水) 17:57:35 ID:8JIu9R5K0
>>725
蛾どころかああた、Gが卵産んでウジャウジャorz


729 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/21(水) 18:10:51 ID:VsVqd3EG0
紙の良い点を挙げるとすれば
温もりがあるとか、そういう曖昧な所に逃げ込むしか無いよね

730 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/21(水) 18:33:18 ID:8JIu9R5K0
>>729
保存性でしょ、和紙に墨で1000年読める、しかも証明済み

731 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/21(水) 18:33:35 ID:ml+xKA7S0
>>729
軽い
読みやすい
潰れにくい
安価
画質が良い
扱いやすい
読むのに何らかの機器を必要としない
金さえあればカードなどの信用が無くても買える
電池が要らない
さまざまなサイズの本が作れる
寿命が無い

732 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/21(水) 18:42:31 ID:jze5m9ob0
電子書籍は資源の節約にもなるしな

733 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/21(水) 18:45:25 ID:0XaqC9xD0
>>729
関連するページの数箇所に指を突っ込んでおいて、今開いている所と
指をしおり代わりにしている所をすばやく切り替えられる
いや、電子書籍にもしおりはあったりするし、閉じても記録されてるから
便利なんだけどさ、どうしても指しおりの方が手早いんだよな、今の所は

あと、積読癖のある者にとっては、紙の書籍の方が存在を忘れないか
電子書籍って絶対買った事すら忘れてしまう自信があるw

ところで・・・IMEが「つんどく」を一発変換できるとは正直思ってなかったw

734 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/21(水) 18:55:39 ID:HB8wstW20
ハードカバーの単行本のみ?

735 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/07/21(水) 20:02:51 ID:Dr6gRNNN0
>>733
2~3冊広げて、同時にいろんな資料を見るとかもね

736 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/21(水) 20:12:44 ID:bBirJJ9I0
>>731
これは電子書籍にも追加できるだろうけど、
書き込めるというのは紙の大きな機能だよ。

737 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/21(水) 23:52:25 ID:O3lConRK0
>>445
HDDの容量は幾何級数的にずっと増大し続けるので、
「HDDの容量の制限がある」という前提がそもそも間違い。

738 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/21(水) 23:55:18 ID:HYmQG/7p0 [3/3]
まあ人間が読める量は、ほぼ限られてて増えないけどね

739 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/07/22(木) 02:40:58 ID:7MXUVV9P0
>>724
それらによって、黄色い連中も
潤ったがなw

関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://2ch3ch4ch.blog109.fc2.com/tb.php/169-08697eb7

ブラックリスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。